« 安息香 | トップページ | 赤い実 »

2006.10.31

「5」の絵

タロットの「5・法王」を描きにいってきました。
今回は事前になにもビジョンも降ってこず、なにかと気ぜわしいまま、なんだか呼吸も速くてあっぷあっぷしているような状態で、「こんなんで絵なんて描けるのかな」と思いつつ出向きました。

うそはつかずに、ありのまま、今の自分を描けばいいです、と言われて、なんだかドロドロしたエネルギーが炸裂するかと思ったのに、描いていると思いのほかサンサンと明るい感じに。太陽のような明るくてむこうみずなエネルギーが、ぶわっと、放射しつつ、周囲のヒトを取り込みつつ、浮世のうえに浮かんでるような絵になりました。

占星術でいうと、わたしはアセンダントがしし座なのですが、そのアセンダントの度数を、現在の土星が一ヵ月半前に越えたばかり。アセンダントは「自分自身をこの世に割り込ませていくエネルギー」をあらわすそうで、しし座=5ハウス、そして、しし座の支配星は太陽。五角形の膜に包まれた太陽が「着床」したような、太陽エネルギーが物質界にどぶんと入った直後のような構図になった今回の「5・法王」の絵は、きしくも、わたしのアセンダントの状況をわらわす図だったようです。

それにしても、どぶんと入ったその物質界というのが、まだわたしにとっては相当「未知」らしい、未知ゆえに手探りしているらしいです。これは絵のリーディングをしてくださった遠藤さんのフィードバック。

後でじーーーっと見ていたら、「アフリカの草原」を描いたつもりの場所(失敗してぜんぜん草原に見えず、あきらめて放置した場所)が、魔物の顔のように見えてきました。すごい怪しげな笑いを浮かべているような。。。構図のうえでは、この場所は、「口」とか「鼻」とかを意味するそうなので、この魔物はいわば「外界の取り込み口」として描かれていることになります。この世とのかかわりでは、まだよくわからないへんてこな状況が展開しているようです。

そんな課題にいま体当たりしているのも「若さだよね~」と遠藤さん。自分自身を青くさく感じるときが確かにあるので、なにも言えませんでした。

|

« 安息香 | トップページ | 赤い実 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/95154/12505594

この記事へのトラックバック一覧です: 「5」の絵:

« 安息香 | トップページ | 赤い実 »