« あったかくする工夫 | トップページ | 涙の中で泳ぐ亀 »

2006.11.23

昨日響いた言葉

バックミンスター・フラーさん:
「わたしは自分に向かってこう言いきかせた。『すべて自分自身で考えねばならない……さらに、これまでの確信を捨て、今後は経験的証拠のみを根拠にすること』と。」
(1989年にP3が主催したバックミンスター・フラー展のカタログより)

ちなみに彼がこう思い至った1927年、彼は自分が「特殊な、個人の、家族の、会社の、国家の、一方的な優位競いゲームにおける落伍者だったのだ」と認識したそうです。「自殺を考えた」年だったそうです。

野口整体の野口晴哉さん:
「私は以前は病気を治療しようと思って体を観ておりました。けれどもある時から、病気をどんなに上手に治しても結局は便所掃除と同じで、人の不摂生の後始末をするだけだ、ということが分りました。
……一人一人が自分で自分の健康を保つような考え方や方法を教えていかない限りは、他人の糞をいくらこちらが気張っても無駄だということに気づきまして、治療ということを全部捨ててしまって、体育としての整体指導という方向に移ってきました。」
(昭和40年の整体指導法初等講習会にて。全生社の「月刊全生」平成17年3月号より)

治療を「便所掃除と同じ」と思った、その感覚が、すごいと思いました。

本人のかわりに力を出してあげたら、本人が自分で自分の力を出すのをふさいでしまうこと。。。本人が自分で力を出せるようにサポートすることと、本人のかわりに力を出してあげることは、正反対なのだなーと、改めて思いました。。。

|

« あったかくする工夫 | トップページ | 涙の中で泳ぐ亀 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/95154/12790164

この記事へのトラックバック一覧です: 昨日響いた言葉:

« あったかくする工夫 | トップページ | 涙の中で泳ぐ亀 »