« 「5」の絵 | トップページ | 「まちのねずみ」から学んだもの »

2006.11.02

赤い実

今日は、物理的には音楽を聞かなかった1日でした。

なのに頭の中では、ずーっと同じ曲がかかっていた。
今日聞きかじったわけではない曲。

ハシケンの「赤い実」でした。

無音の部屋で、無言で並んで座っているふたりが、
やがて木になって、
秋になると赤い実をつける

というような内容のうたです。その赤い実。

「女たちはそれを食べ、『おいしい』などと言う。
男たちはそれを食べ、知ったようなことを言う。」

という詞がなぜか好きです。

自分が木になって、赤い実をつけて、女たちや男たちがそれを食べているのを、黙って眺めているのを想像していました。

ふたりで木になって、そうやって立っているのを。

|

« 「5」の絵 | トップページ | 「まちのねずみ」から学んだもの »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/95154/12520752

この記事へのトラックバック一覧です: 赤い実:

« 「5」の絵 | トップページ | 「まちのねずみ」から学んだもの »