« 下高井戸シネマ | トップページ | 自分の中を大掃除したい »

2006.12.08

熊谷守一美術館

タロットお絵かきのセッションをしてもらっている遠藤洋子さんの個展がいま、東京の熊谷守一美術館にて、開かれています。今週日曜まで。同じ場所で、タロットのお絵かきの発表会もさせてもらっています。

熊谷守一美術館は、前から行きたかった場所でした。絵描きの熊谷守一さんが実際に暮らしていた、その場所にあります。熊谷さんは、晩年は家の敷地から出ることがほとんどなかったそうです。写真でしか見たことがないけれど、庭には森のようにたくさんの木々や植物があり、迷路のようになっていて(そう広くない敷地のハズなのに。。。)、熊谷さんは庭先で紙くずを燃やしたり、廃品利用で生活の小道具をつくったりするのが楽しかったみたいです。軒先でたくさん鳥を飼っていたし、猫も数匹いました。

今は、コンクリの建物の美術館になっています。でも展覧会をしている3階の大きな窓々からは、欅の木が見えるばかり。今は季節柄、葉っぱが色とりどり。この欅、背丈も相当あるし、枝をたくさん広げています。搬入の日の朝見たときには、意外と大きな鳥たちが、何羽もこの木に集っていました。

遠藤さんの絵の響きをききながら、あそこで静かに過ごしてみたいなーと思うのだけれど、仕事に追われてなかなか叶いません。。。

↓遠藤さんの絵を少しだけ見られます(遠藤さんのウェブサイトの自己紹介ページです)
http://atelier.endomame.net/?pid=909

↓熊谷守一美術館のウェブサイトで、熊谷守一さんの絵を見られますhttp://www.kumagaimori.jp/mkf.htm

|

« 下高井戸シネマ | トップページ | 自分の中を大掃除したい »

コメント

熊谷守一美術館、行ってみたい!かれのことは昔すごく好きだったの、思い出してまた好きになりました。遠藤さんの絵もとっても素敵。色合いが綺麗で心が楽になります。熊谷さんって、時計の修理がすきで、でも絵を描かないと食えないから、学校へ行くみたいにいやいやアトリエに入っていった。というのと、ほうれん草とベーコンが好物だったというのを読んだことがありそれだけおぼえています。

投稿: Shoko | 2006.12.10 15:51

そうですかー、Shokoさんも熊谷守一さん好きだったんですね、なんだかうれしいな。うん、絵を描くことが一番したいことなわけじゃないって言ってましたね。なにもしてなくていいなら、なにもしないでいたい、みたいなふうでしたよね。。美術館、ぜひ行ってみてくださいー。なんかちょうど昨日、美術館が存続の危機にある、とうわさを聞きました。財政難なようです。。。

投稿: な | 2006.12.11 13:22

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/95154/12973685

この記事へのトラックバック一覧です: 熊谷守一美術館:

« 下高井戸シネマ | トップページ | 自分の中を大掃除したい »