« ねこ温度計から愉気まで | トップページ | 12月の特別感 »

2006.12.26

戦車が華車になった。。。

6日前、タロットの「7・戦車」を描きに行ってきました。「7・戦車」について書かれた文章を遠藤さんと一緒に読んだあと、白い紙に向かって、じーっと紙の奥を見ていたら、とても小さい小さい、豆粒みたいなチャリオットが、はるか向こうからこちらへ走ってくるのが見えました。

はるか向こうというのは、なにか「はざま」のようなところでした。

それで、その「はざま感」を出したくて、世と世の切れ目のようなものを描こうとしているうちに、今回も、「6・恋人」のときの構図のように、画面の上からたれさがる半円と、画面の下からもりあがる半円、という構図が現れました。

でも、2つの半円よりも、その半円と半円の「はざま」に、気持ちを集めて描いていました。その「はざま」の奥行きを感じながら、色をたくさん塗り重ねていきました。

すると、ある時点で、急に、上の半円がお月さまであることがわかりました。クローズアップされて、クレーターなんかもはっきり見える、なまなましい天体としての「月」が見えました。それで、かすかに銀鼠色に色づけしました。

すると、中央のチャリオットは、「戦車」というよりは、月から、かぐや姫のお迎えにきた華車(御所車)のようでした。

チャリオットは、実際に描こうとすると、豆粒のように小さく描くことができず、少し大きくなってしまいました。桃色と薄緑色の2頭の動物が金色の車を引いて駆けていて、薄黄緑色の天蓋の布が風になびいています。

今までタロットの「7・戦車」に対して持っていたイメージが、自分の中でシフトしました。確かに目的や意志を持って駆けているんだけれど、それは、個人的なものではなくて、月から託されたものみたい。しかも目的は戦うことよりかは、なにかを迎えに行くとか、送り届けるとか、そんなことらしい、ということ。

本来のタロットの「7」の意味だとされているものからは、ずいぶんかけ離れたのかもしれないけれど(それに絵そのものは、つたなくて、見えたものを描ききれなかったけれど)、自分にとって、なにかがしっくりきたってことを、大事にしたいな、と今は思っています。

|

« ねこ温度計から愉気まで | トップページ | 12月の特別感 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/95154/13206841

この記事へのトラックバック一覧です: 戦車が華車になった。。。:

« ねこ温度計から愉気まで | トップページ | 12月の特別感 »