« 12月の特別感 | トップページ | 変わる、ってことは。。。 »

2006.12.30

真鶴の「魚つき林」

Img_0447 真鶴へ行きました。ヒルサイドハウスという、手づくり野菜&地元の魚をおいしいハーブ料理にして食べさせてくれる宿に泊まり、森の中を歩いて海辺へ出て、岩づたいに海岸線を歩きました。

この日はよく晴れて、楠と松の大樹がそびえ立つ森の中は、陽がふりそそいできれいでした。夏にこの森に来たときも、あまりの美しさに脳内モルヒネがあふれ出たような感覚に陥ったけれど、冬もやっぱりよかったです。

もとよりわたしは、楠が、木のなかでもとりわけ好きで。。。古くからのびのびとそこで育ってきた楠の大樹は、なんともいえないみずみずしさにあふれているように、感じます。

この森は、正式には「魚つき林」と呼ばれています。海岸沿いに森があると、海が魚たちにとって住みよい環境になる、ということは、江戸時代からすでに認められていたそうで、真鶴の森は、その頃に植林され、以来守られてきた森なんだそうです。

★森林総合研究所のサイトで、どうして海岸沿いに森林があると海に魚が集まるか、簡単な解説が読めます↓
http://ss.ffpri.affrc.go.jp/shoho/n22-03/022-3.htm

それにしても、ただ森の中を歩いて、波打ち際の岩場を歩いて、夕日を待って、そうやって過ごした半日は、特別でした。1日半パソコンを見なかったのがよかったのか、「うたしりとり(うたの歌詞を使ったしりとり)」をしながら、なんにもまじめなことを考えずにえんえん歩いていたのがよかったのか、とっても休まりました(前夜のヒルサイドハウスでの豊かな食事とハーブのお風呂のおかげも大きいかな)。

こころが洗われた、とはああいうことを言うんだろうなー。。。

陽が沈むまえの夕空をぼーっと見上げていたとき、なんだかとっても単純で、まっとうな、幸せ感が降ってきました。複雑な欲望や陶酔とは無縁の。。。

今あの瞬間を振り返っていて、中原中也の詩の一節を急に思い出しました。

「ゆふがた、空の下で、身一点に感じられれば、万事に於て文句はないのだ。」

|

« 12月の特別感 | トップページ | 変わる、ってことは。。。 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/95154/13257788

この記事へのトラックバック一覧です: 真鶴の「魚つき林」:

« 12月の特別感 | トップページ | 変わる、ってことは。。。 »