« 朝摘みばら水 | トップページ | 「自然」を取り戻すまでの間には。。 »

2007.01.12

透明なもの

ビー玉、ガラスコップ、水、レンズ、水晶、風。

経験。

思い。

透かしてみれば、なにもないようでいて、でもほんとにある。

なにもないくらいに、無に近い思い、というのが、負荷のかかっていない、自然な思いなのかもしれない、
と思いました。

「こう思っている」という実感を得られているときは、思う、ということ自体に、力んでいるようなときなのかも。

「こんなことを経験した」と、経験を大事な小箱に入れて抱えるときも。。。

ただ経験するだけで、跡形も残ってないくらいの経験でも、

透明なのだけれど、でもちゃんと存在していて、
その証拠に、なにかが動いて、
その前と後では違いが生まれていて。。。

(植物が無言のうちに、人目には認知できないゆっくりしたスピードで成長するように)

そういうようなことが、ありそうな気がしました。

|

« 朝摘みばら水 | トップページ | 「自然」を取り戻すまでの間には。。 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/95154/13446320

この記事へのトラックバック一覧です: 透明なもの:

« 朝摘みばら水 | トップページ | 「自然」を取り戻すまでの間には。。 »