« 2007年5月 | トップページ | 2007年7月 »

2007.06.29

ひとつの、節目

今日は、逆行していた水星が、蟹座7度で、太陽とぴったりと出会っています(これを書いている時点の時間で見てます)。そして私のネイタル(出生図)の月も蟹座7度。なんだか気分がいいです。さっぱりと。

逆行中の水星は、過去を振り返るのにいい時期、と、お絵かきの先生から聞いたことがあるけれど、たまたま、昨日は、気づいたらそんな1日になっていました。

昨日1日かけて夜まで、1999年から2006年までの手帳を引っ張り出してきて、この8年間”在籍”していた、アレクサンダーテクニックの教師養成学校(ATAアレクサンダーアソシエイツ)での記録を振り返っていました。

1999年4月から始めて、途中、一度学校から離れようとした時期があって、また戻って。。。と、紆余曲折を経たけれど、この6月で、学校を離れることにしたので、その締めくくり作業です。

卒業まで、あとは実習を残すのみ、だったのだけれど、実習をやり始めてみたところで、やっぱり、自分が望んでいるのは、アレクサンダーテクニークを教えることではないんだな、と感じるようになりました。

同級生がどんどん卒業していくなか、長い間、「教える」という段階にふみこめず、ものすごくゆっくりと歩いてきました。どうして自分はそこへふみこめないのかわからなくて、「先生」という存在について、「教える」という行為について、抵抗がありすぎて、長い時間が要りました。

それで、ここまでひっぱって、ようやく、アレクサンダーテクニークを教えることを、仕事にすることに、わくわくできない自分を、認めることができました。

ある先生から、「このテクニークのよさを身をもって享受したならば、他の人にも自然と教えていきたくなるはず」ということを言われて、それ以来、「人に教えたい気持ちにならない自分は、まだこのテクニークのよさを体得できていないんだ、まだ本質がわかっていないんだ」と思って、もっと学びを深めたいと思ってきました。

でも、占星術を知って、この世には、ほんとうに、それぞれに、いろいろな傾向を持った人がいるんだな、と実感ができて、そのおかげで、わたし自身の傾向が、その「人に教えたくなった」先生の傾向とは、違っているだけなんだな、と考えられるようになりました。

わたしは、もっと、わたしに合った生き方をしてもいいんだな、学校に入ったらといってこのまま「初心貫徹」して先生にならなくてはならないってことはないんだな、と、ゆっくり、ゆっくり、悟っていきました。

そもそも、わたしが教師養成学校に入ったのは、もっとアレクサンダーテクニークを深く学びたい、踊りに活かしたい、というのが動機でした。(当時東京には、個人レッスンを教えている先生が1人しかいなくて、その人のところへ行ったわたしは、男性と小さい部屋で2人きりで教わるレッスンにニガテ感を覚えて。。。年に2、3回しかなかったワークショップでしか学べずにいました)。

アレクサンダーテクニークの学校が東京にできることになって、そこで学べることになったときは、うれしくて、涙が出て、眠れなかったのを、覚えています。ずいぶんおおげさだけれど、でも、ほんと。。。

今も、こうして、学べたことを学べて、よかったな、と心底思います。これからも、アレクサンダーテクニークを自分の暮らしに使いながら、少しずつ、実験を続けて、発見を続けて、深めていければいいな。昔からの先生や、先生になった友達たちからも、学び続けたいな、と思っています。

学校も、この7月に目白から目黒へ引っ越すことになって、ひとつの節目を迎えていて、それも、わたし自身の節目への助けになりました。

学校も、わたしも、この7月から、新しく。。。ということで、長くいたところから離れるのは寂しかったりもしたけれど、今日は、とってもさっぱりした、いい気分です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007.06.27

豆の木とアンチョビと夏のかばんとキセル

Img_0981_1 今年も夏を涼しく過ごす対策で、ベランダに「緑のカーテン」を育て中。去年と同じ、シカクマメを植えています。(奥のプランタは、コーヒー豆の麻袋。。。去年よりも1株ふやしたためにプランタが足りなくなったので。。。)

その豆の木に虫がつき始めたので、景気づけに、根元のあたりに愉気をしたら、これがすごーく気持ちよいのです。あー、もうずうっとここに手を置いていたい、と思うほど。去年もうっとりしながら愉気していたことを思い出しました。どうやら私の気はシカクマメの気と合うみたい。。。

試みに、他の植物にも愉気をしてみたけれど、やっぱり感触が違う。。。

Img_0982 昨日は、初めてローズマリーの花も咲きました! 今までなんどか失敗して枯らせていたローズマリー。今年は順調です。大切にしよう。

昨日はほかにも、記念すべきことの多かった日でした。

記念すべきこと、その2は、手づくりアンチョビを仕込んだこと。このところ、ときどき、スーパーでカタクチイワシがどっさり入ったのが百円くらいで出ています。やってみたら、手で簡単におろせることがわかって、楽しくなりました。

前回カタクチイワシを買ったとき、あまったカタクチイワシを、パートナーが思いつきでオリーブオイルに漬け込んでみたらおいしかった。。。そしてこれはひょっとしてアンチョビになるのではないか。。。と思いつき、調べてみたら、カタクチイワシから簡単に自家製アンチョビが作れることがわかりました。

おろしたカタクチイワシの水気を拭いて、塩のレイヤーではさんで、冷蔵庫で1月発酵させて、あとは塩から取り出してオイルに漬けるだけ、とのこと(発酵させるときの器は密封容器がよくて、はじめにアルコールで拭いておきませう)。ほんとに簡単に仕込めました。

Img_0983 記念すべきこと、その3は、手縫いでかばんをつくったこと。それが、ミシンを出してきたら、コードのワイヤが切れてて使えなくなっていて。それで仕方なく手縫いを始めたのだけれど、これが、思いのほかサクサク縫えて気持ちよいー、と発見。

今回は、閉店セールで見つけた麻のランチョンマットとコースター各2枚で夏のかばんを作ったんだけれど、麻だからなのか、サクサクとした縫い心地が、ほんとに気持ちよいのです。

Img_0984裏側にコースターを縫い付けて、ポケットにしました。持ち手にしたのは、使わなくなった皮のベルト。持ち手をつけるところは、裏からジュートの織物のきれっぱしで補強しました。本体は、ランチョンマット2枚を袋状に縫い合わせだけなんだけれど(上から5ぶんの1くらいを折り曲げて、ふたにしています)、出し入れがしやすいように、両脇を一番上まで縫い合わせずに、5センチほど縫わないでおきました。

手縫いなんて大変だー、と思ったものの、やってみると、ほんとに驚くほど早くできあがって。。。ミシンへの苦手意識があるから、ミシンよりも手縫いのほうが、わたしには合っていたのかもしれないです。。

さっそくできたてほやほやのかばんを持って、夜は、キセルのライヴへ行きました。CDもずいぶんよいのだけれど、キセル兄の生の声は、こんなにすごいのかー。。。とびっくりしました。声が、脊椎の中まで、ずーっと入ってくるかのようで。あーいう感じでダンサブルっていうのが、ほんとに初めてのことで、ああ、すごい。。。

こんなもりだくさんな日はめずらしいことです。。。久しぶりの休みなので、まだまだやりたいこと、いっぱいあるです。。。

料理も縫い物も、ライヴも、仕事が忙しかったあいだずうううっとできなかった/行けなかったことで。。。それにしても、火星が牡牛座入りしてすぐ、こういう方向に気持ちやエネルギーが向くっていうのは、おもしろいことです。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2007.06.25

ネルソンさん

アレン・ネルソンさんという、ベトナム戦争のときにおよそ13ヶ月間、最前線で戦闘をして過ごした元アメリカ兵の方が、来日されていて、昨日、うちの近所にお話に来られました。パートナーに誘われて、聞きに行きました。

ネルソンさんは、お話に入る前に、ギターとブルースハープを奏でながらAmazing Graceをゴスペルバージョンで歌いました。

後から歌の内容を質問されて、ネルソンさんが教えてくれたところによると、Amazing Graceという曲は、アフリカの人を奴隷として連れて行く船の、船長だった人が、作った曲だそうです。この船長さんはある晩、夢で啓示を受けて、奴隷としてアフリカの人を運ぶことをやめる決心をしたのだそうです。これが、奴隷制が廃止される発端になったのだそうです。

この船長さんが夢のお告げで心を変えたように、ネルソンさんがこうして非暴力と平和のための活動をするようになっていったいきさつも、とても有機的なプロセスだったことが、印象的でした。

その内容はご自身の著書にゆずるとして(上の画像をクリックすると本の詳細が出ます)。。。

ネルソンさんが、軍隊に入ってアメリカ本土と沖縄の基地で、どんな訓練をしたのか、実際に戦場へ行ってどんなことをしたのか、どんな音やにおいや光景がそこに広がっていたか、ご本人が体験したことを、お話されるのを聞きながら、途中、目を閉じると、そのベトナムの熱帯のジャングルでの光景が目に浮かんでくるようでした。

PTSD(心的外傷後ストレス障害)のために、戦場での体験をこうして語れるようになる前に、18年間のセラピーが必要だったそうです。

お話を聞いてよくわかったのは、

映画「ひめゆり」を観たとき同じく、本物の戦争がどれだけ壮絶かということ。。。

そして、軍隊という場所の特殊な訓練は、「暴力」と「殺し」がスムーズにできる人間をつくることに集約されていること。教育(洗脳)というものが、どれだけパワフルかということ。

軍隊に入る人は、ゲットーやスラムで貧しい生活を強いられている家庭の子供たちだということ。

(戦争映画や、兵士を英雄としてたたえるさまざまなイメージ、ゲットーやスラムの小さな世界を出て海外の地へ行ってみれるチャンス、お給料をもらえる仕事につける展望、なにかの教育を受けられる展望。そういったものに、惹かれて入隊していくのだそうです。学校に勧誘にくる軍の係官は、「ごみ収集係」でしかない仕事に「環境スペシャリスト」といった名前をつけるなど、実態とは違う印象を持たせてリクルートしているんだそうです)。

* * *

ネルソンさんの本には、「この日本という国もまた、ある意味で私と同じような病(PTSDのこと)を抱えているように見えるのです」とあって、はっとしました。

「日本の戦後が終わっていない」という漠とした感覚を、なぜかわからない次元で私も共有しているのだけれど、その理由が、ここらへんにあるんじゃないかな、と思いました。

わたしは、どこかで、どうしてわたしが戦争についてこんなに考える必要があるのかな?と思っている部分もあります。もっと個人的な、快いこと、気持ちいいこと、美しいことだけに気を向けていたいところが、本質的にはあるみたい(私のネイタルの太陽が金星と合だからかな。。。)。でも、

最近の日本政府の、”愛国心”を促す教育方針や、自衛隊を”軍隊”にしそうな動き(憲法を変えるという方向性)は、ほんとにとっても気がかりです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007.06.11

ひめゆり

S400himeyuriposter001 「ひめゆり」という映画を、今日、パートナーと2人で見に行ってきました。

感じたことを、まだ、言葉にできそうもないです。

でも、ひとつだけ、それぞれの体験を、語る、伝えることの、力について。

書物や授業で習う、3人称の「客観的事実」ではない、ひとりひとりの、1人称の、体験は、

私の耳と心を、その「事実」へ、もっとちゃんと、開かせてくれました。

語ってくださった生存者の方たちに、
それから語らずにいる方たち、語れないでいる方たちにも、
それから、メディウム<媒体>として、声を運んでくださった監督さんにも、
深く、頭が下がります。

戦争というものを、概念、コンセプトでしか知らないのに、戦争ってどんなものかわかっているつもりでいた自分に、気づきました。

と同時に、数年前、プロセスワークのセッションを受けたときに、「戦後は終わっていない」という言葉に、胸の奥が激しくうずいたことを、思い出しています。知ろうとしてこなかった、ほぼなにも知らないはずの自分の、どこから、あの感覚が出てきたのか、わからないけれど、人は明確な意識上で教わっていないことでも、言葉にならない無意識な感覚として受け取っていることが、あるように思います。

情報としてハッキリしていないから、脇にやるけれど、でも実はずっとそこにある、というような。

それは、気づく、ということのエネルギーを注がれるのを待っている、意識の物陰の部分なのかも。。

生存者の方たちの証言は、明るく強く、そのエネルギーを注いでくださっているように思います。

■長編ドキュメンタリー映画「ひめゆり」(2006)
共同製作:財団法人沖縄県女師・一高女ひめゆり同窓会
製作・配給:プロダクション・エイシア

監督:柴田昌平
東京・ポレポレ東中野で公開中

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007.06.07

おいしいチョコを食べるみたいに

くるりの「ジュビリー」を、1日に1、2回、ステレオでかけて聴いています。このところ仕事に追われて家で軟禁状態が続いてるのだけれど、じーーーとがんばって仕事して、ちょびっと息をつくときに、コーヒーを淹れて、聴いたりします。

今日は、ミルを回す手がはっと止まるほど、ニャッキーさんのドラムが”入って”きました。

聴くたびに、いろんな発見があるのだけれども。最初は曲の構成と音の両方にある”スパイラルなうねり”みたいなものに、おーーー、と思って、

どうしようもなくすてきなコード進行にがーんとなり、

佐藤くん天才。。。と思ったときもあれば、

岸田くんの狂いぶりがすごいと思ったときもあったり、

いろいろあったのだけれども、今日は、はたまた。

あれは、なんていうのでしょう、まったり、でもないし、ゆったり、でもないし、繊細、でもないし。。。丁寧っていうのかな?広いっていうのかな?

あー、ライヴが楽しみー。。。!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007.06.06

答えのない場

じわりじわりと、心持ちが変化しています。わたしがセンサリー・アウェアネスの合宿で身を浸していた「本当に正解のない場」というのは、「人から正解を押し付けられない場」でした。それは「自分にも正解を押し付けない場」になっていたみたいでした。

人がまわりにいる状況で、こういうあり方をし続けることができたこと、それが2日半、続いたことで、ぼんやりと、「安心の種」のようなものが、自分の中に見えてきました。

あまりにも正解も答えもないまま、淡々と「お茶碗にお茶を注いでもらうときってどんな体験があるかな?」とか、そういう設定をほんの1つか2つもらって、それを体験して、体験したことを話したくなった人たちが話をする、ただそれだけのことを、えんえんと時間をかけてやっていました。ときどき、こんなに時間とお金をかけて遠くまで来て、ここでなにしてるんだろう、と感じたときもありました。ここに来てよかったー、こんなこと学べたー、というような、はっきりしたお得感がなかったりして。

でも「ここではこれが目標ですよ」というものが欠落していたこと、遠まわしにも、直接的にも、人から正解を押し付けられない場に身を浸していたこと、それ、そのものが、恵みだったんだ、と、

あ、行ってよかったな、と今、実感しています。

生れ落ちて、大きくなるまでずっと、まわりの人から、いつもなにかしら「これができるようになるのが目標ですよ」とか「こういうふうにしているのが正解ですよ」というメッセージをもらい続けてきた気がします。

まわりに人がいるのに、そういうメッセージがほとんど来ない、という体験は、なかなか斬新でした。

みんながそれぞれ、今ここで、自分全部で感じていることを感じるということに心をかたむけていたから、そういう場になったのかな、と思います。「こう感じるべき」とか「きっとこう感じるに違いない」、「こうふるまうべき」とか「自分はたぶんこうするんだろうな」、そういう内側のささやきがおさまって、心が静かになっていました。

それで、今、ここ、にあるもので、のびのび遊びました。なんてことないと思っていたものが、すごくおもしろいものになったりしました。

ワークショップをリードしていたジュディス・ウィーバーさんが、「でもひとりひとり、ほんとーうに違うからね」とよく言っていたのが印象的でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007.06.04

しゃべらない

センサリー・アウェアネスというものの、合宿へ、ひょんなことから参加しました。

2日目の朝、会場だったお寺を出て、にぎやかな街の通りを歩いていく、神社まで、みんなで歩いていく、その間、おしゃべりはしない、というのをやりました。午前中の数時間、一言もしゃべらずに、でも、他の20人くらいの人たちと一緒に、道を歩いたり、神社の境内を散策したり、しました。

しゃべらないで、ただ、自分の今現在の体験を体験している、という時間でした。

神社の境内では、目をつぶってあたりをただ散策する、というのも、やりました。これも結構20分くらいはやっていたのではないかな。

この「見ない」というのも楽しかったけれど、「しゃべらない」というのが、わたしにとって、ものすごい「楽さ」の経験でした。

ふだん、人がまわりにいると、人に興味を注ぎすぎなのかもしれない、そういう癖があるのかもしれないと発見しました。

しゃべらなくてよくなると、まわりに、となりに人がいても、安心して他のことを見たり聞いたり感じたりしていられます。「人」というものに意識を取られないことで、ものすごく、他のものごとを感受できる自分がいました。

それは、人と一緒にいないで、ひとりでぼーっとしているときの、あり方に、近いものでした。大きな安心感。。。

あまり、なにも、考えなくなります。頭の中で、しゃべらなくなる。それでだた、見たり聞いたり感じたりして、瞬間瞬間が過ぎていきます。

花の色に驚いたり。とにかく軽い驚きが次々やってくる。

しゃべらなくていいのは、すてきでした。一度は、みんなでごはんを食べるとき、しゃべらない、というのもありました。ごはんの味がよくわかりました。おいしかった。

気に入ったので、「しゃべらない時間」でない時間も、あまりしゃべらないでいたくなりました。でもみんなが「しゃべっている時間」のときに、自分だけしゃべらないでいると、すごく自分が暗い人間のような、非社交的人間のような気がしてしまいました。

でも、ほんとうに、あまりしゃべるべきことを、わたしは持ち合わせてなかったんだな、と気づきました。

黙っているよりもっとすてきなことは。。。

武満徹さんの本、音、沈黙と測りあえるほどに」のことをうっすらと思い出しました。

それとなぜか、大野一雄さんのこと。インタビュアーに質問されて、手のひらをひらひらさせて、それが受け答えだった様子を。

そして、どこにも正解がなくて、ただいろんなものを感覚している、という時間が、なにか、おおーーーきな、安心感につながっていたこと、それだけは、合宿が終わった今も、自分の中に残っていて、あ、今も、ああいうふうにすれば、またそこへつながれる、と、覚えているみたいなこと。

あんなにずっと、ほんとうに正解のない場をホールドし続けてくれた人がいたこと。

そういうことは、多分、今わたしがボンヤリ感じているよりも、貴重なことなんじゃないかと。。。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2007年5月 | トップページ | 2007年7月 »