« 2007年7月 | トップページ | 2007年9月 »

2007.08.31

内と外のシンクロ

お絵かきの先生に、「最近やっていたのはどんな翻訳ですか?」と聞かれました。質問のワケは、以前、「いろんな翻訳者さんがいると思うけれど、わたしは翻訳をする対象に自分を没入させて訳すタイプです」というようなことをお話したことがあったからだったみたいでした。

それで、翻訳の仕事は、「わたし」の外から「やってくる」ものなわけだけれども、その内容は、現在のわたしの状況とシンクロしやすい、と見たようでした。

質問をされたときは、「たのしい暮らしって感じのもので。。。」とお答えしました。でも、たしかに「たのしい暮らし」をつくる、家庭のテーブルウェアに関する文書だったのだけれども、そのテーブルウェアを売る側に立つ人の研修のためにまとめられた冊子だったので、実際の内容は、

*陶器は粘土に長石や石英(クオーツ、つまり水晶)などの鉱物を混ぜて、特定の温度で焼いたものだということや、その他の焼き物である磁器やせっ器は、加える鉱物や骨灰の量や種類、それに焼成温度が違っているものだということや、

*ガラス製品をつくるガラスも、石英を含んだ「ケイ砂」という砂に、石灰やソーダ灰などの物質をまぜて溶かしてつくるものだということや、

*ステンレスのカトラリーの、「ステンレス」は、鋼にクロムやニッケルといった鉱物を配合していて、その配合物の量と種類によって、質がかわってくるとか、

そういう感じの細かな情報でした。それぞれ製造工程も、わりと詳しくカバーされていました。

よく考えると、メインテーマは、「土」や「鉱物」に関すること。それらを調合して、熱で溶かしたり、焼いたり、なめしたりすることで、食器という、毎日使うなにげないものが生まれていることを知っておきましょう、というものでした。

お絵かきの先生のところで、その日、描いたタロットは、「20・審判」で、その解説文の中に、昔の人は、植物も動物も昆虫も鉱物も、みんな精霊が宿った知的な存在だと思っていた、ということが書いてありました。

植物、動物、そしてニガテ感のある昆虫までは、なんとか、”精霊”の存在を思える方向へ向いているけれど、、、さらに、鉱物へ。

なにげなく使っているステンレス製品をつくっている鉱物。ガラスコップをつくっている鉱物。陶の器のもとになっている土。みんなに精霊が宿っている、というふうに、生活レベルで思ってみること。。。

それは果てしないんだけれども、確かに、いま、わたしがほんのり関心を寄せている事柄でした。。。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007.08.30

さかさま

今日は、空気の色合いが、まるで1日じゅう、夕方みたいだったので、なにをしたらいいかわからなくて、ぼやーっとしてしまいました。。。

それで、ほんものの夕暮れ時くらいの時間帯に、ぐっすり「夕方寝」をしてしまって、今起きました(今日は平日だけれど、仕事を1本納品したところなので、わたしにとっては休日なのでした)。

「夕方寝」というのは、実家で暮らしていたころ、ときどき、してたもので、この時間帯に昼寝をすると、からだが鉛のようになるくらい、ものすごく深く眠れるのでした。

だけれども、あんまり朝からぼやーーーとしていて、なんと、通訳の仕事があったのをスッカリ忘れていて、穴をあけてしまいました。連絡をもらって、びっくりして。

こんなふうに穴を開けることは、自分のお仕事史上、初めてで、信じられないというか、きつねにつままれたような気持ち。。。

朝、起きぬけから、なにが起こっているんだろう、ヘンだ、ヘンだ、とは思っていたので、それで午後になって、ものすごく久しぶりに、タロットのフルレイアウトをしてみました。11枚のカードを、二重円のようなレイアウトで引くやりかたです。11の場所の意味合いは、

1 今の自分の本質
2 今の自分をとりまいているもの(状況)
3 今出会いつつある流れ(課題)
4 無意識の領域
5 近い過去に起こったこと
6 意識の領域(で把握している全体像)
7 近い未来に起こること
8 自分像(セルフイメージ)
9 望みと恐れ
10 外からやってきている影響
11 結果・結末

でも今日出たカードを見ると、いつになくピンと来なくて、ハテナが満載。集中が足りなかったかしら?とか思いつつ、あーだこーだ夢想しているうちに、その、「夕方寝」をしてしまって、起きてから、たまたま、カードが引いたままになっていたのを、机の反対側から見ました。

そしたら、あ、、ふむ、、、という感じで、少しだけ、手がかりがあるように思えてきました。

反対向きにすると、6だった場所が4になり(逆に、4だった場所も6に)、5だった場所が7になり、8だった場所が10になり、9だった場所が11になりました。

つまり、「意識」と「無意識」が入れ替わり、「過去の出来事」と「未来の出来事」が入れ替わり、「自分像」と「自分の外からの影響」とが入れ替わり、「望み&恐れ」が「結果・結末」に入れ替わりました。

その入れ替わり具合、反転具合に、へえーと思いました。意識と無意識や過去と未来というのは、対称の位置にあるよねー、と捉えやすかったけれど、おもしろかったのは、

ある面からみると「望みや恐れ」であるものは、別の面からみると、「結果・結末」になること。

ある面からみると「自分」である像が、別の面からみると「自分の外側のもの」の像になること。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007.08.27

異種間コミュニケーション(直感によるコミュニケーション)の本を、友達が突然貸してくれて、ここひと月くらい、読んでいました(Marta Williams著『Learning Their Language』)。

動物とのコミュニケーションに割かれたページが多いなか、植物、昆虫、それから山や川、地下深くにある石油などとのコミュニケーションについても触れられていました。

すでにこの世を去っていたり、地理的に遠い場所にいる動物とも、まったく同じようにコミュニケートできます、とありました。野口整体の野口晴哉さんが、海外の人に遠隔で愉気をしたことを、ごく普通のことのように書いておられたのを思い出したりしました。

この著者も、ごく普通の、淡々とした語り口で、こういう力は、なんら特別なものではなくて、万人にあるものです、と言います。

それと、死別した動物とのリアルタイムのコミュニケーションなど、一般的な(コンセンサスリアリティ的な)範疇を越えそうな部分について説明するときは、「こういうことはちょっと信じられない、あるいは、今は生きている動物のパートナーと交流できるだけでいい、という読者は、このセクションのことは気にせずに、飛ばして次へ進んでください」と書いていて、押し付けのないところが好印象でした。

この本は、コミュニケートするための実際的な練習本で、練習の始めの一歩は、2週間のあいだ、動物が人間と同じくらい豊かな感性をそなえている高度に知的な存在だ、ということを「事実」と想定して、動物と接するというもの。

それで最近、いろんな動物や昆虫が目につくようになりました。出会うと、なにか対話を試みている自分がいます。覚え始めの外国語でコミュニケートするときみたいに、自分のいいたいことを、つたないけれどなんとか伝える、というのは、ひょっとしたらできていそう。でも「元気ですか?」ときけたとしても、返ってくる答えの内容がわからない。。。というような状況が続いています。

それにしても、動物、特に哺乳類の動物には、親しみが持ちやすいし、そんなに恐怖はないのだけれども、動物よりも昆虫のほうが、目の前によく姿を現すようになっていて、ちょっととまどっています。

わたしは特定の色・形状をした虫が、かない怖いので。。。クモとかは怖くはないけれど、でもやっぱり体に乗ってこられたら「ひゃっ」と声を上げてしまいます。

それだのに、昆虫たちは、文字通りわたしの目と鼻の先に次から次へとやってくるのでした。クモ、かなぶん、黒い小さい虫(名前がわからない)、セミ、コオロギ、小さい葉っぱ状の羽をした虫。。。

初期反応として、昆虫にでくわすと「わっ」と身を引くのだけれど、そんなびっくり反応をしても、虫たちは平然とそこにいるので、最近は、一度びっくりしたあと、しげしげと、相手の昆虫を眺めるようになりました。

よく見ると、クモの足って細くてきれいで、それで垂直面にぴたっとくっつけるのだからすごいのでした。緑色のかなぶんの頭は、さらに明るい蛍光グリーンのような色で、とってもきれいでした。セミの目はとってもつぶらでした。

そういうような感想は、できるだけ率直に、相手の虫に伝えている(つもり)です。

昨日、パソコンに向かって仕事をしているわたしのところにやってきた、小さいジャンピングスパイダーは、(糸をくっているわけではないのに)一番前の2本の腕をくるくるくるくる回しながら、あちこちを向いたり、そこここを探検していて、なんだか愛嬌を感じました。

わたしは、クモに、「わたしは虫がニガテなので、そこにいるのはいいけど、体にのってきたりはしないでね」と言ったのだけれど、気づいたら、キーを打っているわたしの前腕に乗っていて、そこから手の甲まで、つとつとと歩みを進めました。そしてジャンプして、パソコンのスクリーンに移動。「今仕事中だから、悪いけど、仕事に集中させてもらうね」と言っているのに、そ知らぬふうで、画面をゆうゆうと横切って歩いていきました。そしてしばしの間、スクリーンの上端に陣取っていました。

仕事中のパソコン画面を、クモに横切られたのは、初めての体験でした。。。

そのクモを見ていて、虫たちは、サイズが小さいから、こんなにサイズの大きい人間とくらべると、繊細なんだな、と思いました。虫たちから見ると、人間はすごくガタイが大きくて、動きも粗野で、そばにいくと物騒な存在かも。

人間と同じ場所に生きていても、虫にとっては、まるで別次元の世界が広がっていそう。大きさのスケールの違いと、感性の違いと。。。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007.08.24

「太陽」系という世界。。。

今朝久方ぶりに、起き抜けにひらめきが降ってきました。
でも端を発していたのは、おそらく、お絵かきの先生のブログにあった、太陽に関する言葉。。。(遠藤洋子さんのブログhttp://plaza.rakuten.co.jp/mokuseiki の2007年8月20日のエントリー「8月21日(火)の明日の天体。」)

自分の出生チャートの中でも、よくわからない存在である「太陽」。タロットカードとして描こうとしたときも、あまりに未知すぎて、ぜんぜんわけがわからなかった「19・太陽」。その太陽が、ひとつの越境地点になるような、次の次元への門なのかもしれない、ということが、なんとなく今朝、腑に落ちたのでした。

太陽のその向こう、というものがある、と想像することができた、というか。

これまで、わたしにとっての太陽のイメージは、獅子座の守護星だということを軸にしていたみたいでした。それは、わたしの中では、なぜか「我が強い」というときの「我」の部分に加担しているもの、と感じられていました。

もしくは、カラリとした明るさ。まるで「陰」など存在しないかのように、ひまわりのような無邪気さで、激しく発散される陽のエネルギー。

いずれにしても、単一すぎて、陰影がなさすぎて、困ってしまうのでした。

でも太陽があんなにまぶしくて、なにもかも単一にしてホワイトアウトしてしまうのは、そこがひとつの門だから、異界との接点だから、なのかもしれない、ということを、思わされました。なにかひとつの極限をあらわしている、ということなのかも。。。

そこが次の次元との接点なら、タロットの「19・太陽」の意味も、少し想像しやすくなります。

タロットの19・太陽は、2つのまったく異なるシステムが噛みあう地点、という意味だと理解しています(頭で理解しているだけなのだけれど。。)。

でも、この2つの異なるシステムは、そこで「融合」したり「統合」したりはせずに、そのまま、独立した、並列したシステムであり続けるようで。

ただ、「両方ある」ということが認識できる、3番目の視点がそこにある、みたいな。2つのシステムは矛盾しているけれども、両方とも真実で、真実が「どちらか1つ」なのではない、というようなことが当然になる、3番目の視点。

2つのシステムは全然接点がないように見えるけれども、でも双方の中にあるものが行き来できる地点が(見えにくいけど)実際にはある、ということを知っている視点。。。

なんにも新しいことをひらめいているのではないと、思うけれども、今のわたしにとってなにかがリアルになってきている感じがちょっとしたので、覚え書きしました。。。

* * *

太陽系の惑星の配置に、影響を受けているわたしがいるとして、その配置は、ここのところ、いろいろな試練を運んできているような気がするのだけれども、

太陽系の惑星ではない星、遠くの恒星に気を合わせたとしたら、もしかして太陽系の惑星の動きに惑わされることが少なくなるのかも、などとも思いました。

わたしにとって、その星らしきものが、遠藤さんのところで、タロットの「17・星」を描いたときに、ほんのり存在が感じられた気がしたのだけれども、、、

実際よくわからないな。。。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2007.08.22

麻の力

数日前、東京の熱帯夜対策に、思い切ってシーツをリネン麻のものに替えてみました。

麻のシーツは、とんでもないぜいたく品だ、と思い込んでいたので、自分が使うことを想定したことはなかったのだけれど、使ってみると、これは夏の暑いときには、ほんとにいいものだなー。。。プラクティカルだな、と実感。

なにより、手触りがヒンヤリしていて。ためしに一晩、麻シーツのふとんと綿シーツのふとんを並べて寝てみたのだけれど、綿シーツから麻シーツに移動するだけで、ヒンヤリ感が。おおー、と思いました。

さらっとしていて、洗濯したあと乾きが早いのもいいなあ。。。

もともと麻の布は大好きで、かばんやシャツとして愛用してきたけれど、シーツとしてもこんなに実用的だったとはびっくり。ちょっと高いのだけれど。。。長く使えるものだし、これで冷房を使わない夏の日々を過ごしやすくできるなら、よい投資、と思えます。。

麻と一口に言っても、リネン(亜麻)、ラミー(苧麻)、ヘンプ(大麻)、ジュートなど、その麻が採れる産地によっていろいろあるらしく。。。

わたし好みの肌触りとしては、リネンがよさそうだな、と思って、まずは自分で作ることを考えました。150cm幅の生地を2.5m買って、端の始末をすれば、シングルサイズのシーツになります。

近所のユザワヤとオカダヤでリネン生地を見て回りました。ネット上のお店もチェック。polankaというお店が気になりました。ここで買っちゃおうかな、と思ったところで、無印良品の麻シーツのことを知り。。。今回はとりいそぎ、早くほしかったので、無印のものを買ってみました。シングルサイズで5000円くらい。コスト的には生地から作るのとほぼ同じ。

両親へのプレゼントにしても喜ばれそうなので、今度はpolankaさんの生地で、作ってみたいな。polankaさんのリネン生地づくりは、どことなく、ベーシックなことを着実に、心こめてやっているように、感じるので。。。(といってもホームページで日記や写真を見ただけなのだけれど)。

ところで。。。麻の場合、自然のそのままの色は砂色なんですね、知らなかった。(「生成り」というと「オフホワイト」を想像するけれど、麻の場合、オフホワイトにするには少し漂白を施さないといけないそうで)。

ところで「その2」。。。鎌倉にある麻心カフェというところで食べた、麻の実入りのカレーもとってもおいしかった。。。麻の力は、衣・住にとどまらず、食にもあるようです。

polanka ベーシックなリネン麻の、小さなお店。フランスの糸をポーランドで織ってもらっているそう。サンプルをお願いしたら、すぐ届いて、手触りを確かめることができました。今度はここの生地で!

Img_1027_2麻心カフェ 窓越しに海が広がる鎌倉のカフェ(最寄り駅は長谷)。食べ物も飲み物もおいしいです。お店の人のレイドバックなテンポ感が印象的。麻関連(ヘンプ中心)のグッズもたくさんありました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007.08.18

夏の日々

この頃のパターンは、夕方まで家にいて、陽が沈む頃、お買い物などに出かける、という感じです。

ひとりで家にいる日は、ひととおりの家事をして、汗をかいたら、さっとシャワーを浴びて一区切りつける、というふうで、今日は1日に3度もシャワーを浴びました。

パソコンに向かっているあいだは、汗が出ないので、体を動かして家事をするほうが、いいみたいです。なんというか、汗を出せないでいると、体調がやばくなるみたい。

夏の暑いときは、頭脳労働はできにくいような、、、。そのかわりに、肉体労働は、ふだんよりもたくさんできるような、、、。手を使うこと、からだを使うことなど。

それにしても、まるで予定調和的に、夏の一番暑い日々に、ぱったりと翻訳の依頼が途絶えました。はからずも、ぞんぶんに夏休みをいただけることになっています。 :)

* * *

夏休みは、海と、山とに、行きました。どちらも近場で、海は葉山の一色海岸、山は高尾山の日影キャンプ場。

Img_1040_2 海では、仰向けに水面に浮いて、寄せてくる波にゆらんゆらんとからだを揺らしてもらう、という遊びが楽しかった。はじめ怖かったけど、一度浮いてしまえば、波をかぶることはまずなくて、波と一緒にジェントルに上下するだけなのでした。

Img_1095_2  山では、小川に足を踏み入れてみたら、あまりに水が冷たくて、カキ氷を食べたときのように、頭がキーンとなりました。その清流の上を渡って吹いてくる風も、すごく冷やされていて、これこそ本場の「天然エアコン」。まわりの木々越しに吹いてくる涼風もあって、森の中にいるとこんなに涼しいんだな、と改めて実感。

海でも、山でも、音楽を聞くことができて幸せでした。

一色海岸のビーチハウス「Blue Moon」で開かれたのは、キセルのライブ。

高尾山を会場に開かれた「エコラボキャンプ」で聴けたのは、アイヌの音楽と沖縄の音楽。アイヌの民族楽器、トンコリとムックリを、居壁太さんたちのバンドが演奏していて、何気なーくそこにいたら、気づいたら、わたしもパートナーもすっかりその音楽のとりこになっていました。

* * *

それにしても、元気の出にくかったこの数週間。まれにぐっと気持ちが上がるのは、音楽を聴いているときです。

自分がなにか抜本的に変化していっている感覚があって、なんというか、とまどいがあります。なにが起こっているんだろう、どうしたらいいんだろう、と自問し続けているような。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007.08.07

手巻きラジオ

Trevor Baylisさんという、イギリス人発明家のおじさんのことを知ったのは、何年か前、テレビか雑誌かで、彼のアトリエが紹介されていたときでした。

確か、ロンドン郊外の、運河沿いにありました。

おじさんの仕事場は、魅力的なガラクタ(に見えるモノたち)であふれていました。それはそれは、ワクワクするような(でも、わたしのドリーミングが彩色をほどこした記憶かも。。。)

Trevorさんは、電気のない場所でも使える、画期的な手回し式ラジオを最初に発明した人です。

発明のきっかけは、ある日なんとなく見ていたテレビで、アフリカのエイズ問題が特集されていたこと。人々に広くラジオで情報を届けることがエイズ対策になると聞いて、でもラジオの電池なんて手に入らないところに住む人々は?と考えたそうです。

そのとき、植民地時代のアフリカにいる自分を夢想したそうで。蝿タタキを片手にジントニックを飲みつつ、蓄音機でうつろな曲を聴いている。。。というシーンが浮かんだときに、まてよ、手回しのゼンマイで音楽が鳴らせるなら、ゼンマイで小さい発電機くらい動かせるんじゃないか?と思いついちゃったんだそうです。

その番組の終わらぬうちに、居間からアトリエへ行き、さまざまな壊れた家電品のパーツから、プロトタイプを生み出し。。。

そうやってできた、手回し式ラジオ。南アフリカの生産拠点で、地元の人の手でつくってもらって、そうやってアフリカに普及しました。ネルソン・マンデラさんが、個人的に「おすすめです」と言った一品です。

* * *

そしてわが家にも、ついに、手巻きラジオがやってきました♪ 手回しで蓄電できるのはもちろん、ソーラーパネルがついてるので太陽光でも蓄電できる、という優れもの。

ためしに、ラジオのスイッチをオンにして、ハンドルを回してみたら。。。「ザ、ザーー」とラジオのホワイトノイズが! 「おおー!」と盛り上がって、チューナーのダイアルを回していくと、鮮明に、DJの声がきこえてきました。

翌日、一日ベランダに出しておいたら、フル充電できました。

この手巻きラジオ「ソーラーエナジー」が、他の手巻きラジオと違うのは、キャパシタにも蓄電できるところ。充電池と違ってキャパシタは、消耗の心配なく半永久的に使えるんだそうです。

携帯電話の充電もできるジャックと、懐中電灯もついているので、災害時にもフル活躍しそうー。

* * *

Trevorさんは、非電化工房の藤村さんと、通じるところが多いな、と感じます。

わたしがTrevorさんを知った当時のTrevorさんの最新の発明アイデアは、靴底に発電・蓄電システムを盛り込んだ「Electric Shoes」というもので、歩けば歩くほど蓄電できる、というものでした。これを履いて、ご本人みずから、ナミブ砂漠を横断するトレッキングをされたのでした(64歳くらいのときですね)。このトレッキングもMAGという、イギリスの地雷撤去団体のチャリティとしてなさったのでした。すごい人だー。

ソーラーエナジー (クリックすると販売元にとびます、ただいま2割引らしい。。。)

■Trevor Baylisさんの簡単なインタビュー(英語)、こちらで読めます

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2007年7月 | トップページ | 2007年9月 »