« おんぱく | トップページ | 「大丈夫」感 »

2007.10.04

Soil, Soul, Society

今、サティシュ・クマールさんの「君あり、故に我あり」という本を読んでいて、昨日読んだところに

三位一体

について書いてありました。サティシュさんは、人間の大志がトリニティ(三位一体)によって現されてきたことが多かった、と言っています。

キリスト教のビジョンをインスパイアしたのは「父と子と精霊」。

アメリカという国の礎となったのは、「Life, Liberty, Pursuit of Happiness(生命、自由、幸福の追求)」。

フランス革命の原動力となったのは「自由、平等、博愛」。

いわゆる「ニューエイジ」ムーブメントの核心は「マインド、ボディ、スピリット」。

サティシュさんは、これらを踏まえて、今の時代の三位一体として

「ソイル(土)、ソウル(心)、ソサエティ(社会)」、

自然と社会と自己をはぐくむ三位一体を、考えておられるそうです。(というか、自然と社会と自己が全体をつくる、という思想は、インドでは古くからあって。。。)。

どんな三位一体も、人間以外の存在を差別している限り、全体的にはなりようがない、と思っておられるようでした。

人間以外の生き物、そして土や水や空気を大切にする、ということが、この本には繰り返し出てきます。

これを聞くと、ほっとします。実践するのは、まだチャレンジな部分も多いんだけれど。。。

|

« おんぱく | トップページ | 「大丈夫」感 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/95154/16656976

この記事へのトラックバック一覧です: Soil, Soul, Society:

« おんぱく | トップページ | 「大丈夫」感 »