« のんきやさん | トップページ | 肌寒い日には »

2007.11.17

ネイティブ・タイム

今日の東京は、日差しがくぐもっていて、肌寒い。。。こんな秋の日は、ストーブのそばで、ひざを毛布でくるんで、ゆっくり本を読むのにいいな、と思いました。。(仕事さえなければ。。。)

Nativetime そして思い出したのが、ずっと手をつけられないまま半年以上本棚に立ててある、分厚い本のこと。北山耕平さんの「ネイティブ・タイム」という本です。

ひさびさに本棚から取り出してみました。副題に「A Historical Time Line of Native Japan」とあり、表紙の題名の下には、さまざまな形のやじりの絵が。

やじり。小学生のころからロマンを感じていました。近所のおじさんちの裏庭が、遺跡の発掘現場になる前、そこから出てきた黒曜石のやじりをおじさんからもらっていて。今も宝物箱にしまってあります。

おじさんちの裏庭が発掘現場になってからは、どこだかの大学の考古学の学生さんたちが発掘作業をしているのを、見に通いました。ある学生さんから「ほら、ここらへんの土はこっちの土と色が違うでしょ。ここらへんを縄文さんが歩いていたってわけ」と聞かされて、ひどく興奮したのを覚えています。

「わ、わたしもそこを歩いてみたい!」と、四角く掘り下げられた中を熱く見つめていたけれど、もちろんそんなことは言い出せないし、小学生を中に入れてくれるはずもなく。。。

でも、そんなことがあってから、縄文土器の研究にのめりこみました。夏休みの自由研究も、秋の学習発表も、みんな土器のことばかりに。夏休みには、母におねだりをして、多摩の森の中で縄文時代の衣服や住居を復元しているというおじさんに会いにいったり、登呂遺跡への小旅行に連れて行ってもらったりしました。

ただ、小学生なりに、その夢のような「縄文時代的な暮らし」が、必然的に定住型のコミュニティになっていき、そして必然的に邪馬台国のような「国家」みたいなものができていくのだ、とあきらめに似た気持ちがありました。

あの時代に戻りたいけれど、戻ったところで、またいずれは社会や国家ができていくだけだ。。。と思ったのを覚えています。

でも最近になって、昔の、自然と寄り添う暮らしにもし戻れたとしたら、今度は、その後に国王だなんだという存在のいる国家が必ずしも発生しなくてもいいのかも、という気持ちになってきました。別の道も、あるのかも、と。。

* * *

占星術を自分なりに知っていくなかで、自分のチャートのICという場所を、井戸の入り口のように感じるようになりました。そこからずーっと深い地層へと井戸は続いていて、縄文時代、石器時代、さらにその前の時間へと意識の地層、歴史の地層が連なっているような。

プログレスの月がICをちょうど過ぎて、4室に入ったところなので、そういう意味でも、この分厚い本を読むのにちょうどいい時期がきたのかもしれないです。

|

« のんきやさん | トップページ | 肌寒い日には »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/95154/17098418

この記事へのトラックバック一覧です: ネイティブ・タイム:

« のんきやさん | トップページ | 肌寒い日には »