« 小鳥と本とブランデー入りココア | トップページ | 骨休め »

2007.12.19

60通りの可能性

昨日、松浦理英子さんの小説『犬身』について、自分が感覚していることがどんなに世間の一般常識で理解されにくいものであっても、それを自分の中では、まったく疑ったり打ち消したりすることのない主人公に、「健全な明るさ」を感じると書きましたが。

その後少しして、作者はひょっとして意図的に、そういう天然で健全な明るさを主人公に持たせたのかも、と思い至りました。

なにかの状況について内で感じていることを、外から「あなたはこれこれこういうふうに感じているのだ」と別のストーリーで読み取られて、書き換えられていく。いつのまにか、そうなのだと「思わされて」いる。。。そういう体験に対して、この本は、頑固に「ノー」を言っているような気がしてきました。

* * *

松田聖子がむかーし歌っていた曲の中に「キッスはいやと言っても反対の意味よ~」という詞がありました。子供として、これを聞いたわたしは、へえーと思ったものでした。

でも大人になってから、いやと言ってるのに「ほんとはいやじゃないんでしょ」と受け取られる場面を体験したりして、そのときには「この人は松田聖子のあのうたを聴いて育ったのかしら」と思ったり。。。

もちろん、実際「いやと言っても反対の意味」なときだって、多々あるわけで。。ひとつの状況や言動には、はたからみれば、いろんな説明があてはまる。。。

こないだ聞いたのだけれど、『知恵の三つ編み』 (ポーラ・アンダーウッド著・星川淳訳)という本の中に、こんな一説があるそうです↓

形をとったすべての現象について、
その現象をきちんと説明できる説明を少なくとも六通り考え出すこと。
説明は六十通りあるかもしれないが、
もし六通りでも考えだすことができれば、
宇宙の複雑さと知覚の多様性に気がつくだろう。
そうすれば、最初に思いついたもっともらしい説明を「真理」に祭り上げて、
それにしがみつくことを防げるにちがいない。

自分が「真理の押し当て」という暴力をしているかもしれないことを、視野にいれておきたい、わたし自身はなにを感じているのかを、もっとちゃんと大事にしたい、そんなふうに思う今日です。

|

« 小鳥と本とブランデー入りココア | トップページ | 骨休め »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/95154/17413774

この記事へのトラックバック一覧です: 60通りの可能性:

« 小鳥と本とブランデー入りココア | トップページ | 骨休め »