« 2007年12月 | トップページ | 2008年2月 »

2008.01.27

冥王星の山羊座入りの日

Keisodo踊りを封印していたのかもしれない、と思いました。

生きていく中で、踊りにたいへん助けられていた時期があって、でもいろいろな事情で離れていっていました。

それというのも、だんだん、踊れなくなったのでした。体は動かせたのだけれど。体を動かしていても、踊っていない自分がわかってしまう、というような。。。

昨日、『珪藻土礼賛~植物プランクトンの生気から』という展覧会に行きました。立体造形作家・伊藤公象さんと作曲家・藤枝守さんのコラボレーション。最終日のワークショップに参加しました。

ワークショップのなかで、800度くらいの温度で焼き固められた珪藻土の塊に水を含ませて、そのときに立ち上る音に耳を傾ける、というのをやりました。

とても小さな音。湿らせた珪藻土の塊を、両耳に押し当てると、実にいろんな音が、いろんなリズムで聞こえてきました。土の内部の微細な孔に、水が入り込んで、そこに含まれていた空気を押し出すときの音。土が内部に抱えていた空気を吐くときの、マイクロサイズの息づかい。

珪藻土というのは、多孔質なのが特徴です。見かけはソリッドなのに、中と外との境界線がスカスカ。。。がっちり閉じられていないので、空気や水が出入りできます。

Keisodoworkshop人間の肺もそれに似ている、と藤枝さん。たしかに、たくさんの気泡を抱えられる仕組みになっていて、中と外との換気が起こる場所です。空気や水の出入り、ということでうと、皮膚全体もそう。。

ワークショップの「聴く」というセクションをリードしていた藤枝さんは、最後、会場内の照明も全部落として、「自分も珪藻土になったつもりで、中から出てくる音を、出してみましょう」とサジェストされました。

じっと耳を傾けていると、わたしの中からは、音のかわりに動きが出てきました。表面ではなく、内の奥のほうから、出てくるような動き。

それはそれは、ひさしぶりに、動きの中に自分を深く埋没させた瞬間でした。

わたしが体を動かすのでなくて、動きとわたしが同期をとるときは、独特の有機的な感じがあって。プロセスワークでいう「二次プロセス」をとおして「big U(You)」にアクセスするときの感じに似ています。

意識の地平の向こうに周縁化していたものを、思い出していく瞬間というか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008.01.19

Beautiful Day

キセルの新しいアルバム『MAGIC HOUR』、そのなかの「ビューティフルデイ」のPVをいま見ました。

曲も、PVも、すごくすてきです。

くるりの曲もそうなんだけれど、3拍子のグルーヴ(?)って好きです。。。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008.01.15

タミパン生活。。。

今日も1日家にこもって仕事をしていたので、息抜きも兼ねて「タミさんのパン焼器ミニ」が活躍しました。

Img_1761 朝食兼三時のおやつに。。。付属レシピにあった「ココアパン」。やはりストーブに乗せて焼きました。People Treeのフェアトレードココアを使ったら、ちょっと苦味が強くなってしまった。ここのココアは味が濃いのだなあ。。

Img_1769夜ごはんは、タミパンの蓋を使って、下仁田ネギのグラタン。ネギとベーコンを、ホワイトソースベースで。「タミさんのパン焼器ミニ」の蓋はオーブントースターにも入るサイズなのでなかなか便利です。

オーブンを持っていないぶん、タミパンがずいぶん嬉しいのでした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008.01.12

外の気温は5℃

雨の東京です。なんともチュウトハンパな午後です。

時間がとまったみたいな。

ねことふたりで、しずかにしています。

ストーブのやかんがシューシュー湯気を出していて。

風邪をひいたわけでもないのに、パジャマのまま、着替えもせずに、ぶあついカーディガンを羽織って過ごしています。

そういえば、外へお勤めに出ていた20代の頃、毎月最低1日は、「家にこもって1日じゅうパジャマで過ごす日」がないと精神がもたなかった。。。でも家でお勤めするようになってからは、風邪でもないのにパジャマで1日過ごすなんて、ぜんぜんしなくなっていましたな。。

「生産的」なことをなにひとつしない、お休みの日。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

お告げコーヒーの夢

ことしの初夢は思い出せなかったんだけれど。。。1月5日の朝に見た夢は印象的でした。インドの田舎のお茶屋さんみたいなところへ連れて行かれて、コーヒーを淹れてもらう夢。ひなびた旧式の小型卓上コンロで淹れるそのコーヒーは「お告げコーヒー」みたいな位置づけでした、なぜか。

そのお告げコーヒーをいただくために連れて行かれたのだけれど、事情があって、結局、コーヒーポットに湯気が立ってはいたけれど、そのままうやむやになり。。。

そこへ連れて行ってくれたインド人の人がお茶屋さんから出て行くとき、手からなにかが落ちて土の床でくだけました。コハク色というかトパーズ色のガラスのようなピラミッド形のもの。とても大切なもののはず。くだけて、小さい先端部分だったところのピラミッドと、他のかけらとになりました。

大変、と思って、わたしがあわてて拾い集めようとしていると、その人はまったく動揺もしていなくて、むしろ落ち着いており、「いいのです、小さくなって、いいのです。ゆっくり、ゆっくり、一歩一歩ということです、これで」みたいなことを言いました。なにか神託めいたメッセージに聞こえました。

その人の手からは、さらに他にも、数珠のようなネックレスやいろんなものが落ちていて、わたしはびっくりして「I didn't know you had so many things in your hand!」と言いました。

* * *

数日後、久しぶりのお絵かきのセッションでぼんやり絵を描いていて、なんとなく、あの夢に出てきたトパーズ色のピラミッド形のガラス体を描きたくなって、画面に描き込みました。

描いた絵をリーディングしてくださった先生は、ピラミッドというのは、自然にはない形、人間がつくった形です、それがこういう水晶でできているというのは、人間の理念の粋、結晶、というふうにとれます、とおっしゃいました。

夢の話をすると、どうやらそれは冥王星が射手座から山羊座へもうすぐ移動する、そのことを言っているようですね、ということでした。

射手座から山羊座、というのは、高尚な理念・哲学(射手座で育んだもの)を、地に足の着いた世界(山羊座)へ落とし込むプロセスを指すことになるそうで。。この「落とし込む」過程では、「理想」を「現実」とすりあわせていくなかで、大きく膨らんでいた理想が、もっとコンパクトに、もっと不完全形なるってことも含まれてくるようです。。。

あの夢の場合、このプロセスが、かの人が手にしていたピラミッド形のオブジェを「土間」(山羊座は「土」のサインです)に「落とし」、そこで小さく「割れる」ってことに象徴されていたみたい。。。

「ゆっくりゆっくり、一歩ずつ、それでいいのです」というメッセージを、受け止めようとしているところです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008.01.09

ソーダパン

Img_1741Img_1744 タミさんのパン焼器ミニ&ストーブの火で焼いた、今日のソーダパン。

こむぎこにソーダ(重曹)を入れて焼くだけ、という簡単なパン。粉類を混ぜてから焼きあがるまでわずか30分という手軽さで、表面はカリッと中はモチッとなりました。ぶかっこうだけれど、なかなか美味。

レシピ覚書

こむぎこ 50g
ベーキングパウダー 小さじ1/2くらい
メープルシュガー(普通のお砂糖でも) 大さじ1/2くらい
牛乳 30ccくらい

1.粉類をボウルにいれて、泡だて器でしゃかしゃか(ふるったのと同じような状態にするため)。
2.メープルシュガーを入れて混ぜる。
3.牛乳を加えてさっくり混ぜ合わせて、ふにゃふにゃ状態の生地をテキトウに棒状にまとめ、オイルを塗ったパン焼き鍋の底に並べる。生地の表面に少しこむぎこをふる。
4.ふたをしてストーブの上に乗せて、待つこと20分。ほどよく焼けたら、ふたをしたままひっくり返して、ふたの部分に取り出す。

バターと合うし、メープルシロップやはちみつとも合いそうな、ほんのわずかに甘みのあるパンでした。なにもつけなくても、素朴なおいしさが。膨らみ方が少なかったかなー。。今度は重曹の量をもう少し増やしてみようかなあ。。。牛乳を無糖ヨーグルトに変える、というのも試してみたいです。マヤナッツを混ぜるバージョンもやってみたいな。

なにか、非常事態にそなえているような心持ちでもあります。アナログな暮らしに親しんでおくこと、最低限の道具と材料で、おいしく食べられるものをつくることを、余裕のあるうちに覚えておこうとしているかのような。。。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008.01.06

タミさんのパン焼器ミニ

Tamisan_2というものに、近所の文房具屋さんで突然出会い、衝動買いしました。。。小さい鋳物のお鍋。わたしの両手のひらを合わせたくらいの大きさです。小型ダッチオーブンといったところ。

「タミさんのパン焼器」は前から気になってはいたのだけれど、大きいし重いしで置き場所がないな、とあきらめていました。でもこの「ミニ」なら大丈夫だし、やぱり小さいというのはかわいいな!(小さいサイズで機能がちゃんとしているものって、どうも惹かれます。。)

でもこの南部鉄のパン焼器の場合は、ミニサイズ=火のまわりが早いということでもあって、普通サイズと同じような機能かというと、若干違うのかもしれません。

初日はパンではなく、おやつを焼いてみました。まずは付属のレシピにあったプレーンパンケーキ(底に貼りついてしまって、取り出すのに一苦労したけれど、おいしかったー)。ほんとに10分で焼けました。

Goldenapplecake_2次はアップルゴールデンケーキもどき(Cの字になっている、欠けているところは、味見したとこです)。角切りりんごをごろごろ入れました。

おやつもいいのだけれど、お砂糖っ気のない、イーストを使わない、素朴な味のパンが焼けるはずーと思って挑戦中です。

2日目は、ガスレンジではなくストーブの火で、全粒粉と豆乳のパンにチャレンジ。焦げ付かなかったし、味も悪くなかったけれど、食感がみしっとしてしまった。。。試行錯誤が続きます。。。

しかし、熱効率は本当によさそうです。真ん中に穴が開いているので。。。我が家のガスレンジは弱火でもけっこう火力が強いので、ストーブのとろ火くらいがちょうどよいみたい。

油が鉄になじんでいけば、だんだん使いやすくなっていきそうな。。。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008.01.03

木々からのアドバイス

Hachimansama今年は元旦の朝食前に、近所の八幡さままで歩いて行ってお参りをしました。よく晴れていて、気持ちのいい朝。境内には、4、5人お参りの人がいて、大きな焚き火が燃えていて、神社の人が樽に入ったお神酒をみんなにふるまってくれていました。「遠慮しないでどうぞ、どうぞ」とおつまみまでくれました。

神社の本殿の裏手に回ってみると、大きくて立派な楠がありました。

実家のほうにあった神社もそうだったけれど、こういう小さな神社というのは、立派な木々に囲まれた小高い場所にあって、とても気持ちいい。。。「神道」というとイロイロな複雑な「意味」が付いてきてしまうけれども、こういうところにいると、おおもとはただただ自然を信仰したものにちがいないのだよなーと思えてきます。

今年のアドバイスを。。。とお願いしつつおみくじを引くと、

今日この日は生く日の足る日、神の御かげの満ち足る日

と言われました。 「元気一杯つとめましょう。今日という日は再び来ない。神の恵みの御光の足り満ちて、生き生きと生きて輝く楽しい日柄。暗い思い、さびしい思いは朝の拝信の拍手の音に打ち消して、すがしい気持と朗らかな思いで楽しく幸せに過ごして参りましょう」とのこと。冬季鬱傾向のある自分には、とても直球ど真ん中なアドバイス。。。実際わたしの場合、「暗い思い」は朝起き抜けにやってくることが多いのです。

「朝の拝信の拍手の音に打ち消して」というのは、まさにこの元旦の朝に実際にやっていたことで。。すがしい気持ちにさせていただいたばかりだったので、書いてあることがどういうことなのか、よくわかりました。

裏側には「何事も末の見込みがあるから、志強くおごり高ぶることなく、辛抱が第一です」とも書いてありました。

辛抱って、辛さを抱えると書きますね。。辛さを抱えつつも、朗らかに楽しく幸せに過ごすようつとめましょう♪ということのようです。

こころに留めておこうー。。わたしの抱える生き辛さのために、そばにいる人がつらいつらい思いをしないように。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2007年12月 | トップページ | 2008年2月 »