« ラオチャン尊敬 | トップページ | 感情 »

2008.03.02

どうということのないこと

昨日、髪を切ってもらった、という夢をみました。夢のなかで、「あれはまるで夢のようだった」と振り返っていました。

最近、目を閉じて、猫やパートナーに近づくと、まっくらな視野の中に色があらわれる、というのがひさしぶりに復活しています。

しばらくなかったのだけれど。。。濃いピンクだったり、青紫だったり、いろいろで。インクをどばっとこぼしたような、鮮やかな色が一瞬ちらつきます。たのしい。

* * *

ここ数日、仕事をしているとき以外は、「どうということのないこと」しか考えていないような気がします。

たとえば、ロックな生き方をする人は、かっこいい歳のとり方をするなあ、とか。

Twelveパティ・スミスが還暦を過ぎて出したカバーアルバム、「Twelve」を聴いたときは、わあ、と思った。。。

そして彼女のオフィシャルサイトの「ihavesomeinformationforyou」ページを見て、さらに、わあ、と。。。↓
http://www.pattismith.net/news.html

年齢不詳のヘアスタイリスト、Sally Hershbergerも、気骨のある感じが気になっているこの頃です。

おしゃべりせずに切るために「Silence Please」というサインをサロンに貼り出したりとか。

ウォーホルのシルクスクリーン作品をバックに写っている彼女は、いかにも無駄なことはしゃべらなそうな感じ。。↓
http://www.sallyhershberger.com/about.html

* * *

このあいだ、わたしが言ったなにごとかに、パートナーがうなずきながら、「この狂った世界で、自分だけが健康になるなんてことはないもんね」みたいなことを言っていました。

世界にはいろんな要素が入り混じっている、ということを想います。。

|

« ラオチャン尊敬 | トップページ | 感情 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/95154/40331650

この記事へのトラックバック一覧です: どうということのないこと:

« ラオチャン尊敬 | トップページ | 感情 »