« 代々木の森 | トップページ | シーグラス »

2008.05.31

つれづれ書き

Img_2034昨日も書いたけれど、楠のある森が大好きです。。

写真は、半月前に行った真鶴の魚つき林の木々。 この森は海に面しています。森の中をあちこち歩き回って、海へ出ました。

釣り人を眺めながら歌をうたったり、穴のあいた石を探して歩いたり、シーグラスを集めたり。

真鶴の岸辺は、シーグラスの宝庫なのです。

ガラスは、浜辺で生まれた、という思いを持っています。どこかでそう読んだ記憶があるからかな。古代のガラスが発祥した起源として。

浜辺の砂が、ガラスの誕生に一役買っていた、という説。

シーグラスはもちろん、捨てられたビンのかけらです。海辺にビンを捨てるなんて歓迎すべきことではないのだけれど、でも、波に洗われて角がImg_2100とれて、すこし曇りガラス風になったかけらは、すごくきれい。拾わずにおれません。

←この日の収穫。

湘南のほうだったかな、シーグラスを「通貨」として使えるムーブメントがあると聞きました。浜辺のお掃除にもなるし、ということだと思うんだけれど、拾ったシーグラスを持っていったら、お茶を飲めた、という経験、してみたいものです。

* * *

真鶴では今回も、ひるさいどはうすさんにお世話になりました。思えば春の季節に行くのは初めて。お夕飯までの時間、まだ外が明るかったので、ひるさいどはうすさんの畑を見学させてもらいました。

Img_2015小高い山の斜面にあるので、畑からの眺めもすばらしい。

歩いてみて、なによりびっくりしたのは、土がほんとうにふわふわだったこと。

斜面に段々に、小さな畑がそこここにあって。畑の形も不均衡で、地形に合わせて、草むらの中にぽこっとある、という感じ。それぞれの場所に、少しずついろんなものが植わっていました。ちょうど夏野菜の苗を植えたばかりだとか。

同じものが、別の段の畑の隅に植わっていたり。これは虫対策かと思って後で聞いてみたら、「輪作を避けるためなんですよ」とのこと。

ひるさいどはうすさんは、お料理がものすごくおいしくて、そのお料理のセンスだけでも脱帽なのだけれど、さらに素敵なのは、シェフがだいたいの野菜を一からご自分で育てていることです。

そしてお魚は、すぐ近くの真鶴港であがった新鮮なものばかり。この日は珍しいトビウオのお刺身をごちそうになりました。おいしかった!

ひるさいどはうすのマスターは、シェフ業も、畑も、宿業も、みんな自分でやってしまうというオールラウンダーなのです。しかも写真もすごく上手。ひるさいどはうすのホームページに日々アップされる写真をみると、目が喜びます。

あれだけのことをするのは、Img_2004 ご苦労も多いのだろうなと思うけれど、日々、季節と足並みをそろえて歩いておられるマスター、ほんとにすてきだなあと思います。

写真はひるさいどはうす玄関へのアプローチ。花々が元気なこの季節、とにかくいい香りがします。少し歩くと、また別のいい香りがしてくる。。。

Img_2032おみやげにマヤナッツ粉を贈ったら、翌朝、さっそくマヤナッツ入りのソーダブレッドをつくってくださいました!

隠し味に、自家製のかみつれ草のリキュールを入れたとか。おいしかったです :)

|

« 代々木の森 | トップページ | シーグラス »

コメント

ひるさいどはうす マスターです。

ご利用頂いた上に、くわしいご紹介ありがとうございました。
なんだか照れるなぁ…。

海岸のガラスの破片。そうか、シーグラスというのですね。子どもたちが小さい頃に海にでかけると拾っていたのを思い出しました。忘れていたなぁ…。

山や海や動物や植物や…というものも、毎日を一緒に暮らすとなると、包み込まれるような強い存在感があって、それなりにうっとうしく感じることがあります。
たまに都会にでると、ほっとします。

近いうちに、またお伺いしますね。

投稿: ひるさいどはす | 2008.06.02 16:07

なるほどー。
日々、包み込まれてみたい、と思うわたしからはわからない感覚でした。。
でも「それなりにうっとうしく感じることがある」というのは、自然なことだろうなあと想像しました。

シーグラス、たのしいですー。
今回真鶴で拾ったもので、ろうそく立てみたいなものを作りました :)

投稿: な | 2008.06.04 10:10

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 代々木の森 | トップページ | シーグラス »