« ArnyとAmy | トップページ | 試作品づくり »

2008.05.15

凍結していたもの

Img_1994きのうまで涙がたくさん出ていました。ここ数日で出た涙は、牛乳瓶半分くらい? ほんとに瓶に溜めてみればよかったなあ、とおもったり。。

連日の曇り空だったのが、今日はきれいに晴れて、気分も晴れました。お洗濯をして、おふとんを干して、そうじをして、新しい小さな家具を組み立てて、今日がお誕生日の人のプレゼントにクッキーを焼いて。

仕事が忙しかったときには考えられないような、心の余裕を持っている自分に気づきました。特にお菓子をつくるときはそう思う。慌てて急いでお菓子をつくっているときでさえも、心はたっぷりしているのでした。

一生懸命忙しく働いていたなあ、とここしばらくを振り返る。忙しかった日々が終わった直後は、急にぽっかり開いた時間にどう対応していいかわからなくなっていた。

ずっと凍結されていた”自発性”が液化して、自分の中から「これをしたいな」ということが、はっきり出てくるようになるまで、約1週間かかりました。

ここ数日で涙が大量に出たり、感情が大幅に動いたりしたのも、おそらく、やっぱり凍結→液化の流れだったのかもしれません。

仕事を決まった時間内に完遂するために、全般的に凍結していたさまざまなもの・こと・気持ちが、液化して、やっとすこし、人間らしい心地がしています。

* * *

あ、でも、液化をスムーズにしてくださったのは、やっぱり、お絵かきの先生の存在だろうかなあ。。。10天体の「火星」を描きに行って、今まで自分の持っていた火星のイメージがなんだかシフトしました。

わたしのチャートの火星とは、霧の中の焚き火みたいな、ぼうっとしたもののようでした。ぎゅっと固まって燃えさかる火の玉、という感じではないらしく。。

積極性をあらわす火星が、こうぼうっとしているのだから、手相で運命線がぼーんやりしているのも不思議はないな、と思いました。

でもやはり火星は火星なのだから、積極的にこの「ぼんやり」の境地で活動している/活動していくのだろうなぁ。。

|

« ArnyとAmy | トップページ | 試作品づくり »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ArnyとAmy | トップページ | 試作品づくり »