« 栄養ありすぎだったから? | トップページ | 生きものが活発になる季節 »

2008.06.11

ハチとホタル

今日、ツツジの植え込みの脇を通ったら、ミツバチが、ピンクの花の中に

すぽっ

と入っていくのが見えました。全身隠れてしまうほど奥深く。

立ち止まって見ていると、じきに出てきて、すぐ隣の花へ。花に入ると、足とお尻をばたばた、モゾモゾさせている。

そうやって次から次へと、”手当たり次第”といった感じに15個くらいのツツジの花に全身を突っ込んで、去っていきました。

すごいなー、ハチ、と思って歩き出したら、少し先のほうで、今度は全身がもっと黄色っぽいハチが、同じように花の中にもぐりこんでいました。

こちらのハチは、テンポがややゆっくり。1つの花に入って、少しまよって別の花に入って。。。胸周りにファーを巻いているみたいにふわふわしているハチでした。

黄色っぽいハチはもう1匹いました。このへんはけっこうハチにポピュラーな地域だったもよう。

* * *

そういえば、先週末は京都の鴨川べりで、ホタルに会いました。夜10時前頃、出町柳から三条まで、鴨川を南下して歩いていたら、川とは反対側の道路側の木陰に、ふいっと光の粒がちらついた。

立ち止まって、じっと見ていると、呼吸のようなリズムで、白緑色の光が灯ってはスイーと動き、また消える。

そのうちに、立っているわたしのすぐそばまで来ました。それから川のほうへゆっくり飛んでいった。

暗い川面のほうを見やると、そのホタル以外に数匹いて、光の粒がいくつか舞っていました。

ホタルが出るということは、鴨川、きれいになってきているみたい。うれしいです。

|

« 栄養ありすぎだったから? | トップページ | 生きものが活発になる季節 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 栄養ありすぎだったから? | トップページ | 生きものが活発になる季節 »