« 2008年7月 | トップページ | 2008年9月 »

2008.08.30

記憶

昨日のことです、朝、お出かけの道すがら、電車の中でふいに、11年前に職場で亡くした同僚のことを、思い出しました。

そのときの職場がどんなに過酷だったか(自分にとって、主観的に)。

同僚の死が、どれだけ自分の人生のルート変更に影響をしたか。

そのときの職場で一緒だった人のうちもう3人が他界していて、同僚の死に濃く関わっていた人も、もうこの世にいないこと。

そうやってじゅんぐりに思い返していて、

この過去のできごとの自分の記憶が、「そのできごとを経てこれこれこういうふうになりました」という、なかば固定された「自分史の一展開」になっていることに、気づきました。

単純に図式化することで、扱いやすいハンディな記憶になっていた。いつでも簡単に取り出して「これが理由です」と言えるできごととして。

そのできごとのまわりにあった、あわやいもの、言葉にしにくいもの、矛盾していて整理のつかないいろんな気持ちは、どこかに行ってしまって。

記憶っていうのは、こうやって、ツツジの植え込みみたいに、こざっぱりと刈り込まれていくものなのかな。。。

と、そんなこんなを思い巡らしていたら、

同僚の死に濃く関わっていた(と私が思っている)人について、なにか否定的な気持ちをもったままだった自分に、気づきました。

彼には才能があって、尊敬していた。というのが、「刈り込まれた」記憶の中での位置づけでした。

酔わないと、思っていることを口にできないような、口にできたとしてもどこか表現がずれちゃうような、シャイで不器用な人だったから、とわたしはいつも記憶の中の彼を、かばっていた。

でも、許せないと思っていたところがあったようでした。ほとんどかすかなレベルで。

そのことに気づいた昨日、電車の中で、わたしは、これまで思い至ることのなかった彼の想いを想像して(「ひょっとしてあの人にとっては、こういうことだったんじゃないか」と)、そうしたら、なんだか泣けてきました。

目に見えない小さいわだかまりだった「許せない気持ち」がそこで、溶解したようでした。

* * *

長い年月を注いで彼がやっていたことは、この時代や前の時代の「記憶」へのアクセスルート作りでした。

記録ではなくて、記憶。しかも個人レベルのものではなくて、社会的なもの。

彼は「写真編集者」として、その仕事に取り組んでいました。

記録と記憶。

彼がこだわったのは、記憶のほうでした。

生きて動いていく、有機的なもの。

| | コメント (0)

2008.08.28

繕い靴下

お気に入りの薄黄色の靴下と、青紫色の靴下がだいぶくたびれて、かかとに穴が開いてきたので、繕うことにしました。
Photo_4

見よう見まねでチャレンジです。

できあがりはこんなふう。。

かかとと、あと、前のほうにできた小さい穴もふさぎました。

3_2

2履いてみるとこうなります。

なんだか笑える。。

グレーの刺繍糸(25番)で、ぐるぐる円形に刺しました。
その前に、綿の糸で穴の部分をカバーするように、タテ・ヨコに波縫いして(穴の部分は織物感覚で縦糸に横糸をくぐらせて)、補強します。

Photo_8 薄黄色の靴下は、まだこの補強段階。

←かかとの大きな穴を、補強したとこ。

こちらは何色の刺繍糸で刺そうかな。。

Photo_7■参考にしたのはこの本です→

「繕いノート」 (勝屋まゆみ 著)。なかなかわくわくする本でした。

| | コメント (0)

2008.08.22

最近のお気に入り

Loving_you_4 hacomacoの 『Loving you』。

つくづく気持ちよいアルバムです。hacomacoは、葉山生まれのhacoさんと、宮田まことさんのユニット。

友達に誘われて行った藤沢でのとあるライヴで耳にして、その場でゲットです(相方が。彼女はこういうときに判断&行動がすばやくて、ありがたいな!)。

hacoさん、アルバムではライヴよりもさらにインティメートな雰囲気で、味があります。温かい声だし、しかも、かわいい :)

懐かしい曲のカバーがいっぱいで、それもたのしです。

| | コメント (0)

2008.08.19

空飛ぶだるま

大きい赤いだるま2つと、小さい赤いだるま1つくらいが、一緒になって、大きなモミか杉の木の、たかいたかーい枝に止まっていました。

見上げて、「あ、あんなとこにだるまが」と思いました。

だるまは、ぽよぽよぽよ~と飛ぶのでした。

しばらく後、空を飛んでいるだるまのお尻から細い紐がぶらさがっていました。

紐のさきっちょをつかまえると、まるで、風船を手にした子どもの気分で。そのままわたしはイギリスの大学のキャンパスを歩いておりました。

というような夢を今朝みて、「なんだこの夢は~」と思った火曜日の朝です。。。

| | コメント (2)

2008.08.18

たのしいエアポケット

Img_2331花火やプール、バーベキュー。。。にぎやかなお盆休みを過ごしたあと、カラッと晴れた今日は、風に秋を感じています。

姪っ子、甥っ子たちと行ったプールでは、流れるプールでえんえんと流されたり、流れないプールで水中じゃんけんや水中でんぐりがえし、水中体育座り、水中正座+抹茶立てごっこなどなどをして、さんざん遊びました。

子どもの頃、よくプールで水中逆立ちに熱中したのを思い出しました。

相棒は、背中がまっかに日焼けして、大変そう。。。

* * *

少し前から、なんだか自分の頭の回路が単純になってきている感覚を覚えています。なんというか、あまりフクザツなことを考えられない。

単に、暑いからか。。。

なんにも考えてない、という時間もいっぱいです。
なんだかエアポケットに入っちゃったみたいな感じ。

少し前、プロセスワークのエクササイズをしたときに、おおきなつりばりで胸のところから吊り上げられて、C地点からA地点にひょいっと移される、という体験が出てきました。その際、自分の意志や努力はなるべくないほうがいい、みたいなメッセージがあったのですが。

こうしてわたしが呆けているあいだに、なにかしら、別の地点に移動させてもらってるんだろうか。。。そう思うのは希望的観測すぎるだろうか。。。

| | コメント (0)

2008.08.09

海水浴

Umiこのあいだ、海水浴へ行きました。またしても、葉山の一色海岸へ。

くらげらしきものに、なんどかチクッと刺されたけれど、「ウキウキ遊び」(波間で両手を広げて仰向けに浮かぶ遊び)をしたり、がしがし泳いだり、冷たい海の水を満喫しました(少し鼻から飲んだりもした!)。

パートナーは、少し海が怖かった時期がある人です。でも、今では楽しく「ウキウキ」をして、喜んでいて、うれしいです。

くらげって怖いと思っていたけど、刺されてから10数えると、もう痛みも引いて、あとはなんにもないので、蚊よりいい、と思いました。

そしてなにより、海辺は涼しかった。

あと、海水に全身をひたすと、あせもも直りが早いみたいだし、とにかく爽快です。

夕方には海からあがって、海の家で、「月の海」のライヴを聴きました。(名前に「海」がついているけれど、ほんとに海でやるのは今回がお初だったそうです)。

風も気持ちよくて、海に沈む夕日もきれいでした。「月の海」の人たちは、みんなで並んで座って、コージーな雰囲気でした。誰かが特別前面に出てくるような感じがなくて、みんなそれぞれが、音で風景になっていく感じがして、すてきでした。

日の沈む頃、浜辺のレスキューガードの方たちが、訓練らしきものをしていました。おぼれている人を助けに行く練習。おぼれている役の人を目指して、海に飛び込んでいって、がしがし泳いで助けていました。サーフボードを使って助けに行くバージョンも練習していた。波うちぎわをずっと走る、というのもやっていました。

男の子も女の子も、大変な運動量で、いつまでもいつまでも、長いこと繰り返し練習していて驚きました。

| | コメント (0)

2008.08.04

暑さ対策

ここ数日、昼下がりの、暑さがピークになる1~2時間を、縫いものをして過ごしています。暑い中で縫いものだなんて!と思われそうですが、これがけっこう「涼む」ということを、今年、発見中。。。

扇風機をまわしながら、じっと座ってチクチク縫いものをしていると、指先しか動かさないので、大汗をかきません。

で、縫いものというのは、なにか、不思議な集中の境地に入るので(アルファ波かなんかが出ていそうな)、頭が休まって、すーっとクールに落ち着いてくるみたいなんです(あくまでわたしの場合、なんだけれど)。

頭が働かないくらい暑いさなかは、仕事をしようとしても、なかなかはかどらないので、かわりに縫いもので頭を休ませ、気を養っとこう、という対策です。頭の中の暑さ対策、というか。(お仕事は日が落ちた後で。。。やる、つもり。。)

* * *

今日は、縫いものをしつつ、緑豆湯(リュウドウタン)もどきもつくりました。緑豆湯は暑い台湾で定番のおやつで、お汁粉の緑豆版みたいな感じのものです。 Photo

←これが緑豆。のぼせを下げる効能があって、暑いときに体を冷やしてくれるお豆さんです。

緑豆は水につけたりせずにすぐ煮ることができて、手軽。思い立ったらすぐつくれます。

お水1000ccに緑豆100gを入れて、沸騰したらフタをして弱火にして2分煮て、あとは火をとめて、フタをあけずにそのまま40分放置。

緑豆が真ん中でぱかっと割れて、白い花が咲いたみたいに中身がはみ出してくるようになればOKです。放置したあとフタを開けてみて、花が咲いてなければ、再度沸騰させてから弱火で2分煮て、火を消して20分くらい待ちます。

花が咲いたら、黒糖を混ぜて、できあがり。今回は緑豆100gに対して黒糖50gにしました。

台湾では押麦みたいな食材も一緒に入れて煮るみたいなんだけれど、今回は緑豆のみです。そのまま食べてもいいし、冷蔵庫で冷やしたり、製氷皿に入れて凍らせても美味。

こちらは、体の中からの暑さ対策。。

あ、今窓の向こうのセミがすごい勢いで鳴き始めました。ここしばらくマイクチェックばかりだったのが(じじっと一声ないてしーんとなる)、今日は威勢がよいなあー!!

(追記:緑豆は「青小豆」とも呼ばれるそうです。縄文時代にはすでに日本に伝わっていたんだとか!)

| | コメント (0)

« 2008年7月 | トップページ | 2008年9月 »