« マヤナッツオーレでほっこり | トップページ | 今日 »

2008.10.20

昨日

昼間、なんということのない一言に対して、パートナーが「ほんとに子供みたいなこと言うんだから」とコロコロ朗らかに笑い出して。

こちらとしては、なにがそんなに可笑しいのかよくわからず、そのコロコロ笑いにつられて笑いつつ、「そんなふうに笑うきみのほうがよっぽど子供みたいー」と思いました。

* * *

夜道、歩道の真ん中にカマキリが立っていて、暗がりだったので危うく踏みそうになりました。で、「そこに居ては踏まれちゃうかもしれないから、早く草の茂みのほうへ行ったほうがいいよ」と提案。

でもカマキリは、すごく歩くのが遅くて、一歩脚を出してゆーらゆら、もう一歩出してゆーらゆら、一向に前に進まず。

しょうがないから、そこにしゃがんで、カマキリをガードしながら眺めていたら、通りすがりの初老の男性が「どうしたんですが、大丈夫ですか?」

その後、初老の女性も通り過ぎざまに「具合が悪いんですか?」と声をかけてくださいました。

夜道にうずくまっていると、こうやって気にかけてくださる人がいるんだな、人ってやさしいな、と思いましたが、

「いえ、あの、カマキリが。。」と答えたのに、「お大事に」と言いつつ去っていかれたのがおかしかった。。

|

« マヤナッツオーレでほっこり | トップページ | 今日 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« マヤナッツオーレでほっこり | トップページ | 今日 »