« 新聞記事とコーヒー豆 | トップページ | セーターのリメイク »

2009.01.09

冷たい雨の日

今日は、まだ暗い早朝に、泣きながら目覚めました。悲しい夢でした。夢の中で泣いていて、目覚めてからも泣いていて、そのままぼんやりしていたら、また眠り、別の夢を2つ見ました。そのどちらも、またまた悲しい夢でした。

ということで、悲しい夢の3本立て。こんなことって、はじめてかも。

でもその悲しさは、みんな個人的な理由でのもので、世界にある悲しみとリンクアップしたのでなく、自分のお腹の底にある恐れとリンクアップしたものでした。

昨夜は、ほんとうにひさしぶりに、寝る前の”おまじない”を1つもしないで寝たので、そのせいもあって、今まで遠ざけてきたものが一気に押し寄せてきたのかもなぁ。

昨日はゆうがた、Coccoのドキュメンタリー映画『大丈夫であるように』を見に行って、ヘロヘロになって、そのあとパートナーとお友達と3人でたくさん歩いたり、えんえんおしゃべりをしたりしているうちに、ヘロヘロ頭痛が治って帰宅したのでした。

『ガーダ』というパレスチナ人女性のドキュメンタリー映画を見終わったときのことを、ちょっと思い出していました。あのときも大変だった。。

* * *

おととい夜道を歩いていたら、酔っ払ってフラフラのおじさんを、もう1人のおじさんが支えて歩いているのにすれ違いました。すれ違いざま、酔っ払っていたおじさんのおでこに、大きな傷があって血まみれになっているのが見えました。

その一瞬、背筋がざわっとして、身震いしていました。生々しい傷を見ることなんてほとんどない私の毎日。酔っ払ったおじさんがころんで負った傷を見ただけで、あんなに背中がざわっとするんだなんて。

今のガザの光景を日々見ている人たちのことを思いました。人口の60%が18歳未満だというかの地で、小さい人、若い人たちの目の前で起こっていること。

* * *

でも、相手の立場には到底なれない、だからなろうとしようとなんてするな、といわれたことも思い出します。

自分であることを引き受けていかなくちゃなのに、ぶれるばかりで情けない。。

Photo写真は父の庭のはっさく。樹が3年目に初めて実をつけました。机に置いておくと太陽みたいに明るい。こういうものが、心のよりどころになるな。

すごくすっぱいのに、おいしい、とパートナーは言ってくれます。

|

« 新聞記事とコーヒー豆 | トップページ | セーターのリメイク »

コメント

こんにちは。
しゃけです。

私もここ数日、悲しいというか嫌な気分になる夢を立て続けに見てます。
夢にどういう意味があるのか私にはよく分かりませんが、何かの暗示かと思ってちょっと不安になります。。。


>相手の立場には到底なれない、だからなろうとしようとなんてするな

どういう状況で言われたのか分かりませんが、
私はだからこそ理解しようとする姿勢が大事なんだと言われたことがあります。。。
理解できると思うことは確かに驕りかもしれないけど、
理解しようとすることは忘れちゃならないと…。


私は実践できているとは言い難いですけど(/ω\)

投稿: し | 2009.01.10 16:17

しゃけさんも、妙な夢を見ていましたかーー。。。ひょっとして空気中に妙な夢成分が漂っていたりするのかな。。?

私も夢のことはよくわからないんですけれど、自分の場合は、ほんとうに、自分の中に押し殺して無視して、「ないこと」にしていた恐れがみんな出てきたような3本立てでした。ああ、こういうことを怖がっていたんだな、とはっきりわからせてもらえたような感じでした。。

>理解できると思うことは確かに驕りかもしれないけど、
>理解しようとすることは忘れちゃならないと…。

ほんとそうですね、その「しようとする」を大事にしたいです。しゃけさんありがとう。

投稿: な | 2009.01.10 19:31

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 新聞記事とコーヒー豆 | トップページ | セーターのリメイク »