« 中間領域 | トップページ | 夢から »

2009.03.13

バランス

今はかなりの風が出ていて雨降りです。

野菜の育つスピードや、大きさとか、自然のものなのにコントロールできてしまうことっていろいろ増えてきているけれど、お天気は、まだまだ。

祈りの余地があります。てるてるぼうずとか。

コントロールの及ばないものに対しては、祈ったり願ったりすることができる。

計算したり計画したりしてコントロールすること vs 祈ったり願ったりして気を送ること。

両方の力をバランスよく使いたいです。

* * *

今日は郵便局へ行く道すがら、学校帰りの小学生の女の子たちが道の端に5、6人集っていて、その中央に女の子が1人倒れていました。

どうしたのかな?と思ってそばへ行って聞くと、中央の女の子は、道の段差のところでころんで、足首をひねったとのこと。

まわりにいた子たちも、口々に、この段差のところで、うんぬん、と説明をしてくれました。

うつぶせに倒れていた子はとりあえず身を起こして、足を見せてくれました。

すりきずなどはなくて、ただひねっただけのもよう。

こんなとき、見知らぬ大人である私はどんな対応をすべきだろう、と考える間もなく、わたしは反射的にその足首を両手でつつんで無言で愉気をしていました。

少しして、女の子本人が、歩けそうと言い出したので、手を離すと、その子は立ち上がって、「ありがとうございました」と言って歩き出しました。

他の子たちもその子について歩き出しつつ、振り返って「ありがとうございました」とおじきをして去っていきました。

少し心配でした。

彼女たちはわたしがしていたことが愉気だとは知る由もないし、見知らぬ通りすがりの大人が、なにやら訳のわからない応急処置をしてくれることに不安を感じて、早くこの場を去ろうとしたのかもしれなかった。。。

むしろ、わたしがしてあげるべきだったのは、彼女をおんぶして、坂の下まで降りてあげることだったかもしれない。。

うーん。。とにかく彼女が無事おうちまで歩けて、お母さんに足首をみてもらって、今はもう安心して経過していますように。。!

|

« 中間領域 | トップページ | 夢から »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 中間領域 | トップページ | 夢から »