« 2009年3月 | トップページ | 2009年5月 »

2009.04.20

バオバブの木

Photo_2 『バオバブの記憶』という映画を、見ました。

監督さんは『アレクセイの泉』と同じ本橋成一さん。

西アフリカ・セネガルの村の暮らしの、ディテールのひとつひとつが、こころに沁みました。

青空の下でお料理。青空の下で、大きなボウルを囲んでみんなで食べるごはん。

朝のお風呂も、午後のお茶も、お昼寝も、珍しくテレビを見るときも、全部、空の下。

干した葉っぱの加工や、杵での脱穀作業、農作物の植え付けや収穫、牛追いなど、いろんな仕事も、みんな、空の下。

子供たちがすもうをとったり、枝で木の実を落としたりして遊ぶのも、もちろん、大空の下。

まるで、お空が、屋根のよう。

そして床は、きれいに葉っぱやごみを取り除いて、掃き清めた地面。

そうやって暮らす人たちを、バオバブの木は、ずっと守ってきたみたいです。

よじ登られたり、皮を剥がれたり、実を落とされたり、葉っぱを刈られたり、いろいろされても、おおらかにそこにいて、バオバブの精霊は人にやさしいのでした。

* * *

アワさんというお母さんが、とてもすてきでした。

Photo_3 ふくよかな体つきで、いつも、黒い肌に映えるカラフルで心地よさそうな服を着て、頭にもおそろいの布を巻いて、

大家族のごはんを作っているときも、気の合う第二夫人と一緒に歌いながら花摘みをするときも、双子の子供たちをゴシゴシ洗ってお着替えをさているときも、祭りの踊りの輪に入っているときも、いつも、おおらかに笑っているのでした。

祭りでは、2人の女性が向き合って踊るときの迫力が、まるで闘いをしかけているかのように見えたりしたんだけれど、アワさんの踊りはまったく朗らかで。。。

(写真ではすこしわかりくいけど、右端の白地の服を着ているのがアワさん)

| | コメント (0)

2009.04.18

マクロビ実験

Photo最近、よくお米を食べています。

きっかけは、先日、映画「ホノカアボーイ」の音楽を担当している青柳拓次さんの、ライヴがある、というので行ってみたClub KingのCLUB DICTIONARY#1というイベント。

青柳さんのライヴは、イベントの最後の最後でしたが、その前にえんえんと、いろいろなトークや漫才や映像やなんかが舞台の上で次から次へと展開していって、

そのときに青柳さんの奥さまである、民さんが、トークの時間に一瞬登場していたのです。

民さんは、画家でもあり、パーカッショニストでもあり、そしてマクロビオティックインストラクターでもあります。

南国民族調の着物のすそを、バルーンスカートのようにふわりと折り上げて着こなして、下にすっきりしたジーンズをはいていらして、なんだか凛とした空気をまとった方でした。

トークは時間の枠がほんとに短くて、まともなお話は聞けない状態だったけれど、彼女の書いた本が最近出版された、ということで、会場でその本が販売されていました。

『ライスビート』という本。

おおらかな自由さの中で、マクロビオティックというものを、平坦なことばでわかりやすく語っている本でした。

ゆっくり噛み締めるように、読みすすめていって、先日読み終わりました。

まだ、どこがどう、というのをすっきり言葉にできないけれど、確実に全般的なインパクトがありました。。。

病気などをするとき、それは「遺伝」のせいとされることも多いけれど、マクロビオティックでは「遺伝はない、食伝があるのだ」と考えるそうです。

代々受け継いでいる食習慣や味付けの習慣が、特定のパターンの病気を受け継がせてしまう、という。。。

これはなんだか、目からうろこでした。

あと、「腹が減っては戦はできぬ」というのを信じ込んでいたわたしでしたが、民さんや、他のミュージシャンは、ライヴの前など、「集中したいときにはご飯を抜く」んだそう。1日食べないでライヴに臨むこともあるとか。

消化にはかなりのエネルギーがとられる、ということなのでした。

それでわたしもさっそく、踊りのワークショップの前にごはんを抜いてみました。そうしたら、実際、すごく集中が効きました。

すっかり味をしめて、しばらく、集中したいことがあるときはごはんを抜く、を実践していたら、「空腹の快感」を覚えてしまいした。

でも食べ物ってふしぎで、食べるまでは、特に今は食べたくないと感じていても、食べ出すと、もっと食べたくなる。。。

よく噛んで食べるだけで、この「もっと食べたくなる」が簡単に防げることも、実感できはじめたこの頃です。

よく噛まずにどんどん食べちゃう習慣は、でもまだそこにあるので、人と一緒にごはんを食べたりすると、すぽっとこの習慣に戻ってしまうー。

こういうときに、「習慣にノーを言って、体験にイエスを言う」アレクサンダーワークを使っていきたいものなんだけれど。。!

コーヒーや、パン・クッキーなどの「焼き固めた粉もの」が自分の体にどう影響するのかも、この身で体感しつつあって、そのせいで、あんなにパン好きだったのが、最近はお米をよく食べるようになっていて、

お米を、よく噛んで食べると、すごいいい状態が持続するんだなーと。。まだ実験段階だけれど、実感は来ています。

マクロビってむずかしそうな厳格そうなイメージだったけれど、すこしずつ食事を変えてみて、体感が変わるのを感じていく実験プロセスはなかなかおもしろくて。。

実験の結果、自分で「これがすき」というのを選べばいいだけなんだなあ、と思いました。

 

| | コメント (2)

2009.04.15

木のこと、ひとのこと

すこし前に、いろんなことで一番精神的に大変だったときに、わたしのもとにやってきてくれたビジョンは、たっぷりとゆれる、巨大なモミのような木でした。

まわりで陽の光がゆらめいていた。

たっぷりとしていて、ほんとうにゆったり、ゆたかでした。

あのクオリティに、どれだけなぐさめられたか知れません。言葉もなく音もなく揺れていた1本の木のありさま。

自分が今、ほんとうに、しあわせを感じるものといえば、これ。と心底感じました。

ずっと昔、学校でつらいことがあった帰り道に、1本の楠の木になぐさめてもらったことを思い出しました。

あの時は、現存する本物の木でした。

今回は、木のビジョン。わたしの右肩の後ろ、すこし上の方に見えました。

楠だけを大好きだと自分で決め付けていたところがあったけど、モミのようなあの木に、あれだけ深いところで助けられたということは、もっと心をほかの木にもオープンにしないとだな、と思いました。

* * *

でも、木もすばらしいけど、人もすてきだ、と思えるようになってきました。

アレクサンダーテクニークのレッスン通訳をさせてもらったここ数日、レッスンの最中に、数人の生徒さんの中から、その人の、今まで見えてなかった本質のようなものが垣間見えたときが何度かあって、

そのたびに、ハッと息をのむほど、なんというか、感銘を受けました。

美しいというのとも違うし、すてきというのとも違うし、なんだろう、あれは。かがやき、と言いたい感じがしてるけれど、別に光っていたわけではないし。。。

もっとうんと地味なんだけれど、でも深く感銘を受けるような、そういう質感でした。

ああ、この人はこんなにすばらしかったんだ、とはっきりわかる、みたいな。

ああいうのを、目の当たりにすると、ふだん自分がにんげんというものに対して苦手意識を持ちがちなのって、自分の側の想像力の欠如でしかなかったんだ。。。と思えてきます。

ああ、こんなにすごいんだ、すばらしいんだ、と思える瞬間に立ち合わせてもらえて、しあわせでした。

通訳はここしばらくずっと、大変なことが多くて、もうできるだけやめていく方向で考えていたんだけれど、こういう通訳なら、元気を奪われるんでなくて、逆に元気を授かります。

(ろ)先生に、感謝。生徒さんたちに、感謝。

アレクサンダーテクニークのなにがほんとに好きだったかも、おかげさまで思い出すことができました。

| | コメント (4)

2009.04.14

リメイクでジュニア服・挑戦記

Photo_7Photo11歳になる姪っ子のお誕生会がありました。

プレゼントのリクエストある?と事前に聞いてみたら、「バルーンワンピース」とのお返事。

じゃ、作ろう、とかるーい気持ちで、どんな感じのがいいのか、絵を描いてファクスで送って!と頼んだら、「こんな感じの」と参考写真が何枚かメールで送られてきました。

万一うまく作れなかったら、買うしかないかもなー、と送られてきた参考写真の元ページをチェックしてみたら、1万円以上したり(!)大人サイズしかなかったり。。。(私の予算はずばり3千円。。)

街に出て子供服屋さんをいくつか回ってみたけれど、やっぱりありません。

うーん、バックアップチョイスがないのかー、大丈夫だろうか、と思いつつ、生地探しの前に「色のリクエストある?」と聞いてみたら「黒か、水玉のピンク」。

もう小学校も高学年になると、黒なんて着たいんだー、とプチびっくりしながら、とりあえず図書館で、ジュニアサイズのワンピースの作り方が載ってる本をゲット。

この本でサイズの見当はつきました(本人がとおいところに住んでるから、じかにサイズの見当をつけられないのです)、でもバルーンワンピースなんて載ってません。。。

手芸屋さんで大人用の洋裁の本をいくつか立ち読みしたら、バルーンスカートの作り方を発見。だいたいの作り方がわかりました。

しかし、ニット生地というのは、縫うのが難しいらしい、ということもわかりました。(ニットを縫うのは初めてです)。。

うーん、どうしよう、これは大人服をリメイクするほうがよさそう、、と思っていたら、いきつけの古着屋さんで、なんと!黒いバルーンワンピースを見つけました。状態もとてもいい。これならジュニアサイズにリメイクするのも簡単そう、とピンときました。

Photo_13胸から上の部分をほどいて、その布で肩ひもをつくれば、小さいサイズにできます。

胸まわりを縮めるにはどうするか。。。と考えてたら、たまたまその日泊まりにきてくれてた(み)ちゃんが「後ろにゴムシャーリングを入れて寄せてしまえばいいよ」と教えてくれました!

(彼女は昔パタンナーのお仕事をしてたことがあったんでした!すばらしい救世主。)

肩ひも部分は、ニットが伸びすぎないように、やわらかめの薄手の接着芯を貼りました。胸まわりのところも、ダブつき防止に同じ接着芯を入れて。

肩ひもの長さと、胸まわりのサイズは、本に載ってた130cmサイズのワンピの型紙を参考に、アバウトで決めました。

ニット用の糸と、ニット用のミシン針(生地に穴が開かないようになってる)をゲットして、肩ひもを胸ベルトに挟んで縫いつけて、後側にゴムを縫いつけてシャーリングを入れました。

ニットは難しい、と思ってたけど、意外とそのまま縫って大丈夫でした。

Photo_10でもミシン苦手なわたしは、胸ベルトの縁が均一に縫えなかった。。。ので万一のときにと買っておいた、黒のストレッチレースを、縁の上から手で縫い付けて、ミシン目を隠しました。

後ろのゴムシャーリングのところも、縫い目が斜めになってしまったので、目隠しに大きめリボンを。

お誕生会の前夜に夜なべして、なんとか間に合いました☆

サイズが合うかな~と心配で仕方なかったですが、意外とピッタリ☆よかった。。よく似合っていました♪

* * *

今回、街の手芸屋さんで、いろいろ教えてもらえたのが楽しかった。。こういう生地でこういうことをしようとしてるんですがーと相談すると、いろんなアイデアやアドバイスをくれるんですね、店員のおばさんが、すごく楽しそうに :)

ニット用の糸についても、ミシン糸と手縫い糸があるんですね。。。

「ミシン糸と手縫い糸の違い」を始めて知りました。巻きの方向が逆なんだそうです。

それにしても、つくづく、今回も、電動ミシンの恐怖を味わいました。無事に縫えたけれど、やっぱり手縫いのほうが、こころの平安のためにはいいですね。

布に電気を通すより、手の気が通るほうが、着る人にとってもよさそう。。。

| | コメント (0)

2009.04.13

ここしばらくのこと

4月はじめは、いろいろなことが重なって、過去のことにたくさん直面する日々でした。過去がぼわーと立ちのぼって、いつのまにか、心から朗らかな気持ちになる、ということを、まるで忘れてしまったかのようでした。

でもそんな日々でも、いいことはあったし、こういう時期に、自分にとってなにが大切かがはっきりしたりするんだな、と思いました。

ここしばらくのキロク。 Photo

今年1回目のアンチョビを仕込みました。写真はお塩の層とカタクチイワシのひらきを交互に入れてるところ。

カタクチイワシは小さいので、手でおろせます。わりと簡単な作業です(といっても今年は全作業をパートナーがやって、わたしは手をださなかったんだけれど。。)

一ヶ月、冷蔵庫の中で寝かせたあと、オイルに漬ける段階に入ります。

Photo_2踊りの先生のパフォーマンスの差し入れに、マヤナッツ&アーモンドのケーキを、タミパンで焼きました。

ダンサーのみなさん向けだから、カラダにやさしいように、お砂糖・乳製品は抜きにして、米あめとメープルシロップを使いました。

一口大に切って、指でつまんで食べられる状態にして持参して、パフォーマンス後のパーティのテーブルにそっと出しておいたら、帰る頃にはなくなっていた。

知らず知らず人にマヤナッツを食べさせる快感。。

Photo_3仕事への道すがら電車を途中下車して一駅分、歩いてお花見しました。

パートナーがサンドイッチをお弁当につくってくれて、一緒に来てくれました。

満開の桜って光を乱反射して、妙に周囲が明るくなるところがすきです。

2日後にも、また仕事の途中時間が空いたので、ともだちと桜並木をえんえん歩きました。

散る花びらをキャッチできると幸せになるんだよ、と言って、キャッチしようとがんばってたら、風が吹いて、桜吹雪に包まれて、キャッチしようとしなくてもいっぱい花びらがいっぱい、肩や髪についたし、手にも乗ってきた。

いつになくたくさんキャッチできたので、仕事先で会った他のともだちにもわけてあげました。

Photo_5

Withマヤナッツピタパン、リピートしています。

最近の発見は、マヤナッツの風味がクランベリーとよく合うこと。

クリームチーズ&ドライクランベリーを中に詰めたら、おいしかった☆Photo_4 

マヤナッツピタパンは、種をつくりおきできます。冷蔵庫から出して、ちぎって、まるく伸ばしてすぐトースターへ。

手軽で、おいしくて、パンを買うより断然お金もかかりません。マヤナッツが入ると、腹持ちもよいようです。

教えてくれた(み)ちゃんにあらためて感謝。

Photo_6新緑の高尾山へ、午後ちょっとだけ散歩に。

疲れててあんまり気がすすまなかったけど、行ってみたら、しみじみ、来てよかった、と思いました。

しずか、なのでした。

そして、「ワン、ワーン」と甲高い子犬のように鳴く蛙がいっぱいいた。岩穴の奥で、腰から下だけ水につかったまま、じーっと座っていて、喉だけ大きく膨らませて鳴いていました。

モウモウ鳴くのはウシガエルなんだから、この蛙はイヌガエルと名づけるのが妥当だ、と思いました。

しかし、高尾山のトンネル工事のこと、相変わらず心配です。山をあがっても途中までずいぶん地面が乾いていた。。「乾いてる」とパートナーがしきりに気にしていました。。上がっていくと途中から、あの高尾山特有の、水をたっぷり含んだ地面になっていきました

トンネルが掘られているせいで、横穴があいて水が流出してしまっているらしい。下のほうが上のほうより乾いてるのは、そのせいかと。。。

| | コメント (0)

2009.04.01

同調体質

大勢の人がかかわっている、あることについて、ぐるぐる考えていて、

そうして疲れ果てていたら、風のようなものに

「にんげん以外のことを考えたら? 木のこととか、海のこととか」

といわれた気がしました。

そうかー。。最近わたしは、ぼおっと、木を感じたり、風を感じたりする時間をぜんぜん持っていなかった。

いつもなにかしら、人間社会的なことばかり考えていて。。。頭の中に大勢人がいる、ような。

せっかく春なのだし、頭の中にたくさん花が咲いているようにしても、いいよなぁ。

同調する対象や領域(なににチューニングを合わせているか)に気をつけてみることにします。どうも同調しやすい気質があるようなので。

なにごともバランスだからね。。。

| | コメント (0)

« 2009年3月 | トップページ | 2009年5月 »