« ここしばらくのこと | トップページ | 木のこと、ひとのこと »

2009.04.14

リメイクでジュニア服・挑戦記

Photo_7Photo11歳になる姪っ子のお誕生会がありました。

プレゼントのリクエストある?と事前に聞いてみたら、「バルーンワンピース」とのお返事。

じゃ、作ろう、とかるーい気持ちで、どんな感じのがいいのか、絵を描いてファクスで送って!と頼んだら、「こんな感じの」と参考写真が何枚かメールで送られてきました。

万一うまく作れなかったら、買うしかないかもなー、と送られてきた参考写真の元ページをチェックしてみたら、1万円以上したり(!)大人サイズしかなかったり。。。(私の予算はずばり3千円。。)

街に出て子供服屋さんをいくつか回ってみたけれど、やっぱりありません。

うーん、バックアップチョイスがないのかー、大丈夫だろうか、と思いつつ、生地探しの前に「色のリクエストある?」と聞いてみたら「黒か、水玉のピンク」。

もう小学校も高学年になると、黒なんて着たいんだー、とプチびっくりしながら、とりあえず図書館で、ジュニアサイズのワンピースの作り方が載ってる本をゲット。

この本でサイズの見当はつきました(本人がとおいところに住んでるから、じかにサイズの見当をつけられないのです)、でもバルーンワンピースなんて載ってません。。。

手芸屋さんで大人用の洋裁の本をいくつか立ち読みしたら、バルーンスカートの作り方を発見。だいたいの作り方がわかりました。

しかし、ニット生地というのは、縫うのが難しいらしい、ということもわかりました。(ニットを縫うのは初めてです)。。

うーん、どうしよう、これは大人服をリメイクするほうがよさそう、、と思っていたら、いきつけの古着屋さんで、なんと!黒いバルーンワンピースを見つけました。状態もとてもいい。これならジュニアサイズにリメイクするのも簡単そう、とピンときました。

Photo_13胸から上の部分をほどいて、その布で肩ひもをつくれば、小さいサイズにできます。

胸まわりを縮めるにはどうするか。。。と考えてたら、たまたまその日泊まりにきてくれてた(み)ちゃんが「後ろにゴムシャーリングを入れて寄せてしまえばいいよ」と教えてくれました!

(彼女は昔パタンナーのお仕事をしてたことがあったんでした!すばらしい救世主。)

肩ひも部分は、ニットが伸びすぎないように、やわらかめの薄手の接着芯を貼りました。胸まわりのところも、ダブつき防止に同じ接着芯を入れて。

肩ひもの長さと、胸まわりのサイズは、本に載ってた130cmサイズのワンピの型紙を参考に、アバウトで決めました。

ニット用の糸と、ニット用のミシン針(生地に穴が開かないようになってる)をゲットして、肩ひもを胸ベルトに挟んで縫いつけて、後側にゴムを縫いつけてシャーリングを入れました。

ニットは難しい、と思ってたけど、意外とそのまま縫って大丈夫でした。

Photo_10でもミシン苦手なわたしは、胸ベルトの縁が均一に縫えなかった。。。ので万一のときにと買っておいた、黒のストレッチレースを、縁の上から手で縫い付けて、ミシン目を隠しました。

後ろのゴムシャーリングのところも、縫い目が斜めになってしまったので、目隠しに大きめリボンを。

お誕生会の前夜に夜なべして、なんとか間に合いました☆

サイズが合うかな~と心配で仕方なかったですが、意外とピッタリ☆よかった。。よく似合っていました♪

* * *

今回、街の手芸屋さんで、いろいろ教えてもらえたのが楽しかった。。こういう生地でこういうことをしようとしてるんですがーと相談すると、いろんなアイデアやアドバイスをくれるんですね、店員のおばさんが、すごく楽しそうに :)

ニット用の糸についても、ミシン糸と手縫い糸があるんですね。。。

「ミシン糸と手縫い糸の違い」を始めて知りました。巻きの方向が逆なんだそうです。

それにしても、つくづく、今回も、電動ミシンの恐怖を味わいました。無事に縫えたけれど、やっぱり手縫いのほうが、こころの平安のためにはいいですね。

布に電気を通すより、手の気が通るほうが、着る人にとってもよさそう。。。

|

« ここしばらくのこと | トップページ | 木のこと、ひとのこと »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ここしばらくのこと | トップページ | 木のこと、ひとのこと »