« がんばりどころ | トップページ | あいしてる感じ? »

2009.05.14

少し前のこと

一度お目にかかってみたい、と思っていた人に、先日、お会いできました。

正木高志さん。

彼の書いた本を読んで、この人にいつか会ってみたい、と思っていました。

知人が東京で彼のライヴトークを企画していて、そこへ行って、お話しを聞くことができました。

思っていたとおり、というか、思っていた以上に、
とってもしなやかで、かろやかで、すきとおった存在感をお持ちの方でした。

とても、うれしかったです。

いきいきと輝く、素朴な目をお持ちで、

お話も、ものすごく新鮮でした。

本を読んだときも、そうでしたが、幾つも重なる、透明な「思い込み」の層の、とくに下のほう、深いところの層を、考古学者のように、丁寧に掘り進めていくようなふうで。

そして、そこから出てきた発掘物をもとにすると、今までの説が、ぐるんと、別の角度から見え始める。

それらを、けっして客観的・普遍的なこととしては語らないところも、すてきです。

ご自分が感じたこと・体験したこと・思いついたこととして語る。聞いてどう思うかは、みなさんが判断してくださいね、とおっしゃるのです。

「ごめんなさい」を言いながら、韓国を歩いてまわるそうです、この秋。

わたしも一緒に歩いてみたいかも、とすこし思っています。

お互いにひどいことをしあってきた歴史の連鎖から抜けるには、

一番最近ひどいことをした側が、最初に「ごめんなさい」を言うものです、

と正木さんは言っていました。

|

« がんばりどころ | トップページ | あいしてる感じ? »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« がんばりどころ | トップページ | あいしてる感じ? »