« アウトプット | トップページ | 最近すきなこと »

2009.06.25

音楽の中にある自由

昨夜、ご縁があって聴かせていただいた、Taylor Eigsti(ピアノ)とJulian Lage(ギター)のデュオのライヴ。

音楽の中で、ほんとうに、自由、になる体験でした。。。
ありがとう、とふかぶかと思いました。

あとで、この感じははじめてじゃない、ということにも気づきました。

前にパートナーの弟くんのおうちでパーティしたとき、楽器のできる人がみんなで一緒に演奏していたときにも、似たような自由さが胸の中に宿るのを体験したことがあったな。誰も「プロ」の演奏家ではなかったけれど。。

ジュリアンとテイラーは、躊躇なく「天才」と呼べると思う。。でも、音楽で「あの」自由を体験する道は、「天才」の演奏を聴く以外にも、幾とおりもあるんだろうな、と思いました。

ジュリアンもテイラーも、音楽を「ひとりじめ」しようとしない人たち、という印象でした。
音楽を愛する人(音楽に愛されてる人)だから、当然かな。。

* * *

ジュリアンはアレクサンダーテクニークの教師養成学校に在籍中です。パートナーも同じ学校にときどきポストグラデュエイトとして学びに行ってるので、ふたりはクラスメイト。ジュリアンはクラスでも一番の「なごみ系」だとか。

彼にとってアレクサンダーテクニークの存在はわりと大きいみたいで、リリースしたアルバムの中に、タイトルにアレクサンダーを思わせるものがいくつかあったりしました(「Familiar Posture」「Constructive Rest」「Quiet, Through and Through」「Clarity」など)。 :)

アルバム、こちらで試聴できます。

あ、ジュリアンとテイラーの東京ライヴ、今夜と、明日金曜もあります。
詳しくは→http://www.cottonclubjapan.co.jp/jp/sp/409.html

場所がちょっと、敷居が高いんだけれど。。(いつもオールスタンディングのライヴハウスばかりな私たちは、レッドカーペットが敷いてある入口と、黒スーツを来た案内係さんたちにびっくりしてしまいました。。)

* * *

最近、パートナーがギターを弾いてうたうのも、いい感じだなと思うことが多いです。
みんなでごはんを食べに行って、食後に1、2曲とか。

先日近所のネパール料理屋さんで聴いた、弥勒(みるく)さん(うたと横笛と沖縄の舞いのユニット)も、すごくよかったな。ざわざわみんながおしゃべりする中で、おふたりが立ち上がって、ゆるく始まる音楽でした。

弥勒のBooさんは、それまで音楽やってなかったのが40になって急に始めた、と言っていました。今は確か70代でいらっしゃいます。日本のいろんなところを旅をしながら、ライブをしてまわっているそうです。

ジュリアンも、音楽とともに旅してまわる暮らしのようです。

旅と音楽って、いい組み合わせだな。。

|

« アウトプット | トップページ | 最近すきなこと »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« アウトプット | トップページ | 最近すきなこと »