« ノンマイク・ライヴ | トップページ | フワフワ合宿 »

2009.11.17

つながるおいしさ

Img_0131 先週末。NVC(Non-Violent Communication:非暴力的コミュニケーション)というメソッドのワークショップに行きました。通訳のお手伝いを、ということでお声をかけていただいて。。

写真は会場だったおうち。庭にゆずの木が、たくさん実をつけて揺れていました。

初めてお会いする人が30人近くいて。またしても、対人緊張が出たわけなのですが。でも、2日間みなさんと一緒の場にいるうちに、なんでか、どんどんのびやかな居心地のよさを感じるようになりました。

おひとりおひとりと個人的にお知り合いになったりしたわけでもなく、ただそこにいる、というだけだったのに。。

NVCは数年前にに、2度ほどワークショップに出たことがあったんだけれど、そのときのわたしのリアクションは、「コトバが多すぎて、抽象的すぎて、ついていけない」でした。

でもたいせつなともだちの(る)さん、(け)さん、(し)さんがNVCを続けて勉強していて、彼らと接するなかで「はっ」とすることがいくつもあったので、もういちどトライしてみるといいかもなぁ、とばくぜんと思っていたのでした。

そうしたら、今回、NVCについてぐんと違う印象を持ちました。

自分や相手が感じていること、必要としていることを、コトバでいろいろ表していくのは、1つの手段で、その手段の目的は、「断絶」ではなくて「つながり」の中で、相手とコミュニケートとすることにある。。←これはわたしなりの理解だけれど、今回の先生、(ふ)さんは、そこを常にはっきりと伝えてくださっていました。

「つながる」のは、断絶に橋をかける、というようなんじゃなくて、もともと地続きになっている相手までの空間に、立ちはだかっている壁をどける、という感じ。

もともと地続きなのは、深いところでは、同じ人間、同じ生き物だから。。だから基本的に必要としているものは、おおむね共通してるんですね。ただその必要を満たすための手段が、おのおの違うだけ。。。

今、自分が、相手が、感じていること、必要としていることに、思いを馳せてみるのは、すべて、このつながりの場所に立ち返るためなのでした。

壁がなくなると、自分から相手まで、はばひろーい道がすうっと開ける感じがします。

そうやって、オープンに開いて「面」でつながるのは、細い紐を断崖に渡して「点」でつながるよりも、ずぅっとおいしいなぁ、と思いました。

* * *

ワークショップのあと2日たって、家でパートナーと接するときの感じが、ああ、違うなぁと実感しています。

誰もがみんな、必要があって今していることをしている。誰もがみんな、とってもいい理由で、今していることをしている。

相手に、自分に、今どんな必要があるのかな、どんな理由があるのかな、と一瞬思いめぐらすだけで、なにかが確実にシフトします。

ちなみに、猫の(にゃ)ちゃんと接するときの体験も、すごく変わりました。

「猫なんだから、わたしの言うこと思うことは伝わらない」と、どこかで思っていた私がいたんですね。。。でも(にゃ)ちゃんもわたしと同じ生き物。生きていくうえで、食べ物やあたたかい寝場所や、ほかの生き物との触れ合いなど、わたしと同じものをたくさん必要としてる。。

(にゃ)ちゃんとわたしのあいだに立ちはだかっていた、「猫だから」という決め付けの壁が溶けた、その瞬間、(にゃ)ちゃんは手足全部でわたしの手のひらを握ってくれました。

猫の場合は、コトバにして声に出して言ったりしなくても、Silent Empathy(無言で共感する)だけで、つながりがぶわっと通るんですね。。!

* * *

開いたつながり方をする練習をしているみんなと、同じ場に一緒にいさせてもらっていたとき、場にはなにか、気持ちいいエネルギーが満ちていました。

ワークショップの後、くたくたになってるはずの2日目の夕方、わたしはあきらかに、最初よりも元気で。。。あの気をいただいていたせいじゃないかな、と思います。

あの場のみなさんに、感謝です。

そしてお誘いしてくれた(け)さん(し)さんに、ありがとう :)

(ふ)先生、ありがとう。

|

« ノンマイク・ライヴ | トップページ | フワフワ合宿 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ノンマイク・ライヴ | トップページ | フワフワ合宿 »