« 消える | トップページ | すきな理由? »

2010.04.18

水を使わないジャム

Img_6349にんじんと夏みかんのジャムをつくりました。
←ジャム瓶6兄弟の図。

アジア学院という、那須にある有機農業の学校(アジア・アフリカ各地の方たちが滞在して勉強しているところ)で、ことし豊作だったというにんじんをわけていただいたのでした。

そのままでも甘くておいしいので、ジャムにする際も、甜菜糖をほんの3割程度しか入れませんでした。

夏みかんは、父の家の庭の木になるみかんで、とってもすっぱいタイプ。

お水をいれずに、みかんとにんじんからでる水分だけでつくってみました。初めてのチャンレジ。

さいしょにみかんの実を、袋からだして、そこに甜菜糖をふりかけ、その上からにんじんをどんどんすりおろしていき。。すりおろしつつ、何回かまた上から甜菜糖をふりかけ。。。。にんじんを全部すりおろし終わる頃(30分以上はかかったな、一時間弱かな)には、ジワリと水分が出てきていました。

3回ゆでこぼしたみかんの皮も、少しだけすりおろして入れてみた。

これをそのまま火にかけて、ぐつぐつ。。以上終わりです。

あらかじめ蒸し器で蒸しておいた空き瓶に詰めて、さかさまにしても少し蒸したらできあがり。

めっぽう寒い、まるで冬にもどったここ2日間、ストーブをつける時間がふえると、ジャムをつくるか豆を煮るかしないと。。と貧乏心が出てきます。

でも水を使わないジャムは短時間しか煮ないから、ストーブの日だからってやるものでもないな、と気づきました。。

なのであったかくなってからでも、次はいちごでつくりたい、と思うけれど。。いちごの場合、そのまま食べたくなってしまう誘惑が強いので。。うーむ。

|

« 消える | トップページ | すきな理由? »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 消える | トップページ | すきな理由? »