« 2010年5月 | トップページ | 2010年7月 »

2010.06.29

希望のゆくさき

Img_6528 暑くなってきました。庭の植物の緑も、濃い色になってきました。

仕事が進まないのと体が痛いのとで、なかなかしんどいこの頃でしたが、鎌仲監督の新作「ミツバチの羽音と地球の回転」を先日ようやっと観ました。

「観ると希望を持てる」という声を聞いていたから、それを頼りに見に行ったのですが。。。

上映時間の途中で、喉がカラカラになり、しんどくなってしまった。。。

その前に食べたおゆうはんがいけなかったのかな、とも思うけれど、一緒に食べた相方はなんともなく。

上映後、なにか自分が深いダメージを受けているようなことに気づきました。

やっぱり取り上げているテーマがテーマだけに、なかなか大変な映画だったみたいです。自分にとって。。

上関原発のことは、こころをこめて祈ってきたことだけれど。そのことそのものよりも、それをめぐって対立する人たちの様子や、失われてしまう危機にある生き物みんなの豊かさを目の当たりにして、ショックでした。

それと、地域社会がエネルギー自立するモデルの1つとして、スウェーデンのエココミューン、オーバートーネオが取り上げられていたんだけれど、そこの「北極圏牧場」が、ショックでした。わたしはそこに、希望を感じることができませんでした。

牛たちはコンクリと鉄の柵にかこまれた牛舎にいて、上のベルトコンベアーからコンピューター制御された機械が食べ物である干草を落とし、足元のコンクリの上を、コンピューター制御された糞尿掃除用の棒が横切ります。乳牛は胸が張ると、自分から、乳搾りロボットの中に入っていって、機械にお乳を搾ってもらうのだそうです。乳搾りロボットまでの通路は、牛のからだに仕込んであるマイクロチップみたいなものが反応して柵の扉が開くというようなことでした。だから牛は「自由に動けるんだ」と牛舎の人は言っていました。

この牛舎をつくるために、地元住民が出資をした、そして機械の動力は風力発電による電気だ、というのがおそらくポイントだったと思うのですが。

みんなが力を合わせたすばらしさ、を思うけれども、でも、やっぱり悲しかった。

もっと小規模に、もっと各自が、暮らしを引き受けて、エネルギー問題を引き受けていくことはできないものかな。。。。。

規模を大きくして効率化しようとするときに、いつもなにかが狂う気がしてなりません。

*  *  *

映画の中で、わたしにいちばんの希望をくれたのは、祝島の氏本さんとこのブタたちでした。それと、60年やってもまだ潮は読みきれない、学ぶことがたくさんある、生涯現役だ、と語っていた、「一本釣り」をつらぬく漁師さん。

ブタたち、ほんとにかわいかった。大人のブタは耳が象のように大きくて、その耳をゆっさゆっさゆらしながら大地をかけまわって、土を鼻で元気にぐいぐい掘り起こして、氏本さんが家々から集めた残飯や、「味は一緒だけど見てくれのせいで売り物にならない」枇杷を、たくさんもらっておいしそうに食べていました。

子ブタもどろんこになってかけまわって、氏本さんのとこに来てはゴロンと横になってお腹をなでてもらってた。

放棄されていた耕作地を、このブタたちが鼻で掘り堀り耕してくれたおかげで、立派な畑がよみがえっていたのにもびっくり。

ブタってあんなにかわいいんだ、すごいんだ、というのが、この映画を見たいちばんの発見でした。

ハワイの、カマプアアというブタの神様を思い出していました。その貪欲さのおかげで一見土地がめちゃくちゃにされてしまうように見えるけれど、じつはそうして耕されることで、土は豊かになる。だからカマプアアは「豊穣の神」とされていました。

土を掘るブタさんたちの勢いったら。ほんとにすごかった! そして耳がかわいかった!!

やっぱりいちばんすてきなのは、電力でなく、体力。自分の。ブタさんの。自然の摂理の。

度を越さないかぎり、動けば動くほど、もっと力が出るようになったり、もっと元気になったりする、不思議な力。

そこにいちばん頼って生きていく方向へ、すすんでいきたい。そこを希望のゆくさきに、定めたい気持ちです。

 

(今こんなに体力がなくなって体が痛い自分がこんなこと言うのはあべこべだ、と激しく自覚しつつ。。。)

| | コメント (4)

2010.06.15

雨水タンクづくり

Raintank ここ1月近く構想を練っていた雨水タンク。梅雨入り前日に、一応完成しました。。 :)

雨水タンクを設置しよう、と思い立った日、調べてみるとちょうど2日前に、市が雨水タンクの助成を始めたところでした。

ラッキー☆と思って、助成申請の仕方を見たら、市内に越してきてまだ日が浅いと、なかなかハードルが高いことがわかりました。(前に住んでた市からいろんな書類取り寄せなきゃだとか、設置場所の設計図を引かなきゃだとか。。)

しかも先着30人しか受け付けない、とのことで。

それで、高価な既製品の雨水タンクを買って半額助成を受けるくらいなら、自分で手作りすればよいのだ、と思い至りました。

Img_6562いろいろリサーチして。中古のポリドラムをヤフオクで入手しました。中に光と虫が入らないようにできれば、藻が茂ったり蚊が繁殖したりしないということなので。(中古ドラム缶も考えたけれど、海風で錆びるかも、と。。)

中古ポリドラムは、中になにを入れて使われていたかによって、値段が変わるようです(食品が入っていたもの、洗剤の原料が入っていたものなど)。安いものは1000円くらいからあります。

中古ポリドラムを出品している方、多かったのですが、穴あけを無料でしてくださる方を選んで、その方から落札しました。(わたしのうちには、DIY工具は、トンカチとのこぎりと原始的なねじ回ししかないので)。3000円でした。ふたがはずせるタイプです(上からじょうろをじゃぼんと入れることもできるように)。

Img_6564東急ハンズに、蛇口のリサーチに行き、ポリセンコックというのに決めました(ゴムパッキン、金具と合わせて1000円ほど)。蛇口の呼び径を計って、ポリドラムの穴あけをお願いしました。

雨どいからタンクに水を誘導する取水具は、アメポイントというものに決めました。初期雨水(最初のほうに降る雨で、屋根の砂やゴミと一緒に流れてくる)をやりすごしてくれる仕組みと、オーバーフロー(タンク内の水がいっぱいになるとき)に、雨どいを通して排水できる仕組みがあるそうなので。

アメポイントをタンクにつなぐホースの直径も調べて、ポリドラムのふたに、穴あけをお願いしました。

Img_6568_2 そしてきれいに穴が開いて、ポリドラムが到着。さっそく蛇口を装着してみました。

ゴムパッキンをはさんで差し込んで、裏側からゴムパッキン+プチプチをはさんで金属のわっかねじで留めました。こんなんで大丈夫かな。。。。。。

設置場所は、もともとコンクリブロックが2枚重ねになってた場所があって、ちょうどそこにおさまりました。蛇口の穴は下から15センチのところで、コンクリブロックの高さもあるので、蛇口の下にじょうろを置くことができます。

ちょうど梅雨入りの前日にポリドラムが届き。。早速翌日、雨が降り出したので、とりあえず、傘で取水(先日両親と外出中に突然雨にあって。。買ってしまった100円傘です、ごめんなさい)。

雨がやんだら、傘を閉じて、雨が降り始めたら、傘を開いて。。。。。こんなふうにお世話が必要な雨水タンクも楽しいな、と思い始めました。

しばらく雨どいにはつながずにやってみようかなぁ(強風の日は使えなくなるけど。。)

* * *

今まではゴミペールに雨水をためてて、そうしたら水の重さで変形しそうになってきたので。。やはりポリドラムは頼りがいがあります。ルックスもかわいいです。

そういえば、前の家では、雨どいが鉄製だったから雨水タンクをあきらめていたことを思い出しました。

でも傘で取水すればできたのかもーーー(と今さら気づいた。。)

| | コメント (2)

2010.06.07

ここしばらくは

Img_6540 もろもろの事情で、すこし、元気がありません。でも今はそういう時期なのだと、腹をくくっています。こういう時期に低空飛行をマスターできるようになれば、いいな。。

少し暑くなってきたせいか、ねこが、ピアノの上で寝るようになってしまいました。。

うーん、ほんとは、ちょっとーと思ってるんだけれども。。ねこにはねこなりの、いい理由があるはず、と思うとむげにできません。(でもピアノに申し訳ない。。)

早く夏用のねこの寝床をしつらえてあげねば、と焦っています。

夏、というか梅雨を前に、いろいろやることがいっぱいだ。。。

Img_6549最近の日課の1つ、天草のお世話。

相方が先日海で採ってきました。寒天の原料に使えるようになるには、えんじ色・藍色・深緑色の天草が、「むぎわら帽子色」になるまで、洗っては天日干し、を繰り返すとのこと。

この海草色が、「むぎわら帽子色」になるなんて、ほんと?と思いましたが。。。なってきました、じょじょに、部分的に。

ふしぎです。真水で洗って干してるだけなのに。

でも、ほんとにこれで寒天がつくれるのかなぁ。。いまだに、いまいち、信じられない気持ち。

* * *

ここ数日は、もひとつ日課が増えています。

大家さんがいろいろ古い家具を処分されることにしたそうで、「ほしいものがあれば」とお声をかけてくださったので、「扇風機はありますか?」と聞いたら「あります、ありますよ~!」と出してきてくださいました。

70年代のなかなかすてきな扇風機。ただ、プロペラガードがものすごくサビていました。

サビとりの方法を調べたら、アルミホイルにコーラをつけて磨く、というものがありました。

やってみると、少し取れました。でもなかなか根気のいる感じ。。。

Img_6541 木工用ボンドを厚く塗って、乾いたらはがす、という方法も見つけました。

これもやってみた。乾いたのをはがすのが、すごく時間がかかって
、はがすというより、削る、という感じになりました。でもこの削る作業。。。ハマッてしまった。

昔、木彫りにハマッて、ごはん食べるのも寝るのも忘れて、ひたすら彫刻刀を動かしていたことがあったのですが、それと同じ、「手を動かす」快感がある。。

やりだすととまらなくなるので、気をつけています。毎日少しずつ、ということにしています。

* * *

Img_6531 そして。。ようやっとできました、今年のアンチョビの仕込み。相方がまちがえてウルメワシを買ってきてしまったので、ちょっとサイズが大きいかな?と思いつつ。。

内臓を取り除いて、開いて半分に切り、お塩、イワシ、お塩、イワシ、お塩と、ミルフィーユ的に重ねて、冷蔵庫で寝かせます。

1月以上寝かせたら、取り出して、オイルに漬けます。

小さいイワシが安くたくさん出回る時期は、アンチョビ仕込みの季節。。




| | コメント (0)

2010.06.04

牛のこと

Img_6539 十牛図に取り組んでいるときに、口蹄疫のことが起きて、二重の意味で、どうにか牛を、もうすこし自由にできないものか、と考えていました。

先日、十牛図の第5図を描いたときも、「殺処分」になった牛のことをどうしても考えてしまいました。

第5図は、ひもをつけた牛を牧童が引いている、という図。

牛は牧童に引かれている、けれどそれは、牛のほうが「引かせてあげている、ついていってあげている」。そして牛はおなかに宇宙を宿している。描いているとき、そんなことを思いました。

(感じたとおり描く技量もないので、実際に描いた絵は、あれですが。。(汗)

* * *

口蹄疫をめぐっては、ばくぜんと祈るばかりで、情報の交通整理もできてなかったけれど、昨日届いた知人からのメールが、ためになったので、転載します。

よかったら、ご参考に。(じろーさん、ありがとう)↓

宮崎に住む友人からの声が届きました。

先週、5月26日(水)、宮崎ブランド牛“尾崎牛”を
取り扱っている宮崎市内の畜産業者、
尾崎畜産代表の尾崎さん(宮崎県農業法人経営者協会副会長)
のお話を聞いてきたそうです。

その要約を以下にお伝えします。
(転載転送、お願いいたします)

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

●尾崎畜産代表・尾崎宗春氏(宮崎県農業法人経営者協会副会長)
「宮崎県で発生している口蹄疫の現状について 」

●5月26日(水)夕方6時30分~
●門川町商工センター

●主催:宮崎中小企業家同友会


☆☆☆


・4月20日に発生した口蹄疫、5月末現在も10
件~15件ペース、
多いときは8,000頭ペースで感染は拡大中。
消毒の進んでいない南へ南下している。


・口蹄疫は畜産業にとって一番恐ろしい“疫病”である。
BSE、狂牛病よりも恐ろしい。

 →子豚、子牛が感染して死ぬ。病気で死ぬのではなく
口、足、蹄がただれ立てなくなって母乳が飲めなくなり死ぬ。
菌では死なない。
500倍に薄めた酢で死ぬくらい菌自体は弱い。
殺処分して埋めると短期間で消滅する。
えびのが収まったのはスピーディに殺処分が進んだため。
逆に対処の仕方を間違えると今回の様なケースになる。
(感染が止まらない) 通常は、一件出た時点で軍隊を使い
500メートル完全封鎖。殺処分。3週間隔離。


・今回ワクチンを打つのに国がためらい時間がかかったのは
ワクチンを使った時点で“汚染国”とみなされ輸出できなくなるため。
ワクチン=口蹄疫ウイルスだから。
日本の畜産はソニーのビデオやパナソニックのテレビのように
輸出商品となっている。ワクチンを打つと広域で殺処分。
輸出停止。輸入の割合が増える。国内で畜肉が作れなくなると、
安全性も担保されないまま値段も品質もすべて諸外国言いなりに
なってしまう。

 →口蹄疫が国力を低下させると言われている。


・1997年イギリスででたときはコブラという
テロ対策組織・陸海空軍を使って30キロ完全封鎖して全頭殺
処分した。
30万頭。それでも防ぎきれず最終700万頭殺処分。1兆
5千万の予算。

 →口蹄疫は人間とウイルスとの戦争。
10年前でた時は一件目で30億円の予算を投じて初期で抑え込んだ。
今回は認識が弱く初期の段階で全頭殺処分という対応などに全く至
らなかった。
最初にでた時点で人間が感染媒体ということが分かっているのに
10号線などもGW中人通り多い中全く対応せずに人の流れも
垂れ流しにした。


・一頭の豚からでるウイルスの数は3兆個。
一頭で一万頭感染させる菌が口蹄疫ウイルス。台湾は2週間で300
万頭。
イギリスは軍隊で30万頭殺したにも関わらず羊合わせて
700万頭殺した。


・なぜ現在感染が広がっているのか?

 →感染する頭数に対しての埋却が間に合わないから。


・洋服についた口蹄疫ウイルスは3週間残る。


・今現在、殺処分対象は37万頭。


・行政の人員確保が後手なのと、川南は水田が多いのも
埋却が遅れているひとつの原因。水がでて埋められない。
梅雨、台風が重なるとさらに埋却が進まない。


・都城周辺の畜産を守りたい。それがあればまだ希望がある。
そのための埋却地確保、人員確保のためのお金、マンパワーが必要。


・一日殺処分数は3,000~5,000頭。


☆☆☆


現在、全国からたくさんの義援金が県に送られているようでが、
県としては、口蹄疫収束後の経済支援として
配分することしかできないそうです。
しかし、現実には、人を動かすためのお金が必要です。
そこでこの会を主催した宮崎中小企業家同友会でも、
県弁護士会とともに「緊急ボランティア支援基金」を開設しました。


支援基金については、以下です。


・この基金は、現場作業に関わるボランティアさんたちの日当・交通費に
 充てられます。
・なお、該当地域に現在、県外の人は入ることができないため、現在の
 ボランティアは宮崎県内の人、主に既に処分を終えた畜産農家さんなど
 が中心になります。
・ボランティアの募集、派遣は宮崎県のNPO法人「みんなのく
らしターミナル」
 が行ないます。
・先々は県外からもボランティアの募集が始まるかもしれません
が、現在は未定。
・宮崎県弁護士会がこの基金に500万を提供するとともに、全
国から募ります。


振込先はコチラから。↓
http://www.miyaben.jp/sienkikin.htm


最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

* * *

もうひとつだけ。ケニアで野生動物のお医者さんをしている滝田明日香さんによると、牛の口蹄疫、マサイマラ国立保護区の牛たちには、「結構普通に見られる病気」だそうで、そして、「マサイのゼブー牛は、他の牛種と比べるとほとんど症状も出ません」ということです。↓

「マサイマラの牛の口蹄疫」
http://blog.excite.co.jp/mottainai-lab/10734275/

| | コメント (0)

« 2010年5月 | トップページ | 2010年7月 »