« ここしばらくは | トップページ | 希望のゆくさき »

2010.06.15

雨水タンクづくり

Raintank ここ1月近く構想を練っていた雨水タンク。梅雨入り前日に、一応完成しました。。 :)

雨水タンクを設置しよう、と思い立った日、調べてみるとちょうど2日前に、市が雨水タンクの助成を始めたところでした。

ラッキー☆と思って、助成申請の仕方を見たら、市内に越してきてまだ日が浅いと、なかなかハードルが高いことがわかりました。(前に住んでた市からいろんな書類取り寄せなきゃだとか、設置場所の設計図を引かなきゃだとか。。)

しかも先着30人しか受け付けない、とのことで。

それで、高価な既製品の雨水タンクを買って半額助成を受けるくらいなら、自分で手作りすればよいのだ、と思い至りました。

Img_6562いろいろリサーチして。中古のポリドラムをヤフオクで入手しました。中に光と虫が入らないようにできれば、藻が茂ったり蚊が繁殖したりしないということなので。(中古ドラム缶も考えたけれど、海風で錆びるかも、と。。)

中古ポリドラムは、中になにを入れて使われていたかによって、値段が変わるようです(食品が入っていたもの、洗剤の原料が入っていたものなど)。安いものは1000円くらいからあります。

中古ポリドラムを出品している方、多かったのですが、穴あけを無料でしてくださる方を選んで、その方から落札しました。(わたしのうちには、DIY工具は、トンカチとのこぎりと原始的なねじ回ししかないので)。3000円でした。ふたがはずせるタイプです(上からじょうろをじゃぼんと入れることもできるように)。

Img_6564東急ハンズに、蛇口のリサーチに行き、ポリセンコックというのに決めました(ゴムパッキン、金具と合わせて1000円ほど)。蛇口の呼び径を計って、ポリドラムの穴あけをお願いしました。

雨どいからタンクに水を誘導する取水具は、アメポイントというものに決めました。初期雨水(最初のほうに降る雨で、屋根の砂やゴミと一緒に流れてくる)をやりすごしてくれる仕組みと、オーバーフロー(タンク内の水がいっぱいになるとき)に、雨どいを通して排水できる仕組みがあるそうなので。

アメポイントをタンクにつなぐホースの直径も調べて、ポリドラムのふたに、穴あけをお願いしました。

Img_6568_2 そしてきれいに穴が開いて、ポリドラムが到着。さっそく蛇口を装着してみました。

ゴムパッキンをはさんで差し込んで、裏側からゴムパッキン+プチプチをはさんで金属のわっかねじで留めました。こんなんで大丈夫かな。。。。。。

設置場所は、もともとコンクリブロックが2枚重ねになってた場所があって、ちょうどそこにおさまりました。蛇口の穴は下から15センチのところで、コンクリブロックの高さもあるので、蛇口の下にじょうろを置くことができます。

ちょうど梅雨入りの前日にポリドラムが届き。。早速翌日、雨が降り出したので、とりあえず、傘で取水(先日両親と外出中に突然雨にあって。。買ってしまった100円傘です、ごめんなさい)。

雨がやんだら、傘を閉じて、雨が降り始めたら、傘を開いて。。。。。こんなふうにお世話が必要な雨水タンクも楽しいな、と思い始めました。

しばらく雨どいにはつながずにやってみようかなぁ(強風の日は使えなくなるけど。。)

* * *

今まではゴミペールに雨水をためてて、そうしたら水の重さで変形しそうになってきたので。。やはりポリドラムは頼りがいがあります。ルックスもかわいいです。

そういえば、前の家では、雨どいが鉄製だったから雨水タンクをあきらめていたことを思い出しました。

でも傘で取水すればできたのかもーーー(と今さら気づいた。。)

|

« ここしばらくは | トップページ | 希望のゆくさき »

コメント

夏支度いいねえ。
この雨水タンクいいねえ。
とてもとてもナイスです。
こういうことをやれる(な)ちゃんが
素敵、あこがれるよ。

投稿: miho | 2010.06.23 20:05

夏支度なかなか終わらないよ~ん(汗)
マイクロミニサイズの、庭の”畑”の草のケアも追いつかない。。
みほちゃんは立派なひろーい畑、自然農でやっててほんとすごいね。
いただいた大豆、庭のあちこちに植えてみてるよ。けどなんだかどこになに植えたか忘れそう。。
雨水タンクも、雨どいが壊れてるから、まだ雨どいにつなげてなくて。相変わらず傘のシステム(汗)。
いろんなことがこうやってゆっくり進むようになってるのかもね。。焦っても仕方ないか。。(草の成長は、でも早いね。。)


投稿: な | 2010.06.29 12:34

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ここしばらくは | トップページ | 希望のゆくさき »