« 今日は長い話です。。 | トップページ | 天草から寒天 »

2010.07.28

長い話の、追記

Img_6705Img_6680 毎日暑い! けど暑いの好きです。ゴーヤのカーテン、ことしはわりと上手にできました :) ゴーヤチャンプルーもおいしくいただいています。

昨夜、あのようなことを書いて、揺り返しがくるかなあ、と思っていたけれど、意外と大丈夫でした。

揺り返しどころか、もっとあれも書きたかった、これも書きたかった、ということが出てくる感じで。。。

今日はそのうちの2つを。

性暴力にあった体験の見直しを始めてから、おもし ろい発見がいくつかありました。

体との関係を取り結びなおしたい、という、それを個人的なテーマにして臨んだ「自分で十牛図を描いてみる」講座では、これまで同じお絵かきの先生のところでいくつも絵を描いてきたけれど、いつもにんげんを具体的に描けなかったのが、今回初めて、肌色の肌をしたにんげんの絵を、描くことができました。

第1図では、河童色の半獣半人、
第2図では、トトロのようなカエルのような緑色の生き物、
第3図では、人間のような生き物のスカートだけが半分見えたところ、
第4図では、上半身が炎で下半身が石の柱の存在、
第5図では、すそを引きずるローブ(長袖)をきて麦藁帽子をかぶった半透明の人(肌の露出なし)、
第6図では、膝丈の赤いワンピース(半そで)を着て麦わらをかぶって横笛を吹く女の子(手足はやや肌色)。

そして第7図で、頭のてっぺんに花を咲かせて、肌色の肌の裸で川(海?)に向かって両手を広げてひざまづいている、胸がまだペタンコな年頃の女の子が出てきました。

そんなに意識せずに、出てくるものをただ描いていたので、7図でこの女の子が出てきてくれたことは、うれしかったです。

性暴力に合う前の、自分の体と無邪気な関係をもてていた(だろう)頃の自分、そのときは自分の体をどう感じていたんだろう?というところを、想像し始めることが、できました。

第8図では、マリアさまのような弁天さまのような存在がぼわややんと出てきて、
第9図では、この世ではないような、どこかほかの場所にある「虹色の木」が出てきて、
最後の第10図では、にんげんの肌の色をした「手」が、河童/カエルの色の肌をした「手」に、藍色の丸い入れ物を手渡す、という図になりました。

第10図を描いたときは、1図を描いてから3カ月経っていたので、1図のことは忘れていたけれど、後で10枚全部をいっぺんに見返すセッションのときに、10図の河童/カエル色の「手」が1図の河童的半獣半人の手だったことに、気づきました。

お絵かきの先生、えんどうまめさん、には、いつもいつも、とても助けてもらってきた、とつくづく思います。ありがとうございます。。!

* * *

もう1つ、最近の発見でびっくりしたこと。

実は数年前の年末に、精神がヘンな壊れ方をして、朝起きて無言ですぐ家を出て、家族との連絡を絶って、泣きながら各駅停車の電車にずーっとずーっと乗って、終点の江ノ島まで乗って、そこからまた泣きながらずーっと同じ電車で自分の住む町まで引き返してきたことがありました。

引き返してきて、だいぶん気持ちも落ち着いてきたあたりで、お財布だけは持って出てたので、急に近くのエスニック雑貨店に足が向かいました。

以前そこで、見るともなしに、天然石アクセサリーのショーケースを見ていたら、その中のある石のペンダントトップに目がとまり、そこに立っていると体がじーんとする、という体験をしていました。当時は、天然石が流行っていても、ぜんぜん効能を信じてなんかいなかったし、欲しいとも思っていなかったのだけれど。。。なんだろうこれは?と気になりました。

で、壊れた日、その例の石のところへ足が向かいました。思い切って店員さんに、ケースから出してもらって手のひらにのせると、じーんという感触はさらにおおきく、手のひらの上がじんじんしました。値段を見ると、思ったより安く、3000円台でした。

それを買って、ひもをつけて、首にぶらさげたら、なんだかこころが安定しはじめたように感じました。以来、毎日、かたときも離さずに身に着けるようになりました。今でも。。

その石は、ベーコンのような縞模様とイチゴキャンディのような透明感が美しいインカローズ。

今回、性暴力体験を見直ししはじめて、いろいろ調べていく中で、なんとインカローズがほかでもない「性暴力被害」に合った傷を癒す石として、名指しされていたことを知りました。(もちろんほかの効能もあるなかの1つだけれど。。)

「ニューエイジ」」と呼ばれるものにはアレルギーのある私ですが、石にはお世話になっているなあ、と今は実感を持って思います。

それに、あの壊れた日、泣きながら電車に乗って、えんえんと行った先が、今ではすぐ近くに暮らすことになった江ノ島だったことも、おもしろいです。あのときは意識が錯乱していて、どこに行きたいわけでもなかった、なんにも考えずに来た電車に乗った、というふうだったんだけれど。

石にも、虫にも、天気にも、動物にも、植物にも、土地にも、目にみえないなにかにも、ほんとうにお世話になって、おかげさまで元気になってきたと、感じています。

ありがとう :)

|

« 今日は長い話です。。 | トップページ | 天草から寒天 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 今日は長い話です。。 | トップページ | 天草から寒天 »