« 日が沈んだあとの時間は | トップページ | ぜったいに許さない »

2010.11.09

防忘録

Dscf0020 にゃみちゃんの猫時間に換算すると、49日は11月4日の夜に、明けました。

無事にあちらのいいとこにいくまでは、足をひっぱっちゃいけないと、元気にしていた(つもり)のが、49日が明けたと思ったら、その翌日から、心の調子を崩しました(通訳の仕事が3日続けてあって、その間は気を張っていたのが、終わってどっときた、というのもあったかも)。

こころの調子を崩すまでの日々は、ずうっと毎日、みぞおちがズキズキうずいて、痛んでいました。

心の調子を崩してからは、胃の痛みがやってきて、家事も仕事もできなくなりました。

49日の明けた次の朝、半覚醒の朝のベッドの中で、「自分が植物に水やりをして、部屋に戻ったら、ダイニングの椅子ににゃみちゃんが丸くなっていた」という映像を見ました。無事にむこうへ行けて、もう軽やかな存在になりきって、今は帰ってこれるようになったんだ、と思いました。

セージの葉っぱを炊いたら、ソファのところに漂った煙が、スフィンクス座りをするにゃみちゃんの形になったりもしました。

自分は、ちょっと頭がおかしくなっているのかもしれない、と思いました。

今まで、にんげんの友達や知人、祖父母や叔母を亡くしたときには、これほどまでに悲しい、寂しい、気持ちになったことはなかった。。。こんなにずっと毎日みぞおちが痛んだり、胃が痛んだりしたこともなかったし、戻ってきたという映像を見たりもしなかった。こういう事実は、おそらく世間一般では「異常」とされるのだろう、と思った。

でも「伴侶動物との別れ」や「ペットロス」(ペットという言葉にはどうも抵抗があるけれど)について書かれているものを少し目にしたら、こうした自分の反応は「異常」ではないと、はっきり書いてあったので、すこし楽になりました。

ひとり、家にいて、寂しい、と泣いていたら、大きな大きなクモが床にすとんと下りて、まっすぐわたしのほうに歩いてきました。お風呂に入れば、そんなところに今までいたことのなかった、小さなダンゴムシが浴槽のタイルのとこにいて。。虫はやっぱりちょっと怖いんだけどな~と思いつつ、生き物が一緒にいてくれるのはいいな、と感じました。

その翌朝は、にゃみちゃんを腕に抱いて、ものすごい寒い建物の中にいて、あったかいストーブの点いた部屋を求めて歩いている夢を見ました。あったかいストーブの点いた部屋は、無事に見つかりました。

* * *

にゃみちゃんはわたしにとって、面倒見のいいおばあちゃんのような、叡智のあるエルダーのような、気がつけばいつもそこにいてくれる無二の親友のような、心から愛しい人のような、おちゃめでおもしろい小人のような、存在でした。

とても、とても、やさしいスピリット。

セージの煙を見つめながら、忘れたくない、なにひとつ忘れたくない、全部書き留めておかなくちゃ(最近記憶力落ちてるから)、と思っていたとき、頭の中に「忘れるはずがないよ」という思いがぽこっと出てきました。

そのとき、昔、1本の木とよく話をしていたときの感触を思い出しました。あのときも、自分の頭の中に、ぽこっと出てくる思考のかたまりがあって、それは、明らかに自分が今考えた考えではない、と感じられて、だんだんと、この木はこういうふうにコミュニケートするようだ、と思うに至ったのでした。

全般的に、自分はやっぱり少し頭がおかしくなってるのかもしれないと思うけれども、たとえそうだとしても、まぁいいやね。。。

|

« 日が沈んだあとの時間は | トップページ | ぜったいに許さない »

コメント

たとえそうだとしても、まぁいいやね。。。


うん、これでいいのだ(byバカボンパパ)

投稿: FUM | 2010.11.10 10:53

FUMちゃん、ありがとおー

こころづよい☆

投稿: な | 2010.11.10 17:15

23年後の自分をみているよう。
あたしもきっとこうなるような…。

うちのブンはじーさんになっても、ずうっと甘えんぼの男のコだろーけど。

にゃみちゃんは(な)のことがすごくすごく好きなのね。
だからいろんな“カタチ”になって「悲しまないで」って伝えてるんだと思う。

で、そのメッセージを受け取ることができてるんだからきっとだいじょうぶだよ、ってあたしは思うよ。

投稿: さっちゃん | 2010.11.20 00:18

さっちゃん、メッセジありがとうね。

まだふいっとした瞬間に、やっぱりにゃみちゃんは、もっと生きたかったかもしれない、わたしがもっと違う対応をしてれば、と思うんだけれど、

でもそんなことを思ってもしかたないのもわかるしで。

ほんとのところは、わかりようがないしね。。。

今朝は夢の中で、にゃみちゃんじゃない、茶トラ系のねこが芝生に香箱座りしてた。夢の中では、海が砂漠化することになっていて、わたしは砂漠化するならあの茶トラねこはあんなところに寝てたら大変、と心配で。

どうも心配性でいけませんな。。。

ブンちゃん、ゆきっちゃん、ねこ族みんなが幸せでありますよう、祈ってるよ。

投稿: な | 2010.11.21 23:43

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 日が沈んだあとの時間は | トップページ | ぜったいに許さない »