« 2011年7月 | トップページ | 2011年9月 »

2011.08.19

見守る

Img_7860 Img_0346 今年の夏は、いつにもまして、海のうつくしさが、身に染みます。ね。

このところ鬱の波、だいぶんかぶりましたが、海と太陽と相方とともだちに、助けられて、今日に至ります。

ありがと、です!

前回書いた指先のこと。あのあと、腫れがマックスに達しましたが、そのマックスに達しはじめる前の朝、目覚めてふと「やった、もう峠は越した」と感じました。つまり、痛みの峠。

それ以降は、見た目はどんどんひどくなっていきましたが、「もう大丈夫」と、落ち着いて、見守る日々でした。

マックスに腫れていき、いままで知っていた形の指先ではなくなり。。。そして局所的に色が少しずつ、緑。。緑っぽい黒。。にかわり、そのエリアがだんだんひろがり。。。健全なエリアとそうでないエリアの境目がくっきりしだし。。

と面白い経過を経て、昨日から、とうとう、皮がべろりんと剥けて、その下にあたらしい皮膚がお目見えしました。

膿があったと思うんだけれど、いつのまにか、膿は脱出していたようで、出た瞬間の自覚はなかった。

今回この指先の経過を見ていて、あらためて、からだが治ろうとする力はすごいな、と思った。。。

そして、ビジュアル的に、目に見えてヤバそうなときというのは、もう折り返し地点を過ぎた後だったりする、ということを、体感しました。

わたしは特に介入せずに、からだが自然に治る力に沿って経過してくのを、ただ見守ってたのだけれども。。。いや、ほんと、すごいね、からだ。

* * *

見守って、Let it be。

というのは、かなりアクティブな意識状態ですね。

そして、Let it be の be というのも、一見静的だけれど、かなり動きのある状態だったんですね。。。

Let it be doing what it needs/wants to be doing.

ということなのであって。。だって be することって、じつは、ぜんぜん静的なんかじゃないく。。なにであっても、なにごとであっても、be するなかで変わり続けているからね、わたしのこの指先の細胞たちみたいに。。。

beって、だいぶんダイナミックです。

最近、この見守るということに、関心があります。モンテッソーリの子育ち観でも、アレクサンダーテクニックの自分の使い方観でも、ここのところが、肝かな、と。

見守る、それでもって手を出さない。

もしくは、手を出す(貸す)なら、まずそのまえに、よく相手を見て、どういうふうに手を貸せば、相手の命の流れを尊重できるかを、考える。。。

そこをもうすこし、研鑽したいです。ほんとにわたし、「よかれと思って、エトセトラ」となること多し。。

見守る、気を向ける、という行為の中にあるエネルギー(気)、ほんとはそれだけでも実はすごく有効なんだろうと思う。

| | コメント (0)

2011.08.09

指先から

Img_0300 夏真っ盛り。

1週間前に、庭で草むしりをした後、うっすら痛み出した右手の数本の指先が、とうとうパンパンに腫れ出して、ちょっと触れるだけでも痛いくらいになってしまい。。。 パソコンのキーを打つのがプチ大変になってきました。

なににも触れていないときも、ずきん、ずきん。

このところ、身近な人とのコミュニケーションのとり方に、主観的に、むむむ、という変化が出始めてるのを感じてて、省みてみたら、あ、3ハウスにトランジットの土星が入ったとこだ、と気づいたのだけれど。。。

この指事件を受けて、ひょっとしたら、人体の部位のうち、手指をつかさどるのも3ハウスだったりして。。。と思い立ち、調べてみたら、ビンゴでした。

この指先の痛みがもし、土星の洗礼だとしたら。。この指は、これからどんなふうに、生まれ変わるんだろうなー。。

ちょっと前に、遠方の友達が、「(な)に読ませたいと思っていたんだ」といって、ある漫画のお話全11巻を、どどーんと送ってきてくれたのだけれど、その中に出てくる、ネイチャー系カメラマン(一時はネーチャン系になっていたのが、またそこに背を向けてネイチャーに戻る)が、冬山で遭難するシーン。

手指も凍傷して、死後の世界へ足を突っ込むのだけれど、そこで、亡き師匠(南洋のネイチャーを撮っていた写真家)に会う。その師匠が、両手の指を「新しく」してくれる。この指で、これから、おまえは自分の写真を撮るんだ、みたいな(うろおぼえ。。)ことを言って。

で、昏睡から覚めるのです。新しい指とともに。

* * *

Img_6771 指先のほんのさきっぽだけのことなのに、こう痛くなってみると、仕事の翻訳や、こうやってブログを書くとき、言葉を繰り出す行為を、指先に頼っているんだな、と実感する。

翻訳の仕事、楽しくがんばってやっているけれど、じつは心のどこかで、もうこういうことは終わりにしたいと、ずっと思ってきていて。。そう思っていても一向にやめない、やめられない(金銭生活上)のが続いていて。

しかし、指先がこんなふうに痛くなったら、休み休みしかできへん。。

変わっていくことについていけるか、そのあたりがポイントかな、と思うこの頃。

頭も。。。記憶力がガタッと落ちたのを感じたのは、確か去年だったけど、今年は、さらに、考えの粘着成分がなくなってきてるようで、考えがなかなかまとまらない。。。バラ バラ と、すぐにばらけていってしまう。

困ったなー。。と思ってるうちに、だんだん慣れていくんだけれど。そうやって半歩後ろからしぶしぶ、ではなくて、おんなじ風にのっかる、というのはどうだろうな?

| | コメント (2)

« 2011年7月 | トップページ | 2011年9月 »