« セルフケア | トップページ | 涼しい日のつれづれ »

2012.08.31

お別れ

お隣さんが昨日、お引っ越ししました。夕方、お隣さんちとひとつながりになっている庭を歩いて、からっぽになった家を眺めていたら、なんとも寂しい気持ちになりました。お隣さんのお引っ越しで、こんなに寂しくなったのは、初めてかも。

Img_3037 寂しかったのと、たまたま洗濯物が多かったのとで(相方が旅から帰ったばかりで)、今日は洗濯物を庭にいっぱい広げて干してみた。そうしたら、シャツの色が思いのほか楽しくてきれいで、ちょっと元気でました。

それにしても、胸の中に穴がひとつ開いたようで……。少し前に、引っ越すことがわかったときも、とても気持ちが沈んでしまったことを思い出します。

お隣さんとのおつきあいは、ここしばらく難しさがあって、気持ちが沈むことも多かったので、じつは心の片隅では「もしかしてお引っ越ししてくれたらなあ」と思うことさえありました。でもまだ越してらしてから日も浅いし、引っ越すなんてありえない、と常に思っていたのでした。それが、いざほんとになってしまうと、こうも寂しい気持ちになるなんて。

自分でも自分の反応が理解できなくて、いろいろと思いめぐらしてみているのだけれど……だんだんじんわりとわかってきたのは、お隣さんちのアフガンハウンドの(み)さんには、やっぱり毎日、とてもお世話になっていたんだなぁということ。声が聞こえるだけで、そこにいてくれるだけで、やっぱりうれしかったのでした。

「先生になってください」と頼んで以来、(み)さんは毎朝、わたしがゴーヤの水やりに庭へ出るたびに、窓辺に駆けつけてきて、わん、と声かけてくれて、そのあとはペタリとそこへ座りこみ、じょうろを持って何往復もするわたしをじっと見守っていてくれたものでした。

でも、もう会えないんだ……。こういう別れ方というのは……小学校のとき、ご両親の都合で関東から北海道に引っ越すことになった友達との別れを、思い出します。子どもである自分たち同士では、いかんともしがたい別れだった……。

遠く離れても、会おうと思えばまた会える、というのが大人同士の別れだけど、子ども同士の場合は、そんなふうにはとうてい思えなかった。

福島近辺の子どもたちも、大勢がこういう思いをしているのかと思うと、胸がきゅうとします。

あたらしい家では、(み)さんと、兄弟の5匹のわんこさんたちとが、また元気に庭をかけまわって、太陽をいっぱい浴びて暮らすことができますように、と祈る……。

|

« セルフケア | トップページ | 涼しい日のつれづれ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« セルフケア | トップページ | 涼しい日のつれづれ »