« ビッグアイランドへ | トップページ | 突然ですが »

2013.10.29

養生デイズ

秋になって、体調を崩していました。臥せっていたり、家から出られないような日が10日以上続いてましたが、ここ数日でようやく抜けつつあるかなあというふうです。

養生の日々は、はからずも、ちょうど翻訳の仕事はぽっかりとあいていたし、通訳の仕事もまばらにしか入っていない時期だったので、ちょうどよく家の中でのんびり過ごせました…。買物にも行かれないので、家にあるものであれこれ工夫したり、少し調子のいい日にはいろいろ手を動かしたりできて、よかったです。

しんどいのはつらいけれども、様子をみいみい、手を動かしているのは、心の養生にもなったかも…。

以下、養生デイズのささやかな成果です。

20131017_103207 20131017_141946 まずは、栗。今年初めての栗でした。滋賀のともだちのお父さんの畑の栗の木からやってきました。

とれたてをおみやげにくださったのですが、栗の扱いは初心者なので、とりあえず茹でて、皮をむいていただきました。とっても滋味あふれて、ほっくりしてて、おいしかった。

全部茹でて皮をむいておいたけれど、そのまま食べなかった分は、その後、玄米甘酒と塩ひとつまみを混ぜてつぶし、栗あんにしておきました。

20131022_103745で、そのままトーストに塗って、栗トーストにしたり、まんじゅうの皮を即席でつくって栗まんじゅう(お焼きみたいな、焼きまんじゅう)にしたり、最後は蒸しパンの中に20131019_113920_2 仕込んで20131024_163402栗蒸しパンにしたり、いろいろに楽しませてもらいました。ごちそうさまでした :)

* * *   

相方がおいしい紅玉を箱いっぱい買ってくれて、おやつに焼きりんごを作ったのも楽しかったです。

20131025_163637_2 りんごを半分に切って、芯のところをくりぬいて、くるみとレーズンにラム酒とメープルシロップをからめたものを、くりぬいたところに詰めて、180度のオーブンで20分(途中表面がこげないように、アルミ箔をかぶせたりしつつ)。簡単だし、秋の味覚を楽しめるしで、今の季節におすすめかも :)

くるみは、トルコにきょうだいのいるともだちがくれたもので、そのきょうだいのダーリンの実家の庭からやってきました。はるばるよく来たね~、と思いつついだだきました。

20131025_211335 割った殻も、おおぶりでしっかりしているので、中に蜜蝋を溶かし入れて、小さいキャンドルにしました。これは水にも浮かぶので、フローティングキャンドルとしても使えるらしい。

このキャンドルは、中身のくるみの実のかけらととともに、姉のところで数日前に他界した小鳥のぴよちゃんへのお供えにしました。

蜜蝋キャンドルで流れ出たりした蜜蝋のかけら、とっておくと、こういうときに便利です。

くるみをくださった(ふ)ちゃん、ごちそうさま&ありがとう!

* * *

蜜蝋キャンドルもよいですが、ソーラーライトも相当好きです。少し前にソーラーライトの工作にはまっていました。

Instructablesというサイトに載っていたSun Jarの作り方を参考に、それをもっと簡易バージョンで。(このInstructablesというサイト、いろんな人がDIYアイデアを投稿し合うサイトで、見ているとかなり楽しいです!)

20131011_113338 Sun Jarっぽいソーラーライト、こんなのができました。一番の望みは屋外で充電中に雨が降っても大丈夫なソーラーライトを作ること(キャンプで使えるといいな、と思って)だったのですが、瓶の中にソーラー部品の部分を埋め込んでしまうこのタイプなら、雨の心配無用です。
20131012_052510
ただ、明るさが…だいぶん暗いので、ナイトライトくらいにしかなりませんが。

ソーラーライト部分は、小さめのガーデン用ソーラーライトの脚と照明カバーの部分をかぱっとはずしたもの。電球部分の回りに反射用にアルミ箔をくっつけて(少しでも明るくなるかと)、あとは樹脂製氷キューブを詰めた透明の瓶に入れただけです。(樹脂製の氷キューブよりも、ほんとは透明なおはじきとか、ビー玉とかを入れたかったけれど、重さがだいぶん増すので、今回は携帯性を考えて樹脂製です)。

充電するために太陽に当てているあいだ、中の樹脂氷が光を乱反射してなかなかかわいいです :)

20131012_191007 20131012_183851もうひとつ、これは友達へのお土産に、もう少し大きめで、光の色が白のバージョンもつくってみました。ブルーの氷もところどころ入れたので、ちょっと涼しげになってしまった…。

「水槽みたいや~」と言われました ^^;

* * *

20131026_125227 この秋最初の、火鉢への火入れも、養生デイズのあいだでした。

20131005_155802 ロケットストーブコンロで炭を熾しました。あったかかった。

ロケットストーブコンロは、初秋に、ペール缶1段式だったのを、1と1/3段式に改良したばかり。そのときついでに、きりとったペール缶のかけらで灰をかきだすツールも作ってみました(ふたからぶらさがっているものがそれです)。なかなか使い勝手よいです :) 

ヒートライザーの高さが増したら、炎の引きがぐんと向上して、少ない薪でも立ち消えがなくなりました。

20131002_194718 炭おこしの他に、重ね煮を作ったり、目玉焼きを焼いたり、などしてみています。

20131004_113522 使う薪の量はほんとに少ないのです。ロケットストーブコンロは、薪の太さや種類によってはかなり豪快な火になるようですが、自分の家も両隣も木造家屋の我が家ではそれはちょっと怖いのもあって、庭の木の枝や浜の流木など、細い薪でやっています…。

20131004_110305_2 「すす」がどのくらい調理器具につくのかも、アルミの簡易うつわで試してみましたが、思っていたより少なかった(皆無ではないけれど…写真右側のほう)。

* * *

20131026_125836 そして、火鉢にあたりつつ編みすすめた靴下も、とりあえず1足完成しまし た。

毛糸が足りなくなった関係で左右非対象になった前回の靴下が意外とかわいかったので、今回は意図的に非対象にしてみた…のですが、前回ほどかわいくない…。でも相方は気20131026_184603_2に入ってくれて、穿いてくれています。

今は次の靴下を編み中ですが、目下の悩みは、読書と編み物が同時にできないところ…。両方同じくらいやりたいので、選択を迫られてしまいます。

服はほとんど、いとこや亡き母からのおさがりか、近所にある、アジア女性の自立支援のためのリサイクルショップで買ったものを着てますが、靴下と下着だけは、自前で用意しないとなので、靴下を編むことを学び始めてよかったです。

編み物への苦手意識があったのだけど、3本針で編むことを知ったら、ウソのように苦手意識が吹っ飛びました。秘密は、おそらく、3本針でくるくる編む、というところだったと思われる…。ワルツの音楽で輪になって踊るような感じで、どんどん楽しく編み進むことができてしまうのです。

2本針の編み物で挫折した人には、ぜひ3本針をおすすめしたいです :)

* * *

こんなふうにのんびりできた養生デイズ、なかなかないので、なかなかよかったです。世間的には「ゼイタク」の範疇に入るのかも、とも思う…。でもそもそも、暮らしのテンポって、そこまで加速しなくてもよいものかもしれない、とも思ったりします。

少なくとも、今の時期の自分にとっては、このテンポが合っているようです…。人それぞれ、それぞれの時期によって、いろいろなんだろうと思いますが!

|

« ビッグアイランドへ | トップページ | 突然ですが »

コメント

養生デイズ、なんだかちょっと羨ましい。
でも、養生が必要だったんだから(当たり前だけど)つらかったんだろうなと想像します。
養生デイズは終わり際が肝心だろうから、ゆっくりゆっくりね。

買物に行かなくても、家にあるものたちで充分楽しくやれるんだよな〜と気付きました。
買物って狩猟みたいな感じでワクワク楽しいけど、家の中を発掘してみるのもワクワクするね。

靴下、すごく可愛い。
ぱっと見たときに、かたっぽがズルッと脱げかかってるのかな?ってちょっと思えちゃうところが、すごく可愛いです。

投稿: はみ | 2013.11.01 06:35

はみちゃん、ありがとうね、まだ少し咳の残骸がのこってるけどだいぶゆっくりさせてもらって元気になってきたよ。

家のなかの発掘!っていいフレーズたねえ。
うん、発掘してみるといろいろ出てきて面白いね!
先日は何度の奥から、前の家でつかってた洗濯ひもが出てきて小躍りしちゃった。ちょうどそういうものかあればなあと思ってたもんで!

靴下、たしかに片っぽか脱げかかってるようにみえたりもするねえ(^^)
おもしろい!

投稿: な | 2013.11.10 13:02

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ビッグアイランドへ | トップページ | 突然ですが »