« 2013年10月 | トップページ | 2013年12月 »

2013.11.24

ささやか効果

20131122_131609 16年ぶりに出たという、グラスゴーのバンドTHE PASTELSの新譜、最高です。

軽やかでアトモスフェリックでユーモラスでピュア。その絶妙な感じにヤラレています。。。参加ミュージシャンがみんな、音楽を、ほんとうに楽しんでいるんだなあ、きっと。

ジャケットを見たら、参加ミュージシャンの中に、尊敬する青柳拓次さんのお名前もあった(!)。びっくりした。。。(それにしても、誰が何の楽器を担当とか、そういう情報が一切書いてないので、青柳さんがどの曲で何をしてるかは不明。。。)

ついでに、グラスゴーは”下北沢の民度を高くしたみたいな町”なんだと聞いて、さらにびっくりした。。。いつか、行ってみたくなってきました。

そんなこんなの最近、家の中のいろんな「ちょっと不便」を改善する活動にいそしんでいました。

ちょっとしたことだけど、変えてみると、楽しいし、うれしい。毎回「うっ」となっていたことが、毎回「♪」という気持ちになることがらに変わるのは、ささやかな違いだけど、大きいことだなと実感中です。

「自分自身にささやかな恵みをもたらす者に、神はたくさんの贈り物をする」という文章を、最近目にしたけれど、ちょっと、腑に落ちました。。。

* * *

20131120_135435 ちょっとしたことその1。洗面所のコップを「宇宙仕様」にしました。

はみがきやうがい後のコップ、洗面ボウルのわきに伏せておいていたのだけど、そうするとどうしても、縁のところが汚れてきやすい。伏せずに上向きにおいておくと、中の水がハケ切らない。。。そこで、コップの底に磁石をくっつけて、壁にくっつけちゃうことに。

きゅうばんフックの「養生板」に、ステンレスバージョンがあるのを発見したので、それを買ってきて、洗面台の壁に貼り、コップの底には手持ちの磁石をボンドで貼りつけました。

そうやってコップを側面収納したら、相方が「わあ!宇宙みたいだね!」と。←宇宙船の中のイメージですね。

水切れもよくなって、コップの縁もどこにも触れないので、気持ちよくなりました :)

このコップは、平和巡礼として知人が韓国をほぼ一周歩いた「WALK9」に、ほんのちょこっと参加させていただいたとき、釜山の町で買ったもので(韓国ってメタル製のお箸やコップが多いですね)、思い出の品でもあるので、大事に使いたいです。

* * *

ちょっとしたことその2。お皿の収納をつくりました。

お皿入れ場に重なり合っているお皿。相方は、下のほうのお皿をとるとき、だるま落とし的に上のお皿が落ちてくることで、お皿に負荷がかかって割れやすくなる、と毎回心配していたのだそうで。わたしはぜんぜん気にしてなかったんだけれど、そんなことで毎回心配するくらいなら、簡単に解決できるんだから早く言ってよー、と思いました。。。

20131117_195940

20131117_195904_2

で、板とくぎで、こんなものを作りました。サイズ違いを2つ。重ねるとこうなる。

ビフォー20131117_20003720131117_200148 &アフターの図。

(ふだんは手前に韓国のポシャギ布がカーテンのようにかかっていて、それをひらっとめくって出し入れします。ポシャギ布も、ソウルに行ったときに買ったもので、思い出の品です。。。)。

* * *

20131121_143020ちょっとしたことその3。カーテンをつくりました。

相方がレッスンをしている部屋の、掃き出し窓のカーテン。2枚のうち左側のほうのが、びりびりになってから久しく。。。最初はやぶれたところの上に布テープを縫い付けて繕おうと思ってたんだけど、母の遺品を整理してたら、大量の買い置き布の中に、ちょうどよいのを見つけたのでした。

やぶれたカーテンも、前の家で暮らすことになってから自作したもので、そのときに使ったカーテンテープの余りが、まだ箪笥の中にあった。

20131122_142343_2 20131122_142352_2 母の残してくれた布に、余りのカーテンテープを縫い付けて、端の始末をして、小一時間で完成しました。ミシンを出すのが面倒だったので、今回は手縫いで。

前回かかっていたカーテンとほぼおんなじのができました :) すっきりさっぱりした。

* * *

ちょっとしたことその4。洗面所に小さいチリトリとほうきを設置しました。

20131123_234302 洗面所を使うときに、髪の毛やホコリが落ちてるのに気付くわけだけど、そのとき、毎回ミニほうきとチリトリを取りにキッチンまで行って、また洗面にもどって、そうじする、という流れが煩雑でした(そんなに広い家じゃあないのに。。。なんかおっくうになって、「後でいいや」となってしまうことも多く。。。)。

洗面所にいるあいだに、そうじしたいなと思ったときすぐに、そこにほうきとチリトリがあれば、ちゃちゃっと簡単にできるのになあ、と毎回思っていました。

チリトリをブリキ板切ってつくろうかな、とも思いましたが、今回はおとなしく、新しいものを買いました。思いどおりの小ささのチリトリを(ほうきとセットで)、ちょうど、フリマで見つけたので。

20131123_234401_2自分は手が小さいせいか、とかく生活道具は小さいほうが好きです。今回のチリトリも、すてきな小ささでした!(子どもさんの「お仕事」(お手伝い)にも最適なサイズだ、とも思った。。。)

チリトリとほうきをかける場所は、L字のネジを、洗面内の棚にくっつけてつくりました。この棚は、実家に住んでいた頃、すのこを改造して自作したものなので、ネジ穴をあけるのにも躊躇しませんでした。

ささっとその場でおそうじできるようになって、快適です♪ 洗面スペースを気持ちよく維持できて、うれしい :)

* * *

生活にささやかな喜びをつくることが、生きていることの喜びのボトムラインを押し上げるというか、そんな感じがしないでもないこの頃です。。

| | コメント (0)

2013.11.15

いろんなピンク

20131108_144359 少し前になるのだけど、近所の浜へ散歩に行ったら、その日は、波打ち際にたくさん貝殻が打ち寄せられていました。

それを眺めながら歩いてたら、貝殻の中に、桜貝を発見。この界隈で桜貝を見つけたのは、ここに暮らして4年近くなるけど、初めて。そして浜で桜貝を見つけたのは、自分の人生で初めて。

20131105_151508よく見たら、そこここに、いくつか落ちていて。わー、また、あった、と夢中でしばし集めました。

見ていると、うっとりしてくる、透き通るピンク色。ぱりんとすぐ割れちゃうはかなさで、拾った桜貝を手の中ににぎっているあいだ、緊張しました。。。

* * *

この季節、同じくらい、見ていてうっとりするピンク色がもうひとつ、ありました。父が毎年このくらいの時期になる と、どさーと送ってきてくれる、ざくろ。

20131106_132909 えんえんと、お勝手に立って実をはずす作業をして、ジュースにしました。瓶につめて、時間がたつと、分離して、すきとおるざくろ色とマットなピンク色にわかれます。光に透けると、すごくきれい。

作ったジュースは、1瓶を父へ送り、1瓶はともだちにプレゼントし、1瓶は自分たちで飲みました。飲んじゃうのがもったいなかったけれども…。

* * *

そういえば、もうひとつ。この季節の大好物、紅玉の無農薬のものを相方が買ってくれたので、その実を食べた後の皮と芯で、りんご酵母をつくってみました。つくってみる、といっても、皮と芯を水につけておいて待つだけだけど…。

20131113_115848 酵母づくりは、失敗したことの方が多いくらい、あんまり上手でない自分です。でも今回は、あわいロゼ色をした、ほんのりシュワシュワの、かわいい酵母液ができました。これもきれいな色だったなあ。(つけてあったりんごの皮のほうは、赤い色が抜けて褪せてました)。

そのまま一口飲んでみた。アップルサイダーだ…。りんごのいい香り。

でも全部飲んじゃうことはせずに、新たにみかん酵母を仕込むときに混ぜ込んでみました。さて、みかん酵母はどうなるかなあ…。

* * *

20131115_164003_2 今日の夕焼けも、ピンクや金色や紫色、きれいでした。

自然が見せてくれる色合い、どれもすごいなあ。きれいだなあ…。

| | コメント (0)

2013.11.12

秋の衝動

秋たけなわ。最近、ものづくりがしたくてしたくて、なにか手を動かしていられればハッピー、というふうです。

家族が他界して数カ月のあいだしーんとしていた自分の内側が、もぞもぞ動きだしたのと、暑さでへべれけになっていた夏が終わって、秋が来て元気が戻ってきたのとで、ものづくり衝動がさく裂しているみたいです。

20131105_114501 ここ最近は、思い立って、木製タオル干しを作りました。

あともう数枚、タオルが干せる場所があると便利なのになあ、と常々思っていて、小さい市販のタオル干しを買おうかとも思ったのですが、つくってしまえば、自分の希望通りの大きさや使い勝手にできるねえ、と思い立ったのでした。

ベランダがないわが家はサンルームの中に干すのですが(中庭はお隣さんたちと共有してるので極力洗濯物などは干さないようにしていて)、サンルームは屋根に近いほうが乾きがよい。なので、スタンド式でなくて、吊り下げ式のタオル干しにしました。

地元の地場野菜の直売所に行って、今日なにが売っているかなーと見て、それで献立を考えるのと、ちょうどおんなじようなノリで、近所のホームセンターへ自転車を走らせて、どんな材料があるかなーと見て、その場でおおまかに設計を考えました。

20131101_180710 そして、ひのきの角材と、ピアノ線、ネジ、金属のプレート(コーナーなどを固定するもの)をゲットしてきました。

断面がL字型になっている角材があったので、それをふたつ合体させた間にピアノ線をはさむことを思い立ったのでした。

20131104_115519 テンションをかけながらピアノ線を張って、外枠を固定し て。

最後に手持ちのハンガーを中央にくっつけました。

一時は、こんなものつくってもだめだ…と意気消沈したのですが、まあ、これはプロトタイプ1号だ、とりあえずこのまま作ってみて、使ってみて、だめならまた手を加えていけばいいや、と思い直して、ひらめくままにつくり進んでいきました…。

20131105_114528 20131105_114546 ハンガー部分は折りたためる仕様にしてみた。ハンガー部を左右で固定する赤い紐の、片側だけ、ピンチで着脱式にした。(赤い紐は、前に使っていたゴーヤカーテン用の園芸ネットにくっついていた糸で、細くて丈夫)。

外したピンチをとめておける場所もつくってみました。

たたんでスリムに収納できます。

20131105_114327 でもかけっぱなしでも、さほど圧迫感がないので、もっぱらかけっぱなしにしています。

実際に使い始めてみると、見た目も、本体の重量も、なにしろ軽やかなので気に入りました :)

20131104_114807タオルがかかると、こんなふうになる。タオルがかかった状態で室内に移動するときも、重たくないのでラクです。

問題は(後から気付いたのだけど)ピアノ線は水分でさびるかもしれないこと…。

さびたら、なにかビニールテープ的なものを巻くとか、考えないとです。

屋外での使用は想定してないのだけど、木枠に柿渋とかを塗れば、外でも使えるようになるかなあ。そこはまた追って考えようと思っています。

毎日の暮らしで使うものを、見るたびに嬉しい気持ちになるものにすると、暮らしの幸せ度が確実に上がるなあと実感しています。こういう小さい細部に、よろこびがあることが、よろこばしい日々をつくっていく、ということを、最近感じています。

* * *

壊れたままだったものを直すことも、猛烈な勢いでやっていました。直ってまた気持ちよく使えるようになると、それがまた毎回よろこびをくれるのでした。

使い方を誤ってきたおかげで、黒ずんでしまって、もう捨てるしかないかなあとあきらめかけていた檜のまな板も、そんな1つでした。

黒ずんだところを、前に、紙ヤスリと彫刻等で削ってみていたんだけど、削り方がへたっぴすぎて、なおさらひどくなってきてしまっていました。

20131030_233739 で、もうさよならするしかないか、と思ってたのですが、それならだめもとで、と鉋をかけてみた。

このまな板は薄手で、とっても軽くて、刃あたりもやわらかい。じーっと見ていて、「この板はあきらかに、かつおぶしよりも柔らかい」と結論したので、まずは、手元にあったかつおぶし削り器をつかって、鉋がけを試みました。

が、刃の幅が狭すぎて、難しかった。そこで、速効で近所の金物屋さんへ自転車を走らせました。

ずっとあこがれていはいたけれど、難しそうで自分には使えないと思っていた、鉋。鉋を買っちゃうぞ、と決めると、一気にテンション上がりました。金物屋さんのおばちゃんが、簡単に刃の調整の仕方を教えてくれて、鉋を売ってくれました。

家に帰ってさっそく、習ったとおりの場所をトンカチでたたいて刃を出していこうとすると…あれれれれ、逆方向に刃が動いてく……。すったもんだをくりかえし、ネットで使い方を検索したら、おばちゃんの情報が違っていて……でも、おかげさまで、刃をいったん抜いたところからの調整をやってみることができて、勉強になりました☆

鉋がけを始めると、もう止まらないくらい、たのしかった。すべすべになっていくまな板。ふわふわと増えていく、鉋くず。削った下から新しく薫る、檜の香り。

大工さんがやるように、紙のようにぴろ~っとはなかなか削れなかったけれど、だんだんとコツのようなものがわかってきたり。逆目のところでへんなふうになったりもして、それもチャレンジでした。結局逆目のせいで完璧につるつるすべすべにはできなかったけど、でもまな板として十分気持ちよく使えるレベルにまで回復しました。

今は毎日、このまな板を使いながら、ああ、捨てなくて済んでよかったなあと嬉しくなります。

あこがれの鉋がけをやってみれたことも、すごくうれしいことでした。できないと思ってたことも、やってみたらいいんだな、と思いました。最初はへたっぴで当たり前。やりながら少しずつ、上手になっていけばいいのだと思うのです。

そして秋の衝動はつづく…のでした。




| | コメント (0)

2013.11.03

突然ですが

20131103_103043_2突然ですが、今日はキッチンにあるこの物体について書いてみます。(dedicated to Bちゃん)

段ボールコンポストです。もともと自分も、ともだちの(か)ちゃんちにごはんを食べに行った時、キッチンあったこのような物体を見せてもらい、そのとき教わったやり方です。

構造はシンプルで、段ボールの中に、ピートモスとくん炭を混ぜたものを入れて、通気よく保つ、というだけのこと…。

このコンポストで活躍する微生物くんは「好気性」の微生物なので、毎日かき混ぜて中にも空気を入れてあげるとよいみたいです。(が、物忘れが激しいわたしはよく忘れ…、今では新しく生ごみを入れるときだけ混ぜている次第…大丈夫なのか?と思いつつ、大丈夫みたいなのでそのようにしています…うちでは野菜くずだけしか入れないからかな?)。

使いだして、数年立ちますが、一度も臭いや虫に悩まされたことなく、快適です :) 

……こんなふうに作りました……

20131103_105154ボール箱は、みかん箱やりんご箱のようなしっかりしたものがよいらしかった(生ゴミによっては汁気があったりするため)。ですが、わたしは手元にあったふつうの段ボールでつくりました。しっかりさせるために、底の部分に段ボールを入れて二重にしました(側面も5センチくらいの高さまで二重になるようにした)。新聞紙も底に少し敷いたっけかな。

上ふたは立てた状態でガムテープでしっかり固定。

20131103_105144 中の基材はピートモス15リットル、くん炭10リットル(ピートモスとくん炭を3:2の割合で)。よく混ぜます。

20131103_105104上から布のカバーをかけます(これで上からの通気を確保)。カバーは、古いおーきなTシャツ(LLサイズかな?)の首穴・袖穴部分を結んでゴムで閉じて作りました。その上から麻布のカバーをかけています(見た目をすっきりさせるため)。

20131103_104927_2 この箱を、床から離して設置します。うちでは手元にあったバスケット状植木鉢を伏せて、その上にバーベキュー網を置いて、そこに載せています。側面も通気を確保したいので、壁や両隣のものから少し離しています。

……使い方……

生ゴミは、夏場なら1日分(それ以外はも少し長くてもOK)、シンク脇の瓶にためておいています。

20131103_121553 この瓶にいっぱいになるときもあれば、少しのときもある。(透明の瓶なのは、コンポストに入っているのを忘れて腐らせちゃうのを防ぐためです、この上に陶器の植木鉢皿を被せてふたにしています)。

たまったら、まだ新鮮なうちに、コンポストへ入れます。入れる前にコンポストをしゃもじでよく混ぜる(専用しゃもじをコンポストの中に刺しておいています)。前日入れたところはそっとしておいて、その他のところをよく混ぜ、そこに新しいのを入れたり(臨機応変に)。入れたところは上から基材で覆っておきます。

布カバーをかけて、元の場所に戻して、終わり。

玉ねぎの皮や、カボチャの種や卵の殻はなかなか分解せずにそのまま残りますが、気にしないで入れちゃっています。卵の殻は、入れてから混ぜるときにしゃもじで砕いたり。野菜くずなどの水分も特に切らずにそのまま。コーヒーまめのかすなども水気があるまま入れちゃっています。唯一注意しているのは、腐ったものを入れないこと。

*野菜くずは、小さめに切ったほうが分解が早いです。(でもそれも気が向いたときしかやっていない…)。

*動物性の生ごみを入れると、温度がほかほかと上昇して微生物くんが働いているのが実感できます。おもしろいです~。でも、うちでは肉は皆無、魚は年に数回、というふうなので、日頃は野菜と果物の皮などだけです。なので温度変化は感じられない…。でも入れても入れても、基材の量がどんどん増えていったりせず一定のままなので、静かにゆっくり分解されていってるようです。

*しばらく家を空けるときは、数日前から、新しく入れるのを控えて休ませておきます(混ぜるだけにしておく)。帰ってきたら、また普通に入れて使い始めます。

20131103_105235しばらく使っていると、中は分解しそこなってる玉ねぎの皮やらでこんな感じになってきます。

コンポストは3カ月くらい使える、という説も目にしましたが、(か)ちゃんちで見せてもらったときも8カ月くらいになるけどまだ使っちゃってる、と言っていた…。うちでも、2年くらいかな、こんな状態のまま使ってから、一度基材の総とっかえをしました。そのおうちの食生活によるのかな?と思う。

とっかえた古いほうの基材は、堆肥として、庭や鉢植えの土に混ぜて使っています。そしたら、中に入ってたかぼちゃの種が発芽して、植えた植物の隣でぐんぐん成長したりして、おもしろいです :)

簡単でごみも減るし、堆肥も作れるし、重宝しています♪

| | コメント (0)

« 2013年10月 | トップページ | 2013年12月 »