« 対話へ、 | トップページ | 精神安定剤=手を動かすこと »

2014.05.25

星々の運動

20140513_133648 ふだんの自分では考えられないような冒険をしつづけていたこの3カ月。

ここ何日かは、まつりの後って感じで、腑抜けています。

やる気さく裂しすぎというか。。。いや、本人のやる気はそこまでついていってないのに、事のめぐりがどんどん進んで、いろんなことが一気に押し寄せてくる感じでした。

自分にとって「3大やりたいこと」がだんごになってやってきたのには、ほんとうにびっくりしたし、「行きたいなあ、いつか」と夢の次元で思っていた場所に、あれよあれよと行けてしまったこともおどろきだった。

夢がすごい勢いで叶ってるのに、その渦中では神経が極限まで試されてるような感じで……うれしさを味わうヒマもないというか、なにがなんだかよくわからんようなふうでした。(でも立ち停まってふりかえると、やっぱり、楽しかったな、よかったな、と思ってもいるんだけど。)

同時に、人間関係でもいくつかパワフルな痛手を受けたりしていて、自分の感情との距離感も、すごく変わってしまったと感じられて、動揺したり。同時に仕事もめちゃくちゃたくさん押し寄せてきてた。。。

ここ数日で、怒涛の日々がようやっと、ひと息ついた感じで、ふと、占星術的なところへひさしぶりに目をむけたら、3月2日から火星が逆行していたのが、今月20日に巡行にもどったらしいことを発見。木星が3月7日に巡行に戻っていたらしいことも発見。

(ついでに、星の逆行は、逆行したあとすぐと、順行に戻るときが一番影響を受けやすく混乱しがち、なのだという説も見つけました。)

火星の逆行は、やる気の部分で過剰になったりから回りしたり、まったくやる気がうせたり、恋愛面で過剰な炎が上がるなどの出方をするらしかったし、今回の火星はてんびん座にいるので、1対1の関係性においてひともんちゃくあってもおかしくない、ということだったもよう。一方、木星はいわゆる幸運の贈り手。。。

なんだー。。。これを先に知っておきたかった。。。と、いまさらながら。

天秤座の火星、ということは、やぎ座の自分にとっては、角度的にも、特に影響を受けやすかったらしかった。

精神の天気予報として、星読み情報は定期的にチェックしておかないとだなあ。。。と改めて思った次第。

* * *

20140327_155528 で、ここ数日、しみじみと思う。。。過剰にどこかの極に傾いていく動きも、これ、自然の動きの一部。

傾きすぎたときに、そこにハマって固まってしまいさえしなければ(傾いたとこにいることが習慣化したりしなければ)、傾きはまたバランスよいところへ向かって修正され始めるはず。。。

一時的に大きく傾くことには、それなりの意味があるんだろう、ということ。。。季節がめぐるように。

アレクサンダー・テクニークも、野口整体も、どこかの極への過剰な傾き=こだわりを、ほどよいバランスのところへ戻すのにいいツールなんだと改めて思った。

「アクティブにやりすぎ」「働きかけすぎ」に気づいたら、もっと「しないこと」「ありのままを受け止めること」「ただ在ること」の方向を思っていってみる。

「自分」へのこだわりが強まりすぎてることに気づいたら、もっとまわりの空間や世界を意識に含めていってみる。

脊椎を縮めて自分を小さくする傾向に気づいたら、もっと長くのびのびと使うことを意識に含めてみる。

そうすることが、傾いていこうとする方向性をundoする、というだけのことで。過剰さ、傾きすぎをおさえるのために何を思うかの内容自体は、今どう傾きがちなのか、という気づきをベースに導き出されることで、誰にでもいつでも通用する普遍的ノウハウなんかではないということ。。。(広く他者と共通するものとか時間的歴史的に長いスパンであるがゆえに「普遍的」に見えるのものも、あるとは思うけれど)。

野口整体では風邪ひくことが偏り修正に一役買うことを承知の上で、風邪をウエルカムする。体調の変動があることを、問題視しないで、むしろウエルカムして、活用していくという発想。

望むらくは、そこからどこの極のほうへも軽やかに動き出せてさまざまな局面を体験していける「ニュートラルな場所」へ、戻っていくための動きが、しなやかであること。。。

その時々に、いろんな方向へ偏ったりこだわったりしつつ、常に動きがあって、その中でちょくちょくニュートラルな場所を通過していれたらいいな。どこか1つの”完成された”状態などがあるわけないのは(あったとしても一瞬でまた移り変わるのは)、星々の配置と同じ。

20140417_231211動きながら、さまざまな局面を体験していくことが、究極的には「自然」なのじゃないかな、と思われる。。。占星術のチャートでも、さまざまな局面を探索・体験していけるように、星々は12ある部屋をまんべんなく、くるくるとめぐりつづけるんじゃないだろか。

どこかの体験を「よい」と決めつけてそこに自分をフィックスしてしまうのは、たぶんよくやってること、わたし自身。渦中では気づきにくいし、「よい」と思ってるんだから疑いもしない。。。でも「よい」と思うことについてさえも、多少のゆとりをもたせておけるようでありたいな。

「よい」と思うものを他者にすすめようとするとき、広めようとするとき、もしくは求めようとするときは、特に。

「神さま」や「愛」や「平和」や「命」でさえも、なにごとにも、他者に平然と押し付けていいような「絶対」の価値はないと、思うこの頃。しなやかさ=動きの自由さ=自然の運動の中に、命や愛や平和いや神さまが宿ってるように、思えてる。物理的な動きも、目に見えない動きも、心の動きも含め。。。

まあ、運動も、自由も、行きすぎると自然から離れてしまうのだけど。。(自由が行き過ぎたら、一定の軸や骨組みのほうへ想いを向かわせていくフェーズへ。。。)

|

« 対話へ、 | トップページ | 精神安定剤=手を動かすこと »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 対話へ、 | トップページ | 精神安定剤=手を動かすこと »