« 2014年11月 | トップページ | 2015年3月 »

2015.02.24

うれしいこといろいろと、海岸林のクロマツのこと

20150221_143847 春の陽気が感じられるようになってきました。少し前にまいたルッコラなど葉野菜たちが、かわいい芽を出しています。うれしいな。

そして今しがたお知らせが来て、あきらめていた日本野鳥の会の「野鳥鳴き声講座」に、キャンセルが出て行けることになりました\(^o^)/ うれしいうれしいうれしい。。。こういうところに参加するのは、対人面に苦手意識がある自分にはチャレンジなのだけど、チャレンジ以上に内容が楽しみなので、がんばれます。

興味があると、チャレンジをすっと乗り越えられるんだな、としみじみ思うこの頃。そういえば、少し前に参加した森林ボランティアもそうでした。

グリーンウッドワークに親しみ初めてから、日本の木のこと、森のことをもっと知りたい気持ちが大きくなって、そうしたら目に入ってきたのが、近所の浜からの砂の飛散を防ぐための「海岸林」を整える森林ボランティアでした。

いつもお世話になっているのに、よく知らないままだったこの海岸林についてまず知りたい、と思ったけれど、参加を決めるまでは、ちょっと時間がかかりました。申し込みをするには勇気が要った。。。

20150214_093333 でも自転車で1時間ほど浜辺のサイクリングロードを走ると行ける海岸林での作業だったこともあって、思い切って申し込み、前の晩にお弁当をつくって、朝早起きして、自転車を走らせ向かいました。向かい風だったけど、富士山がきれいでたのしかった。

今回の海岸林のボランティアは「剪定作業」と書かれていたので、庭木の剪定のようなイメージを持っていたけれど、行ってみたら、もっと本格的(わたしにとっては)な間伐作業でした。

20150214_144752 の こぎりを各自持たされて、腰にひもで装着。ヘルメットをかぶって出発した先は、クロマツの森。市の土木事務所から専門の方が指導とヘルプに来てくださっ ていて、ここのクロマツはこの方たちがまつぼっくりから4年かけて育てた苗を、ここに植えて、そして10年くらいたったところです、と教えてくれました。海岸林にはアカマツでもカラマツでもなく、クロマツがいちばん向いているんだそうです。

20150214_134430 今回の間伐は、森全体にもっと光を入れて、一本一本が太く健やかに育つようにしてあげるため。このままだと茂りあった枝葉で暗くなったまま成長が滞って、みんなで共倒れになってしまうから、とのことでした。

地 面から2,30センチのところに受け口という切り込みを入れてから、反対側から切っていき、倒します。まだ径の小さいクロマツたちなので、2人組で。14 年分の時間を切っていくことになったのだけど、切られてしまうクロマツから、悲しげな気はなぜか感じませんでした。ここ一帯のクロマツは一体感があるよう に感じられた。思いこみかもしれないけれど。。。

フレッシュな切り口はとても年輪がうつくしかった。それに清浄な、いい香りがしました。輪っかをかぞえると、なるほど14くらいある。そして見てるそばから、じわっと汗をかくように、透明な松脂がにじみ出てきました。クロマツは松の中でも特に松脂が多いそうです。

20150214_141350切 り倒した後、最後に、切り株を地面すれすれのところで切り取る作業があって、そのときに出た2,30cmの丸太を、だめもとで、土木事務所の(ひ)さんに 「これ、記念にもらってかえってもいいですか?」と聞いたら、快く「いいよ」と言ってもらえました。よろこんでいたら、「なに、木工やるの?それならもっ といいやつを選りすぐってもってったらいいよ、ほら、これとか」と別のも差し出してくださり……さらに感激していると、「どうせあとは処分するものだから、すきな だけもっていったらいいよ」とのお言葉が。

びっくりしてしまいました。別の団体の森林ボランティアにの説明を読んだときは、伐採したものは持ち帰れません、とのルールが書いてあったので、まさか好きなだけもらえるとは思っていませんでした…。

お昼休みになって、作業していた隣の敷地にいろんな大木がたくさん チェーンソーで伐採されたまま転がしてあるのが見えたので、「ここの木も、このあとは処分されるんですか?」と聞いたら、そう、処分するのだけ ど、生木は水分があって重いから、しばらくこうやっておいておいて、あるていど乾いてから持って行く、とのことでした。樹種はエノキなど。こんなにたくさんの大木の丸太、欲しい人はたくさんいそうなのに。。。などと思っていたら、「ここのも、 もっていっていいよ」とのお言葉が。

ちょうど、作業をするときの台になる丸太の輪切りがあったらなあ、とここしばらく思っていたので、それはそれはうれしかった!。。。のですが、自転車だし、これほど大きい丸太はさすがに持って帰れない。。

20150224_134510 そうしたら、わたしが自転車で来ていたことを見ていた(ひ)さんは、「どのくらいの大きさの輪切りがいいの?チェーンソーもってきてるから、昼休みのあいだに切っといてやるよ」と! 

うれしかったです。ただでさえ、はじめての間伐作業ができてうれしく、クロマツと、海岸林とに体全体で親しめてうれしかったうえに、おみやげまでいただいて、しあわせでした。

お昼休みには、大学生で結成している森林サークルのみなさんが、海岸林についてのクイズをしてださって、クロマツの根の張り方と地下水との関係など、興味深いことを教わりました。森が大好きな大学生のみなさんは、みんなかわいくて、いいエネルギーが出ていて、日本の森の未来は明るいな、と思いました。それもうれしかった。

20150214_144734 森林サークル以外の大学生もたくさん参加していて、もりもり間伐作業はすすみ、どんどん森は明るくなっていきました。思いのほか作業が早くすすんだので、午後は追加で、枝打ちの作業も少しさせいただけました。

作業は、圧倒されるほどの作業量でない、ほどよい量で、作業時間もくたくたになるほど長くはなく、休み時間もしっかりとるスタイルになっていて、最後まで楽しく気持ちよくできました。朝から夕方まで外でこうやって過ごすのも、気持ちよかった。ボランティアという呼び名になっているけれど、これは緑化のための教育・啓発活動なんだな、と思う。企画してくださっている方々には頭が下がります。

作業のおわりに、のこぎりについた松脂をごしごし落としていたら、(ひ)さんがおもむろにそばにやってきて「これ、荷物になるけど、もうひとつ」と、切ったばかりの桜の小径の丸太をぽんと置いて去って行きました。

ほんとうにびっくり&うれしかったです。クロマツは生木の木工には向かないことを(ひ)さんは当然わかってらしたはずで……マツなんか、しょうがないだろ、と言いながらさりげなく桜をくださったのでした。でも自分で切った記念に、クロマツのほうも、やっぱりいただいてきました。

そうしたら、帰りの自転車旅がすごくチャレンジに……。最初はすいすい走れたのが、だんだん、前かごが重みでゆがんでいき……。どうしよう、と思っていたら、相方がおゆうはんを、この海岸林の近所にある、前から行ってみたいと言っていたネパールレストランで食べたい、と言ってくれて、自転車でそこまで来てくれることになり、最後は手分けして持ち帰ることができました、ありがたかった!

クルマもなく、電動工具もないまま、木工道をなんとか歩み出すことができているのは、この日の(ひ)さんや相方のように、助け舟を出してくださるいろんな方々のおかげです。ありがたいです。

* * *

その後、持ち帰ったクロマツで、なにかつくれないかと調べたら、松脂の多い松を使った美しい工芸があることを知りました。なんでも松脂のおかげで、仕上げに上塗りをする必要がないんだそうです。そして使い込めば使い込むほど美しくなるそうで、器や盆は、松脂の部分に光が透けて、ほんとうにきれい。

クロマツに特化しものは、下田脂松細工と呼ばれいて、静岡におひとりだけ職人さんがいるそうです(指物系)。香川県、広島県にも脂松細工をなさる方がいて、こちらは器なども手掛けていらっしゃるようです。

しかしグリーンウッドワークを松脂の多い松でやるのは、やはり無理だよね、と思っていたところ、松脂で糊をDIYしている人を知りました。

松脂と、パウダー状に砕いた炭を混ぜるだけ。一度くっつくと離れない、強力な糊になるそうです。

20150120_171155 実は、お誕生日の日に届いたアイルランドのAlison Ospinaさんのこの本(『Green Wood Chairs』)に、とてもわくわくしたのだけど、唯一、ホゾ継ぎにPVC糊を使っているところが残念ポイントでした。かわりに松脂糊を使えたらいいな、と思っています。時間ができたらトライしよう…。

でも、もしなににもならなくても、やっぱりこのクロマツの木切れは、愛おしい。机の上にごろんと転がしておくだけでも、十分幸せになります。好きみたい。20150224_135428

次回の海岸林ボランティアも楽しみです。次回はまきついたつるなどを払う作業になるそう。今回間伐したところは、また何年かたったら、さらに間伐することになると(ひ)さんは言っていました。木々の成長に意識を合わせている林業の人は、時間間隔が違いそうだな、とちょっと思った。興味深いです。

| | コメント (2)

2015.02.15

削り馬づくり(1)

20150215_122033 昨日はハピーバレンタインということで、チョコにこんなお花を添えてプレゼントしてみました。ジプシーフラワーとか呼ばれる、生木を削ってつくるお花です。庭で剪定したセンダンの枝でつくりました。はじめてつくったので、花びらが飛び出したり(汗)してるけど、喜んでもらえて、うれしかった。。!

秋にイギリスで教わってきた、生木を使うこのグリーンウッドワークは、その後、おうちで少しずつ続けていくために、できることからやろうと、プーッコナイフで小さなスプーンをつくったりしていましたが、この冬のパーソナル・プロジェクトとして、「削り馬づくり」と手帳に書いてしばらく経った。。。そしててんてこまいに仕事が忙しかったのが終わった先月18日、とうとうスタートしました。

Johnhoward 削り馬とは、shaving horseなどと呼ばれるもので、木をけずるときに、その木を固定するものです。またがって、足でフットバーを前に押すことで、てこの原理で手元の材に「押さえ」がかかる、という仕組みの、人力デバイス。写真は、イギリスでお世話になったマイク・アボットさんの削り馬の設計図から、ジョン・ハワードさんという方が作られたもの。

このデザインのように丸太をけずって作るのが、むかしむかしからのトラディショナルなデザインらしいです。でも、自分の自由になる森や木々や丸太を持っていない人、限られた道具しかまだない人でもつくれる、ホームセンターで入手できるような材料でつくるバージョンも考案されていたり、さまざまな削り馬があちこちで手づくりされていて、バラエティ豊かで楽しいです。

自分はどんなのを作ろうか?とデザインを考えることしばし。。。まず思ったのは、自分の削り馬にはこんなことを望んでる、ということ。

・持ち運びしやすい(徒歩で、自転車で。できればキャンプに連れて行きたい)
・軽い
・ばらせる/たためる
・猫背にならずに使える
・とりあえず、小物を作れるサイズ感&頑丈さ(できれば、いすの脚もけずれたらよいけど)
・ときめく見た目

それからリサーチして、手のひらサイズのノート18ページにわたって、描いて、考えて、計算して、模型をつくって、悩んで、を繰り返した挙句、ようやく製作に入りました。

ほんとうは丸太からつくるトラディショナルなのがよかったけれど、持ち運べないし、家の中で場所をとるし、なにより、丸太を割ったりする道具類がまだないし、割った丸太を削って脚の部分をつくったりするためには削り馬がいるし(にわとりか卵か!みたいな)、最初はとにかく、入手しやすい、加工しやすい材料で、プロトタイプ(テストバージョン)をつくろう、と決めました。

20150213_153052 ホームセンターへ自転車を走らせること数回、結局、とても安価な、厚手のSPF材を買いました。そして第一の難関が、穴あけ。

電動工具が苦手な自分は、マイクさんのところで使った手回し式ドリルを探しました。オークションで探して、やってきたのはこの赤いハンドルのかわいいやつ。一説によると、40年前のデザインらしく……、「繰子錐(くりこぎり)」などの呼び名で昔の大工さんにはおなじみだったものらしいです。

わが家で一番重みのある家具である、この家を借りたときについてきた古いピアノ、についてきた横長のピアノベンチ(今は本棚にしている)に、材を固定して、穴開けをしました(下に貫通してもよいように、厚板をかませて)。前と横に鏡を置いて、確認しながらまっすぐ垂直に穴を開ける練習をなんどかしてから、本番の穴開けをしたのに、失敗してぐんと曲がったり……(汗)。 縦にそろえたつもりの穴が、ずれてたり……(笑)。

20150211_161122 そうこうしつつ、なんとか穴があくと、次の部材をどうするか考え……と、いつのまにか、手を動かしてつくりながら、その次のデザイン部分を考える、という方針になっていました。

だけど途中から、もやもやと考えあぐねるばかりで、遅々として進まず、になっていきました。

合間に雨どいの掃除をしたら、剪定が必要な木々(雨どいに葉っぱを降らせる枝たち)が見つかって、急きょ剪定。その枝をせっかくだから削り馬のパーツに使おうと思い立ちました。剪定したセンダンの枝をプーッコナイフで削りだしたとき、「ああ!この感覚!」とうれしくなりました。同時に、これまでの「もやもや」の意味がくっきりしはじめました。

わたしは、センダンの木のことなら、それなりによく知ってる、と思った。いつ葉を茂らせ、いつどんなふうに葉を落とし、どのくらいのスピードで成長するか、どんな実がなって、その実はどんな鳥をよろこばせてるか、茂らせてくれた葉のおかげで夏の部屋がどれだけ涼しくなるか、などなど。この家の「ねこの額庭」に生えてくれた木だから、日々一緒にここで暮らしてきた木だから、わかることがある。そして剪定されなくてはいけなかった、この枝も、立派に成長したセンダンの時間がつまっていて、だからそれを生かしたかった。そして削ってみると、その豊かな水分や樹皮の下のあざやかな緑色や、独特の年輪に出会えて、またセンダンについて新しく知っていけた……。

ひるがえって、ホームセンターで買ってきたSPF材(いわゆるツーバイフォー材)はというと、(今回調べてみて初めてわかったことなのだけど)、SPFとはSpruce(トウヒ)、Pine(マツ)、Fir(モミ)の頭文字で、今私が手にしているこの個体はこの3つの「どれか」ではある、ということらしいのだけど、一体トウヒなのか、マツなのか、モミなのか、はっきりしないのでした。そして一律におんなじようなサイズに製材されている……。この「木」の個性は、かぎりなく消されている、「モノ」になってしまっている、そんなことを、感じていたから「もやもや」して、いつまでも製作が進まなかったみたいでした。

グリーンウッドワークに惹かれる大きな理由は、木々と知り合える感覚があるから。それが、SPF材は、知り合うのがとても難しいのでした。削り馬ののプロトタイプづくりなんだし、失敗しても大丈夫な安価な材で、というのはあったけど、でもやっぱりこんなのっぺらぼうな材でものをつくるのはなー、と思ってしまいました。

でも半日くらい、このことについて考えていたら、次第に、SPF材が不憫に思えてきました。悪いのはSPF材ではない、SPF材になった木々に申し訳ないことをしているのはわたしたち人間のほうだ、と。

手元にやってきたこのSPF材、じっくり見れば木目も美しいし、手触りはやわらかくてやさしい。樹種の特定はできないけど、ご縁のあったこの材を、なるべく大切に使おう、と、だんだんそういう気持ちに変わっていきました。

20150212_190619_2 20150212_182348_2 乾き切ったSPF材は、生木のグリーンウッドワークの感覚とはだいぶん違ったけれど、削り馬のペダルの部分を、削り出して作って見ました。 

バーになる部分を削るために、四隅にナイフを入れて割り取っていくと、直角に製材されていたこの木の中に、ちゃんと木目の流れがあって、その流れにそって独特に流線を描いて割れていくのがわかった。なんか、ほっとしました。20150212_185905_220150212_184050_2

削り馬づくりはまだ試行錯誤の最中で、途中です。前足を、剪定したセンダンでつくってみているので、足が本体にささる部分(ほぞ)を削ったあと、乾くのを待ってみています。「ラウンダー」と呼ばれる鉛筆けずりのお化けみたいなもので、直径25.4mmの円筒形に削ったほぞは、今のところ25mmまで縮みました。もっと縮むはずなので、もう少しまってみます……。20150211_150908 20150211_151657 20150211_151716

20150213_153815_2 はたして乾ききったSPF材と、わが家のセンダンの枝は、うまく合体できるかな。。。?

| | コメント (0)

2015.02.07

グリーンバスケット

20150207_095140 大家さん・お隣さんと共有している中庭に、水仙が咲きました。誰が植えたわけでもない水仙。木の根元で毎年元気に発芽して、花を咲かせてくれます。おかげさまで母の祭壇にも春が来ました :)

さて、おととい、抱えてたおっきな仕事が終わって、昨日は晴れて自由の身になったので、ぽかぽか陽気に当たりつつ、ひたすら庭のジャスミンを剪定しました。

このジャスミン、3号ポットに入ってたひょろー とした苗を買ったのが数年前で、今や縦にも横にもわたしの背丈の2倍くらいまで伸びてしまい、さすがにもしゃもしゃすぎるので、切ることに。しか し、しなやかに勢いよく伸びる緑色の茎(つる?)が、きれい。切りながら「むだにはしないからね」と口走り、有言実行するために籠を作ることにしました。

20150206_171656 20150206_183945 20150206_185212_2 てきとうに調べて、てきとうに作った。。。のでかなりいい加減なつくり。けどけっこうしっかりした強度のあるものになりました。

切ったばかりのしなやかな間に編んでしまったので、乾くとどうなるか、まだわからな20150206_185206 いけれども。楽しい作業でした。

この「メロンバスケット」と呼ばれるらしいバスケットは、簡単に編めることがわかりました。参考にしたのはこちらのサイト(Practical Primitiveさん)。野山にでかけた先で、ちょいちょいと編むことも可能かと。持ち 手をしっかり留める部分の編み方は「ゴッズアイ」と呼ばれるそうで、この編み方は、小学生くらいの女の子がYouTubeに編み方(毛糸での)をアップし ていたのを見て、見よう見まねでやりました。(YouTubeでGod's Eyeと検索すると、いろんな子どもがハウツーを教えてくれる動画が出てきて楽しいです♪)

  20150207_10443820150207_110117今の季節、剪定枝がたくさん出るから、たのしいことがいろいろできますね :)

次なるタスクは、剪定した椿とせんだんの木の活用です。グリーンウッドワーク(生木のウッドワーク)でやってみたいことがいっぱいあります。。。

* * *

ところで、そうそう!日本ではじめてのグリーンウッドワークの冊子が先日誕生したのです。ご縁あって、さっそくゆずっていただくことができました。タイトルは『はじめてのグリーンウッドワーク』。20150207_150323

日本のグリーンウッドワークの草分けでいらっしゃる、岐阜県立森林文化アカデミーの久津輪雅さんと、大同大学の加藤慎輔さんの共著です。生木の調達と保管方法から、グリーンウッドワークの技法とツール、刃物の研ぎについてまでが、コンパクトに全般的にカバーされいます。すてきすぎる一冊☆

今のところ書店での扱いはないそうですが、こちらで加藤さんから直接買うことができるようです。

| | コメント (0)

« 2014年11月 | トップページ | 2015年3月 »