« 2015年4月 | トップページ | 2015年6月 »

2015.05.16

ほっとする

Img_9512GW明けは仕事に明け暮れる怒涛の日々になってしまって、やっとしずかな日常が手元に戻ってきた、本日。待っていましたよ、という感じです。。

昨日、野口整体の個人指導を受けて、からだの芯というか、こころの奥というかが、ほっとしたというか。

それと、この対談記事を今朝たまたま目にしたことも大きかったです。

トーベ・ヤンソンさんの伝記を訳した森下圭子さんと、重松清さんの対談。http://www.1101.com/tove_jansson/

いろいろ、うなづきうなづきした部分ありました。そのうちのひとつ↓

森下       ちょっと天気が悪くても心が弾んでたら、
わたしは多分、街路樹の中の緑を探して、
それを語っていたと思う。
ただ、トーベ・ヤンソンにはそれがないというのが、
ずっと感覚としてあったんですよ。
彼女が書く森は、わたしにもその森全部が見えてきて、
森が生きているのが感じられる。
自然は、自分の気持ちを託したりとか、
自分が何か利用するためのではないんですよね。
極端な自然の中にいるとそれがわかる。
自然があまりにも圧倒的過ぎて。

重松 ムーミンの物語って、洪水から始まり、
彗星は来るわの、いわゆるカタストロフですよね。
花鳥風月とかじゃない。
心理や情感を託せる相手としての自然ではなくて、
それは圧倒的なものとしてある。

森下 そうです。それにみんな笑っちゃうぐらいに
巻き込まれていって。

重松 そうそうそう。
ぼくはムーミンを最初のアニメで知った世代だから、
スノークのお嬢さんはあくまでもノンノンなんですよ。
ぼくにとってはね。
色もピンクなんだよ、彼女は(笑)。
毎週日曜日に放映されたアニメでは、
「毎度おなじみムーミン谷で事件が!」、
そういう世界観になるわけ。
ところが、原作には、みんな、
あまりいないんだよね、ムーミン谷に。

森下 そうなんですよ!

重松 けっこう島に行ったり、
最後にはまったくいなくなってるんだもん、本人たち。
『ムーミン谷の十一月』なんて。

森下 本人たちがいないんです(笑)。

重松 最初のアニメ世代には
牧歌的なムーミンと愉快な仲間たち、なんだけど、
原作のほうを見るとね、自然は激しいわ、
それに翻弄されて、
生きるものたちが小さな存在であることや、
あるいはお父さんもお母さんも
精神のバランスを崩しちゃったりと、
すごく不安定だというのを実感するんだよね。

森下 で、それに驚くほど、
みんなが抗(あらが)わない。

原作のムーミンはほんとに読み応えがあるし、原作のムーミンワールドはほんとに多様な存在がお互いを許し合って(ときに呆れあって)、そこにいて、わたしにとって、やさしい世界です。

どの存在も、それぞれのでこぼこさがありながら、そこにいる。晴れの日も雨の日もあって。

* * *

Img_9574 元気が少し出てきて、久々にお菓子をやきました。キャンプでやりたいな、と思っていた、甘夏の皮をカップにして焼くマフィン。

中身はてきとうに、大豆粉と小麦粉とマヤナッツとお塩、お砂糖、レーズン、甘夏の実。オーブンで焼いてみた。

Img_9580 みかん風味いっぱいのマフィンになりました♪

食べるとき、カップの皮からきれいにはずれるので、このカラカラに焼かれてパリッとなった甘夏皮カップは、今度はお皿などの役割もできそう。

キャンプではだいぶん重宝するんじゃないかな。。。

* * *

Img_9511 Img_9510 桜の剪定枝から削ったジャムすくいも、今日完成。瓶の底にぴったりフィットする形のものが欲しかったので、つくってみた。

先端の形はジャム瓶によって決まったけれど、他は手の中でなんとなく決まっていきました。木目の流れ、節のおかげさまももちろん。。

どんなものになるかわからないまま削るのが、やっぱり楽しい。

わたしの場合、今のあるがままを、肯定すると、それがどんなにひしゃげてても、どんなにやばくても、一瞬ほっと安心感がくる。。すべてあるがままでいいんだなって思うとき。

この安心な場所から、動き出すってことをおぼえたいな。。。

| | コメント (0)

2015.05.08

森時間

Img_9568 ゴールデンウイークは、今年も御殿場の森で過ごしました。この時期に御殿場で過ごすようになって15年。いろんな記憶がミルフィーユのように(バームクーヘンのように?)重なっていて、気持ちがたくさん動く。。。この時期にあちら側へ渡ったふたりのことを想ったり。(し)ちゃんとは、別れ際、おでことおでこをくっつけたときのことを、鮮明に思い出す。。

あちら側には会いたい存在がなんにんもいて、だからわたしは、あちら側へいくのがほんとうに楽しみ。死にたいと思うことは、自分にとっては、暗くネガティブな気持ちでいっぱいなわけではないのだけど、それでもやっぱり、死にたいと思うことは、自分勝手なこと、いけないことなんだろかな。ひっそり想っているだけなら、いいんだろか。

Img_9567_2 いつもおじゃまする御殿場の森は、いい意味で隔絶されていて、静かに過ごすことができて、とてもすき。大きな木々の、地中の根っこと、地上の幹や葉っぱのあいだに挟まれてねむると、それだけで気がチャージされる体感がくる。

Img_9557_2今年はいつもと反対側の森で過ごしたので、富士山も見えてすてきでした。翠のバッタと一緒に富士山を眺めつつおやつを食べたの楽しかった。

Img_9519_3テントを張った場所にはかわいいヒノキの実が地面にたくさんころがっていた。ヒノキとスギの木々と一緒に4日間過ごして、焚火の焚きつけに両者の落ち葉を使うなかで、体感的に両者の見分けがはっきりついたのがうれしかった。ポイントは葉っぱの形なんだな。樹皮はほんとにそっくりさんなので。

土の上をはだしで歩くのも気持ち良かった。はだしになると、おのずといっぽいっぽ注意深く踏む。何年かまえにWild&Nativeの川口さんに教わった、ネイティブアメリカンのことば「大地を歩くときには、自分にとってもっとも目上の存在の上を歩いていると知りなさい」をふっと思い出す。

夜になると、フクロウにしては高い声が、ずーっと、あっちとこっちで鳴き交わすようにしていた。だれなのかな、あれはとハテナマークを抱えて帰宅して、調べたら、トラツグミだった!

Img_9532 Img_9545Img_9534_2    今年もまた豪華焚火料理を(み)ちゃん、(ゆ)ちゃんがつくってくれて、野宿とは思えないすてきな食生活ができたこと、ありがとう。(ふ)ちゃんの大活躍も大助かりでした。

Img_9559_4Img_9541_2きのこのパスタもおいしかったし(お湯がわくまでがスローだったけど)、ネパールカレーのスパイスを混ぜ混ぜするのも楽しかった。。エリンギやピーマンやネギの網焼きも最高だったな。最後の日のブランチは、チーズ入りトマトチャーハン目玉焼きのせに、甘夏とレーズンの入ったサラダ、大好物のピーナツクリーム&トーストまで。。ふだん家で食べてる朝食より豪華だったかも。ごちそうさまでした :)

Img_9569_3 雨の予報もあったので、慣れないタープ張りもがんばりました。おかげでトートラインヒッチ(自在結び)を体で覚えられた。

Img_9516_2 ハンモックも初めて吊ってみた。(ゆ)ちゃんがギターを弾いてくれてるあいだ、ハンモックにゆられて木々を見上げて過ごした朝は、ぜいたくなひとときでした。

Img_9542_4 リビングキッチンのタープに枝で柱をこしらえたのも、今回のお気に入り。(ふ)ちゃんがちょうどいい長さと太さの枝を見つけてきてくれたおかげ。

なかなか眠りにつけないくらい寒かった夜も一晩あったけど、それもいい経験になった(寒い夜は寝袋に入る前にあったかグッズを頭のまわりにおいとかないと、寒くて取り出すこともできないのだよね、前にも体験済みなのに、またしても。。(><)

パッキングを終えて、帰るとき、ニホントカゲ(ニホンカナヘビかと思ったけど、やや太っていて肌がつややかな印象だったので、帰宅して調べたら、トカゲのほうだった)が顔を出してきて、あいさつしたらぐぐぐっとこちらへ歩み寄ってきてくれたのに、急いでいて早々に去らなければならなかったのが残念でした。

時間のプレッシャーがなければなあ、と思ってしまう。「時計時間」との付き合い方、もっと上手になりたいな。

森時間をご一緒できた(み)ちゃん、(ゆ)ちゃん、(ふ)ちゃん、(あ)さん、みんなありがとうね。

乙女森林公園第一キャンプ場のスタッフのみなさまにも感謝。おかげさまで、いつも気持ちよく過ごさせていただいています。

Img_9563そしてなにより、森のいろんな存在に、ありがとう。

追記:常緑は誰なのかわかったけど、不明なままだった広葉樹。丸い、きみどり色に透き通る若葉がきれいでした。若葉の先っちょになにかピンクの花?葉っぱの変形したの?があったなあ、そして樹皮は灰色がかっていて縦に模様があったなあ、という、これらの手がかりでググったら、カツラだとわかりました\(^o^)/

カツラの秋の落ち葉は「醤油せんべい」の匂いがするとのうわさ。匂いでみたなあ。「木理は通直で節も少ない」「材質は、広葉樹にしては比較的軟らかい方で加工もしやすい狂いも少ない方」という記載もありました。気になる。。。

ピンクのはやっぱり花だそう。花弁もがくもない雄しべだけ、雌しべだけの花。これは、カツラが「植物の進化系統上原始的な種であることをあらわして」いるんだそう。川や水脈が好きなんだそう。

| | コメント (4)

« 2015年4月 | トップページ | 2015年6月 »