« 長いときの果てに | トップページ | グリーンウッドワークのスツールづくり実験(2) »

2016.03.23

休日

20160323_173415 ヒメスミレらしきすみれが、「猫の額庭」に花を咲かせているのを、みつけました。予期しない場所にぽっといる、その感じが好ましかったので、写真をとらせてもらった。うつむき加減な咲き方をするのは、クリスマスローズたちと似ているな。

今日はまる1日、お休みの日にしました。ようやっと、読書の午後を過ごしました。まともに本を読むのは、3カ月以上ぶり。。。! 20160323_154750 お誕生日プレゼントに、サプライズでもらった『森は考える』という本なのだけど、意外に、ここしばらく自分が受けてきた刺激の中身を反映するというか、統合するというか、そんな内容で、ああ、全部つながっているし、ふさわしいときというのがあるんだな、と思いました。

夕方からはフィンランドの伝統食「カレリアン・ピーラッカ」を焼いたりして過ごしました。パン焼きも、かなーり久しぶりです。

20160323_195759 カレリアン・ピーラッカは、ライ麦粉の皮の中に、お米のミルク煮をつめて、オーブンで焼くのだけど、想像していたより、ずうっと簡単だった。。そして相方はめちゃくちゃに喜んでくれました。たべるときに、ゆで卵のみじん切りにバターを練り混ぜた「卵バター」というのをトッピングするのが定番らしく、それもやってみたら、なかなかおいしかった。

20160323_23451220160323_234645_2 夜は、好きなラジオ番組を録音したのを聞きながら、ノコギリの柄を削り終えました。少し前に、小さめの替え刃式ノコギリをホームセンターで見つけて、いいな、と思って入手したら、とても使い勝手がよかって、うれしくて。ピンクのプラスチックの柄のかわりに木製の柄をつくったら、もっと愛用できそうだなと思えていました。20160312_19000220160314_124409 刃ものの柄づくりは、初めてだったけど、なかなかおもしろかった。

ついでに、このノコギリのケースも、好みのボール紙で作成。北海道のマルセイバターサンドのあき箱で。

手を動かすと、ふしぎと心がやすまります。

たくさんの人に会って、いろんな刺激を受け取ってきた日々の後、こうやって過ごすと、ここしばらくのいろんなことがぽっと浮かんでは流れていって、「あのときのあれは、こういうことだったのかも」というふうに、その場その瞬間にはわけのわからないままにいたことの意味がこころに浸み込んできたり、別々だと思ってたものごとがつながってた!と小さいひらめきが降ってきたり。

お休みは、気分転換したり養生したりしてエネルギーをチャージする、という意味でしか、あんまり捉えてこなかったけど、消化とプロセッシングの時間でもあるのだな。。

|

« 長いときの果てに | トップページ | グリーンウッドワークのスツールづくり実験(2) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 長いときの果てに | トップページ | グリーンウッドワークのスツールづくり実験(2) »