« Alohaの伝統とハワイアン航空 | トップページ

2017.04.11

軽い手荷物の旅

20170410_16_45_23_1ここらへんでは桜が満開なこの頃。でも今日はまた2月くらいの寒さがぶり返し。。雨の中、風もあって、レインポンチョを着て長靴をはいて傘をさして歩いたけど、なかなか大変でした。

でも見上げると、満開の桜は雨にも風にも負けてなかった。すごいなーと思いました。足元の道草は、むしろ雨を受けて活き活きとしている感じで、どこかうれしそうでした。

わたしも最初はレインポンチョと長靴があれば雨も楽しいねえ♫と歩きだしたのだけど、風にあおられて途中からはひょえーとなって。。。パン屋さんに寄ってきてほしい、と言われていたのに、雨風に負けました。かわりに帰宅してから久しぶりにパン焼き。。。相方はめちゃくちゃにロシアの黒パンが好きなので、北欧の黒パンです。

20170411_20_00_01_1 めちゃくちゃ簡単な、黒パンミックスに水を入れて混ぜてやくだけ、というもの。イケアさんのです。焼き時間が1時間(!)というのにおののいて、ずっと実行できずにいたけど、今日のような寒い日は、オーブンを使うと暖房がわりに部屋もあたたまるし、よい!と思って決行しました。

パンだけ焼いておくのはもったいないので、オーブン料理も。。と思って、あるものでできるスウェーデン料理「ヤンソンさんの誘惑」(アンチョビ入りポテトグラタン)もつくりました。

そんなわけで、今夜はにわかにスウェーデン祭り。

黒パンミックスは、焼き時間が長いのがアレだけど、なかなかよいです :)

* * *

さて、先月の旅の話について。。もうすこし。今回自分としてもたいぶん新たな試みをした旅だったのでした。それは、「軽い手荷物の旅」にすること。

Img_0499_2回は7泊8日の旅だったけれど、19リットルの小さなソフトキャリーで行きました。相方は背中に背負えるタイプの40リットルのダッフルバッグ。

「軽い手荷物の旅」をすることになったきっかけは、どこまで行っても一律で2ドル50セントという、オアフ島のザ・バスという公営バスに乗って、島の反対側のノースショアに行けたらいいな、と思ったことでした。タクシーだと80-90ドルの移動になるし、バスにのって高さのある大きい窓からのんびり風景を見つつ移動するのが大好きだしで。。。。ただ、このバス、ハワイ島のバスと違って、大きい荷物を持って乗れない決まりがありました。大きさはひざに載せられるものまで、となっていて、飛行機の機内持ち込みサイズが最大限度のようでした。

それでいろいろ悩んだけれど、ほんとうに必要なものに絞って荷造りしてみたら、19リットルのかばんで行けてしまいました。我ながらこんなに軽い手荷物の連泊旅は生涯でも初めてで、不安もあったけど、やってみたら、すーごく快適でした。Img_0476_2

荷物が少ないって、そのままフリーダムに直結するんですね!

0135_xlarge 相方も自分のダッフルを背負うのは問題なかったみたいだけど、キャリーケースの上に載せて運んであげたら喜ばれました(写真の図)。

uber(民間ライドシェア)のドライバーの方にも「あなたたち、荷物それだけ?」とびっくりされたり。。。

* * *

19リットルのソフトキャリーは、相方が以前買ってあまり使わずにいた無印良品のソフトキャリー(小)です。1泊2日程度の旅行用に、というものらしく、さすがにきついかなーと思ったけど、大丈夫でした。

キャスターにストッパーが付いていないのが残念ポイントだけど、鍵をつけられるようなファスナーになっているし、ソフトなのでいざとなったら結構パンパンに詰めることもできるし、なかなかよかったです。

Img_0497 これに、相方の荷物を上に固定するために、アウトドア用ゴムという4mm径の丈夫なゴムを二重にぐるっと巻きつけて使いました(上部のハンドルと並行するように巻いてある黒いゴム紐です)。

ハンドルバーを上げて、相方のダッフルをのせたら、この輪っか状のゴム紐をダッフルの前に渡してハンドルバーにかけるだけ(下側は車輪のところで紐がひっかかるようになります)。

ちょっとしたものを挟んでひっかけておくこともできるので、重宝しました。

相方のダッフルは、オスプレーのパッカブルダッフル、トランスポーター40で、これも軽くてコンパクトなのに容量は40リットルで、背負いやすいし、ぱかっと開いて中身も取り出しやすくて、グッドチョイスでした。

わたしは無印のソフトキャリーに、あとは、昔手づくりした布のショルダーバッグと、ショルダータイプのエコバッグ(布ショルダーの雨よけ用)を持っていきました。それで帰りのおみやげも、出国前・帰国後の防寒着も、不自由なく持ち運べました。

20170407_16_49_28 布のショルダーバッグは、10年以上前に、セールになっていたランチョンマット2枚とコースター2枚、それから使い古しの自分の革ベルトで自作したものです。

20170407_16_50_32_2 基本的にただの袋状のバッグだけど、背面にコースターをくっつけてポケット状にしたので、ちょっとしたものを入れるのに便利です。

布かばんは軽くて、必要ならたくさんものが入れられて、いいです :)

* * *

Img_0056 それと、荷物の軽量化の一環で、今回初導入したのが、ワラーチ(走れるサンダル)です。わたしはランニングなどはしないのだけど、つくりがシンプルで、ソールが薄くて地面を感じられそうで、軽そうで、解放感がありそうなワラーチが前から気になっていました。それにワラーチなら薄いソールに紐がついただけだから、ぺたんこになって持ち運びにもかさばらないし軽量です。

ただ今回は、ビブラムソールを買って一から自分でつくる時間的余裕がなかったので、メルカリで手づくりワラーチを販売されている方から、シンプルなゴム紐タイプのものを購入しました。

でも若いころから、アキレスけんを圧迫するタイプのサンダルや靴が身体に合わなかったので、ゴム紐タイプのワラーチも、少し家で試し履きをしてみたところ、やっぱりむずかしかったことが判明。。。

急きょ、切り売りの真田紐を3m取り寄せて、付け替えてみました。はなおを手持ちのやわらかい革でつくってみました。そしたらこれが、すごく具合がよくって、あまりの快適さに、街も、海も、谷も、旅のあいだずっとワラーチで過ごしたほどです(行きと帰りの飛行機は、軽量スリッポンを履きました)。

ビーサンを別途持っていくべきか迷ったけれど、海ではシュノーケルをしたくてマリンソックスを持参したので、結局ワラーチで浜まで行って、浜についたらマリンソックスに履き替えておしまいでした。

0067_xlarge 足首にくるっとまきつけると足の一部になる感覚なので、谷を歩いたときも快適。地面の感触が分かるのもグー。コンクリの街ではさすがに、この薄いソールだと腰に来るかな、と思ったけど、意外と大丈夫でした。ビブラムソール、やってくれます。。。

脱ぎ履きも、おもったほど面倒ではなかったし、見た目も悪くないし。。。(おしゃれさんな姪っ子にも、かわいいサンダル、と言ってもらえたり)、開放感が半端なく気持ちいいし、持ち運びもぜんぜんかさばらないし、なにせ軽いし。。。言うことなしです。ワラーチづくりの元祖、メキシコのタラウマラ族のみなさまに、感謝しています。

夏の旅はワラーチに限る、と確信しました。あ、でも今回雨に合わなかったから、というのもあるかな。雨のときはどうなるか、試してみないといけません。

* * *

最小限とはいっても、細々としたものは色々と持参しました。

Img_0496 写真が(行き帰りに着てた服を覗く)全携行品です。

上段左から:薄手の長袖パーカー(折りたたみ式)。ストレッチシルクの大判ショール(防寒用。はおりものがわりにも。布屋さんで切り売りしてもらったのを、そのまま切りっぱなしでもう何年も愛用しています)。海水浴用帽子(かぶったまま水に入れて頭の日焼けを防げます)。麻混の日よけ帽。

2段目左から:ふでばこ。ワラーチの予備の替え紐(使わず)。日記帳。ワラーチ。マリンソックス、水着にもなるショートパンツ。水中メガネ、水着上下、長袖ラッシュガード。水中用スマホ携帯ケース(これは水が入っちゃった!スマホ入れずお札だけ入れて使用)。速乾ハンドタオル。カットソー生地の水色のロングスカート(飛行機に乗る前にこれに着替えると楽でした、あとビーチでの着替えにも便利だったり)。黄色い仕分けケースの中はその他の着替え(タンクトップ、半袖ブラウス、長袖シャツ、ビーチ用ポンチョ、パジャマ、下着、靴下類)。

3段目左から:髪留め(櫛を兼ねた)。水筒。コラプシブルタッパー(外食時のテイクアウト用)。携帯用お箸とスプーンフォーク。マヤナッツパウダー。携帯用はちみつ。充電コードセット。ソーラー式にもなるモバイルバッテリ。イヤフォン。ターコイズのネックレス(お祝いの食事の席用)。洗濯洗剤と洗濯ネット。虫よけスプレー。日焼け止め。シャンプー。かみそり。保湿クリーム。スティック状の日焼け止め(向こうで購入しました、便利でした)。薬類(レメディ、フラワーエッセンス、レスキュークリーム)。絆創膏セット(湿式・乾式両方)とマダニ取り具(山歩きなどのときのために)。レスキューチューインガム。レインポンチョ。

3段目左から:ティッシュ、バンダナ、手ぬぐい。布のショルダーバッグと折りたたみ式のショルダーエコバッグ。貴重品用ポシェット(お財布、パスポート、ボールペン、リップクリーム入り)。洗面用具ポーチ(歯ブラシセット、手鏡、耳かき、口紅、クリームなど)。布製マスクとウェットティッシュのポーチ。首枕。折りたたみ式ダウンブランケット(飛行機の中での寒さ対策、使わず)。折りたたみ傘。

あとは珈琲のドリップパック(向こうで飲んだり、おみやげにあげたり)と、モンベルの圧縮袋(使わなかった)、マヤナッツクッキー(旅のあいだのおやつ)も持参していました。レンタルwifi機器も。夜行バスでもらった不織布のスリッパも2人分持参してました(使い倒して帰り道にさよならしました)。

キャンプしないと、こんなに軽い手荷物の旅が可能なんだなあと開眼した次第です。旅先が夏の気候だからできることだと思うけれど。。

行き帰りの飛行機も機内に全部持ち込めて楽でした(そのかわりナイフは持っていけなかった)。

この小さいかばん1つ分の荷物で不自由なく日々を過ごせてしまうんだな、というのは、ちょっと感慨深いです。

今までは「念のため」と、すごくたくさんのものをいつも持って旅をしていました。今回は「持っていくかどうか迷ったら置いていく」というのを基本方針にしました。いさぎよさが必要だったけど、それだけのごほうびがあったように感じています。

どうせ非日常のなかで過ごすのだから、身の周りの品がいつもどおりに整っていなくても、そこまで気にならない、といのはあるかも。。?

Img_0445 念願のザ・バスにも乗れたし。。旅は身軽にかぎる、です :)

保存

保存

保存

保存

保存

保存

保存

保存

保存

保存

保存

保存

保存

保存

保存

|

« Alohaの伝統とハワイアン航空 | トップページ

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« Alohaの伝統とハワイアン航空 | トップページ