« 音楽と | トップページ | おかしなぬりえ »

2017.10.02

毛糸を編む、かごを編む

ぎりぎり締め切り仕事→人にたくさん会う仕事とつづいで、しばらくぶりに野山で眠りたい欲求がぶわんと来た本日です。でも明日はまたお外仕事なので、しばしこらえて。。。今週末にはうまくいけば、野山寝ができるので、それまでがまん。

政局が気になるし、自分ごとで手一杯になるのはむむむ、と思うけど、意識の視野の中に人間の分量が多くを占めすぎると、やっぱり大変になる。。ヒトは、自分と同じ種なだけあって、情報量が微細でたくさんだから、処理が手一杯になるのだろか。

気がとぎ澄まされていながら深くやすまるのは、野山で眠っているとき。

いつか、人のなかにいても深くやすまるようになれたら、と思うけれど。。

東京に電車で出るときは、いつも向かい合わせの席がある車輛に乗って、向かい合わせ席の窓側の隅っこに座れたら、短い棒針で小物を編んでるこの頃です。少し肌寒くなってきて、また編みたくなってきた。

編み物していると身の回りに結界ができるような感じもなぜかあって、助かっています(でも急停車したりしたときにまわりの人をぶすりとやらないようには、いつも気をつけてます)。

Img_2090 (あ)さんがくださった、遠い島で海藻を食べながら育った羊の毛糸の、この赤に呼ばれたので久々に棒針を出してきたら、同じタイミングで近所ですごい便利グッズに出会って、ごきげんになりました。手袋と帽子の形をした、編み針まとめ用ゴムキャップ。

靴下を編むときにはいつも4~5本の短い編み針を使うんだけど(この特別な毛糸は靴下にはもったいないのでアンクルウォーマーにしようかなと思ってるけど)、編んでる途中のそれらの編み針を全部まとめて、両端をゴムキャップでとめられると、まとまりもいいし、目が編み針から外れる心配もなくて、移動時にとーても重宝しています。

ドイツ製みたい。Prymというメーカーさん。ドイツとか、北欧、バルト三国とかは、手袋や靴下や帽子といった小物の手編みがさかんなイメージが自分の中にある。こういうグッズがちゃんとあるってラブリー。

* * *

編み物は途中でいったんやめるのがもう上手にできるようになっているから、安心していつでもできてよいのだけど、手仕事の欲求はふいとやってきて、やってくると去りがたいことがしばしばあって、こまります。

こないだはやらなきゃいけないことのまえに、やりたいことをしてみよう実験をしてみたら、やりたいことだけで1日が終わってしまった。。ということがありました。自分、やりたいことやりだすと妙に集中しちゃって止まらなくなるんだった。。と改めて思い知らされた。。

Img_2400 Img_2403 Img_2404 あの日は、すこし前の暴風で倒れちゃったジャスミンの蔓切ったので、バスケットをつくりたくなって、枠をつくったのでした。

編み込むほうの蔓はジャスミンのよこに伸びだしてた野草の蔓をつかったけど、足りなくなって、いったんここで止まったのだけども。。。

Img_2405 Img_2408 Img_2409_2 もひとつミニサイズを作り出して、そちらにはおゆうはんのご飯に入ったトウモロコシの皮を割いて編み込んでみたくなって、そしたらまた止まらなくなって、皮を使い果たすまで一気に。。でも皮も足りなくなった。

それでやっと立ち止まって、1日を振り返って、切ない気持ちに。しごとたくさんあったのに。。いそぎのもあったのに。。。。。 翌日はもうれつな勢いで仕事して、リカバリーしました。

秋はいっそう、いろいろつくりたくなる季節なんだよなーと過去の記録を見てもわかる。。どうしたものかな。途中で休む、に意識的にとりくむべしかな。。
 

保存

保存

保存

保存

保存

保存

|

« 音楽と | トップページ | おかしなぬりえ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 音楽と | トップページ | おかしなぬりえ »